77夜 山の話 


今年も、熊肉を食ったという話を何度か聞いた。
イノシシや鹿の肉の話も聞いた。馬は普段から店頭にある。

秋の初め、いつも行く山のふもとの公園に熊が出た。
しばらく行かなかったら、今度は猿が出た。
山にどんぐりが足りなくて、里に下りてきたんだという。
公園には、熊に注意、とか、猿に餌を与えないでください、とか注意書きが貼られていて、
役所には「サル餌付け禁止条例施行」というちらしが置いてあった。

東北では熊猟は昔からあって、猟で仕留めた熊肉は食う。
熊を食うというと残酷に聞こえるだろうが、この地ではごく身近なこと。
ある町内の芋煮会では、その山で獲れた熊を三日がかりで臭みを抜いて皆に振舞ったという。
それでもまだ冷凍庫に残してあって、それは新年会のお楽しみなのだとか。
教えてくれた人はその町内の役員で、芋煮会の片付けの後には
会長が、旨い鹿の刺身で労(ねぎら)ってくれたと言っていた。
熊に鹿では精がつき過ぎたのではないかと訊ねたら、その人は参加した人たちの世話で
熊肉どころではなかったから、熊のほうは食わずに済んで良かったと言った。
どうして男衆は、人寄せをするとああいうものを振舞いたがるか、
鉄砲ぶちはとっておきの御馳走で男を上げたいものか、猟を分け合う血が騒ぐか。
人が集まる場で、実際の給仕をする女性たちの陰の功労はたいへんなものだ。

熊の被害に窮した地域では、訓練した犬で熊を追い払うと聞いたが、
この地でも野生の猿を追い払うための犬が訓練され始めたという。
昔は猿の肉を与えて味を覚えさせておいた犬を放すと、猿除けになったとも聞く。
その話をしたら、役員さんは

  「猿は撃てないよね、あれは、熊とちがって銃を向けると手を合わせて拝むから。」
その人はずっと北の生まれで山育ちだそうだが、思い出したように、

  「小さいとき私よりもっと山に友達がいてね、森をあるいて行くと友達が迎えに来るんだよ。
   それがヤギをつれて来るんだ、犬みたいに。私ら、アルプスの少女ハイジだったよ。」
と笑った。
 


今夜は山のお話だが、里のお写真を。
c0002408_129065.jpg
吾妻おろしを遮る屋敷森。農家の周りは高い木に囲まれている。

c0002408_1291193.jpg
田んぼの用水路。右は枯れた草々、左にはセリ。

c0002408_1292423.jpg
c0002408_1293572.jpg
次の夏を待つ桃畑はすこし寒々としてこわい。
[PR]
by NOONE-sei | 2006-11-26 01:51 | Comments(4)
Commented by ひ~す at 2006-11-26 18:01 x
店頭で普通に馬肉があることにまず驚きました!
!(・∀・)
セイさんこんにちは!
最近熊の話をよく新聞などで目にしますが、やはりそちらでもですか。
そのたびに、いろんな意見を耳にしたりしますが、熊も人間もどっちも困っているんですよね。
話し出すとややこしくなるので書かないですが、
お互いがお互いのテリトリー内で収まって折れれば丸く収まるのでしょうが、それができないから困るのですよね。
(熊だけに、くまった話だなどとは口が裂けても・・・)

ハイジ!
おおおお~!ヾ(≧∇≦)ノ彡☆

実は私は保育園の時、夜店でもらったアヒルを引き連れて保育園に通っていました。
クラリーノ?
Commented by mamekichi at 2006-11-27 19:28 x
熊や猿の被害は,今年もあちこちでニュースになっていますね.前にも書きましたが,熊,鹿,馬,猪は食したことがあります.熊肉も,このあたりでは,四日市の奥の渓谷の方へ行くと,食べさせてくれる店がありました.もっとも,そこで熊を食べたすぐ後に,確か“トリヒナ病”という,寄生虫による病気があるというニュースを聞き,ヒェ~ッとひっくり返りそうになりました.その後は,あまり珍しいものは,食べないようになってしまいました.

猿は,家内の実家(津市榊原町,枕草子に出てくる,七栗の湯です)の裏山で見かけたことがあります.目と目が合ってしまい,しばらくにらみ合いとなった記憶がありますが,人間に近いだけに,何となく変な感じでした.農作物を盗んで,一列に並んで山に帰っていくといいます.そういうときに,「コラッ!」と叫ぶと,一斉に振り返り,それが変に不気味だと言います.女性が叱っても,バカにされて,効き目はないとも言います.何とも言えませんねぇ.くわばらくわばら.
Commented by NOONE-sei at 2006-11-27 22:11
ひすさん、
桜刺しは、牛刺しとかと並んで売っています。生姜やニンニク醤油で食べます。
(わたしは馬に乗るようになって食べないことに決めましたけど)
北海道や東北は、坊さんのところでも記事になっているように、
大昔から犬と一緒に狩猟をするので、熊猟は身近なんです。
でも最近の里への近づき方は尋常じゃありません。
追い払っても山に食べ物がないわけだから。
熊だけの問題でなく、生態系をよく考えてきちんと山を手入れしていかないと。
クマったクマっただよ。口、裂けちゃった。

幼児はよく大きな長靴を履きますよね。ひすさんもアヒルもおんなじ歩き方だったんじゃろ♪
Commented by NOONE-sei at 2006-11-27 22:32
mamekichiさん、
ぶぶっ。いつも冷静沈着なように文面からは感じられるのに、ヒェ~ッですと?ひっくり返るですと?
いい感じいい感じ。ぶっとんでください、mamekichiさん♪
それにしても腹痛にならなくてよかったですねーー。

猿のお話、いいなぁ。昨今の困った現実があるというのにまったくもって不謹慎なようですが、
猿が群れで一斉にとか一列にとか、、、、映画のように映像が浮かびました。
こわいこわい映像です。わたしは怖がりなのにそのこわい話に吸い寄せられました。
とてもいい話をありがとうでした♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 78夜 聞いたらこわい 76夜 犬の恩恵 >>