78夜 聞いたらこわい


まだ暖かかった秋の終わりのある日、
おつかいに行った家の庭でカナチョロを見た。
飛び上がりそうになったら、その家の人は、
山の斜面を削って建てた宅地だからたくさんいるんだと言った。足がついているからまだ平気だ、とも言った。
わたしの足元をうろついたのはカナチョロトカゲ。

帰り道、足のことを考えながら運転していたら、
ずっと空いていたビルの化粧直しを見て思い出した。
そこは以前、自社ビルで、自宅と社屋が兼用だったので、上の階の窓には生活する様子が時おり見えた。
ある時、窓に貼り付くような長いものを見てぎょっとしたのは猿の足。

猿で以前に聞いた話。
遠い北国からお嫁に来たひとの実家は豪商で、
いち早く買ったテレビを店に来る客に見せていたから、珍しいからと大勢人が集まった。
当時は一日中なにかしらの放映があるわけではなく、
放映のない時間帯にはテレビの前に幕を下ろして、余興を見せた。
まだ幼かった彼女が日本舞踊を踊ったり、飼っている猿に芸をさせた。
猿の名は、エテ男とエテ子。足を上げてよく踊ったから、彼女より拍手を貰うこともあった。

わたしの中では足やら猿やらが、連想を呼ぶ。
昔流行ったのだ、こんな意地の悪い選択問題。

□問い
 あなたは自分の足で高い山を登らなくてはいけない。
 次の動物を連れて登るが、ひとつまたひとつと別れがある。
 どういう順に、何故、別れるか。
□動物
 牛
 トラ
 猿
 ウサギ

わたしは気味が悪いからまず猿と別れ、こわいからトラと別れ、大きくて鬱陶しいから牛と別れ、
最後にウサギを食べて、ひとりで登った。
ある人は食べ物を採って来てくれるから最後まで猿を残し、ある人は寂しいから最後までウサギを残した。
またある人は危険だから最初にトラを退け、ある人は愚鈍だから最初に牛を捨てた。
王様はうるさいから最初に猿を捨て、最後に食糧にもなる牛を残した。
男友達の選択にはひっくり返った。最後の最後までトラを残した。そのわけは、
・・・「トラに乗った僕はかっこいい。」

                   *  *  *

今夜は山のお写真を。
c0002408_19474944.jpg
c0002408_1948877.jpg
動物の選択肢には無いけれどイノシシの名のつく場所、猪苗代湖周辺、朝のカラマツ林。

c0002408_19483895.jpg
c0002408_19485228.jpg
猪苗代から遠く離れ、会津若松から只見に向かう途中の山。
昼だというのに山はもやをかぶっている。





この選択にはつづきがある。
動物にはそれぞれ意味があって、選択した動物と言葉の言い替えをすると薄寒い。

□動物の意味
 牛 ・・・・・・・親
 トラ ・・・・・・自尊心
 猿 ・・・・・・・子供
 ウサギ ・・・恋人 

c0002408_2075887.jpg

[PR]
by NOONE-sei | 2006-11-29 20:08


<< 79夜 論より証拠   77夜 山の話  >>