75夜 泣かせてフラガール


「一山一家」
時代は石炭から石油に変わるとき、次々と閉山を余儀なくされる炭鉱会社。
豊富過ぎて捨てている湯、その湯脈のせいで落盤事故や鉱脈の水没と背中あわせの採掘場。
その日その日を命懸けで働く荒くれ男たち。

「東北のハワイ」
斜陽を 捨てている湯で乗り切ろうとレジャー産業を興(おこ)す。
山から帰る煤(すす)けた男たちは、ボンネットバスに皆鼻を押し付けるようにして
酒をらっぱ飲みして車の荷台に載るダンス教師(松雪泰子)を”ハワイだ、ハワイだ”と呼んだ。

『求む、ハワイアンダンサー』
時代の波を掴めない労働者たち。炭鉱を閉じる現実を受け入れられない。
久しぶりに志賀勝を見たと思ったら巨女の親父役で、娘を売りに来たかのような、
やっぱり酷(ひど)い役が似合う。
ダンス教師をはるばる追って来る借金の取り立て屋を寺島進が演じていて、これは若ければ
スッポンのような志賀勝の役かと思ったら、志賀の親父はちゃんと死んで、山崎静代演じる
娘(熊野小百合という役名も酷くて嬉しい)のダンサーとしてのプロ意識の芽生えに
一役買うところがまた嬉しい。

「何がわがる!」
いつもアロハシャツで教師や踊り子志願の娘たちを世話する吉本(岸部一徳)。
飄々としているけれど一度だけ教師を叱責するシーン。聞きとれない観客がほとんどだっただろうが、
実はここに本音の単語が幾つもあり、常磐(いわき)弁そのもの。
この映画の出演者は、岸部のみならず怪演怪優揃いだった。

「バレエシューズ」
田舎を軽蔑し、素人すぎる娘たちに教える意欲を持てない教師と紀美子(蒼井優)が争った後、
ピンクのバレエシューズが稽古場に置いてあった。メーカーはチャコットじゃなくてシルビア。
稽古するほどに足に馴染む、ダンサー好みのシューズ。

「タヒチアンダンス」
ひとりの稽古場で教師が踊る。松雪泰子が美しい。同じダンスを後に紀美子が踊る。
涙なくしては観られないクライマックス、施設オープンこけら落としのダンス。そのときの
ソロダンスにもなる。踊りは皆、当時の振り付けをほぼ再現しているとか。


いい映画だと聞いていた「フラガール」をやっと観た。
女たちの成長物語と見てもいいし、町おこしと見てもいいし、無くなると知っていながら
炭鉱に運命を委ねる男の物語と見てもいい。幾層にも重なるドラマがあった。
舞台は父が少年期から青年までを過ごした浜であり、炭鉱の町。
そしてわたしが成人するまで本籍地だった場所。
映画の中で延々と続く炭鉱住宅は、当時を思い出させる。
父の兄弟は所帯を持って皆この住宅に住んでいた。

いわき市に住んだことはなく幼い頃に訪ねた記憶しかないが、わたしの戸籍は炭鉱住宅にあった。
映画の中では貧しく描かれていたけれど、紀美子が母(富司純子)に踊りを反対されて
縁側に正座しているシーン。現実の伯父の家にはその縁側の下に池があり錦鯉が泳いでいた。
伯父の家に泊まった朝、豆腐売りの声が珍しかったわたしは、
その声をよく聴こうと縁側に立ったら、池に落ちて大騒ぎ、笑う伯父たちは皆底抜けに明るかった。
伯父たちはどの伯父も非番には昼から酒を飲み、朝から刺身を食うこともあった。
浜から魚が揚がるから、肉より魚が身近だった。

板一枚の下は地獄。だからその日その日を楽しく暮らす。食いたければ朝だって刺身だ。
そんな暮らしをしていたが、末の弟の父には将来を安定させてやりたかった兄たちは、
父を大工の年季奉公に出した。それ以降、父は炭鉱住宅に住んでいない。
そしてそこで育たなかったわたしはボタ山を憶えていない。
戸籍だけがあった住宅も今はなく、跡地に石炭化石館というミュージアムが建っている。


父のこと
[PR]
by NOONE-sei | 2006-11-21 00:24 | 新々百夜話 父のお話(8)


<< 76夜 犬の恩恵 74夜 このごろの花 >>