67夜 耳なし芳一赤ちゃんがえり


怪談話じゃなくて、塾のお話。

塾では親子面談がある。
普段、王様が用事で電話すると、女親は用件よりも胸の内を明かしはじめ、長電話になるのが常だ。
小学校までは母親同士がよく情報交換をするものだが、子が中学生になると学校へ行く機会が減り、
母親同士がわが子のことを打ち解けて話す機会が減る。母親の心理は孤独で不安だ。
母は子の評価を自分の評価にすり替えるな、とよくいうけれど、それはまちがいではないけれど、
個としての評価を持たない女親はよりどころがなくて寂しい。
「いい子に育ってますね、おかあさん。」
王様は、電話でも面談でも必ずそう言う。言われたときの女親は声が明るくほどけ、表情がほぐれる。

密かにわたしが耳なし芳一と呼んでいる子が塾生になったのはこんな理由。
塾生、ちょんまげが、
 「うちのお父さんがね、親友の子供を心配してここに紹介するって。すごい馬鹿なんだって。
  私より馬鹿なんだって、きっとすごいよ。馬鹿じゃなくしてくれるんじゃないかって。」

魔法使いじゃないんだから、馬鹿につける薬なんか作れない。
でもとりあえず、来たらいい。そして言っておくが、ちょんまげ、君は馬鹿じゃないし優しい。
そうしてやって来た耳なし芳一は、馬鹿じゃなかった。少なくとも成績は問題ない。
問題は、聞く耳がないことだった。場を読まない。これは、学校では異質な雰囲気だろうな。

親子面談には、両親が来た。学校で、クラス中からボールを投げられた話、無視される話を聞いた。
学校では学年全体の教師が目をかけていくことになったという。
王様は塾の話をした。塾での彼の学年は、彼が話を聞かなくても、結果的に無視されても、全く
気にしないから傷つかない。だから、仕返しもない。なぜかというと、皆が皆、まだ赤ちゃんだから。
この学年は小学校はハガレン(鋼の錬金術師・漫画)で、最近までハンター・ハンター(漫画)に凝り、
王様にそれを読めと強要し、随時、感想まで言わせ続けた。今ではゲームはポケモン、漫画は
ケロロ軍曹を「深い」と言いながら読んでいる。赤ちゃんがえりをしている学年と言ってもいい。
学校では大人っぽく見えるから煙たいけれど、ここで赤ちゃんになってもらいますか。
・・実は耳なし芳一は、すでに塾では影響を受け、赤ちゃんもどきになっていたのだが。

ところで、ちょんまげのところは、親子四人で来た。
 「じいちゃんばあちゃんは、来ないのか?」とは、ちょんまげに王様の冗談。
下の弟はちゃんとおもちゃを持参していた。この弟、いつも姉ちゃんのちょんまげを迎えに来る。
授業が終わると、円卓を掃除するジャンケンをするのだが、なぜかそれに加わる。
そして、たまに負けて、掃除して帰るのだ。ご苦労さん。
[PR]
by NOONE-sei | 2006-10-29 03:20 | 新々百夜話 本日の塾(9) | Comments(6)
Commented by ひす at 2006-10-29 15:03 x
塾をしていれば、さまざまなキャラクターをもた子供たちに出会えますね。
セイさんたちのつける、あだ名がまたなんとも…
毎年入れ替わっても、誰れもが誰にも似ていない、全員オリジナルなんでしょうね。
Commented by NOONE-sei at 2006-10-30 00:07
ひすさん、
あだ名がひらめくくらい、それぞれに特徴のある子供たちと毎年出会います。
子供によっては、7年間もおつきあいします。
情が湧くけど在塾中はさらっと付き合って、はたち過ぎると一緒にお酒を飲みます。
>毎年入れ替わっても、誰もが誰にも似ていない、全員オリジナル
ひすさんのいうとおり~。ほんと、そのとおりであります。
 今日は、塾で芋煮会だったのですよん。体じゅう、煙くさくなったので、
片付けを終えたあとスーパー銭湯に行ったです。風呂はいいね、風呂は。
Commented by yamagoya333 at 2006-10-30 02:06
風呂屋の近くに住まう、さくらめにございます。
いいこと聞きました。
「いい子に育ってますね、おかあさん」、このフレーズいただきます。
王様によろしくお伝えください。
面談の季節になってきました。頭が痛いものです。
小生が教えた生徒の子どもが、たくさん来ています。
その中に、家庭が複雑な子どもがいまして、生徒を教室から出して、母親(教え子)に説教です。親が子どもに言い聞かせるがごとくです。「優しくしてやれ。お前しか頼るやつがおらんのぞ」
教え子の子どもは「孫」のようで、本当にかわいいです。
ある教室では、教え子の子どもが並んで席に着いています。
20年前の親が座っているようで、不思議な感じがしました。
親子で、塾に来てくれるのは、ありがたいことです。
Commented by NOONE-sei at 2006-10-30 11:16
さくらさん、
やだ、もう。いただいたコメントを読んだらちょっと涙腺がうるうるしてしまった。
きちんと説教ができるさくらさんのような方が「教育者」だと、わたしは常々思っていました。
背景を理解しつつ情に流されず、実は情の懐をちゃんとあけておられる。
子供をとりまく環境には、もどかしいことがいっぱいです。
さくらさんのような方が必要だし、親子でというのがそれを物語っています。
さくらさんの、きちんと引かれた一線、生徒と教え手の礼節がわたしは好ましいです。

まったく余談ですが、よく、私塾にあこがれる方がいるけれど、それはちょと、、、ね。
子供に癒されようとしたり、友人のような親密感なら、求める相手がちがうんじゃないかと。
そもそも教え手になった時から、越えられない川が流れたと思ったほうがいい。
突き放した目が必要だったり、観察する目は温かいばかりじゃなく、はずしたりそらしたり、
手練手管で調教するような面もあるし。友達にはなれません。
あっさりした付き合いに見えて、それでいてひそかに見つめている、うちはそんなスタンスかな。
Commented by yamagoya333 at 2006-10-31 01:26
こんばんは。
すてきなコメント、ありがとうございます。
セイさんが、おっしゃってくださる程のものではございません。
  >そもそも教え手になった時から、越えられない川が流れたと思ったほうがいい。
 セイさんのお言葉、大賛成です。
 今日も、生徒にはなしたことです。
「成績がいいに超したことはない。しかし、挨拶の一つもできんやつは、成績がよくなくてもよい。先生は、勉強を教えているつもりはない。お前たちが、社会に出てから困らないように、教えているつもりだ」と、しなくてもいい説教を垂れてきました。
わたしは、王様とセイさんのこだわりに共感し、あこがれています。
わたしは、教育者ではなく、説教好きなおっさんです。
Commented by NOONE-sei at 2006-11-01 09:37
さくらさん、お返事おそくなってごめんなさいね~。
思うのですけれど、生徒さんたちは、さくらさんの「言葉」でなく生き方と姿勢を
きっと感じるのですねー。
言われている内容は、まだ未熟なその時にはわからないものですから、
後になって沁みるのですよ、その時に受けた感触が。
乱暴な言い方をすれば、説教の言葉なんてなんだっていいのかもしれなくて、
さくらさんの、気迫、相手を想うその真剣さが「いのち」なのではないかと。
名前
URL
削除用パスワード


<< 68夜 布団取り競争 66夜 泣いて笑って大口上 >>