57夜 食の愉しみ


つまり食い意地が張っているのだ。
胃が痛くても目は食いたい。ほんのすこしでもいいのだ。
食べられないときはある。
風邪で鼻がつまって、嗅覚がやられたとき。・・味覚がなくなるから。
食事は、かなりの割合を視覚から得ているというけれど、
のこりの割合の味覚や嗅覚も、やられて初めて、機能しているとわかる。
口からものを食することは生の根幹だ。

この家に同居することになったとき、初めは食いごしらえを母西太后と一緒にやった。
台所を厨(くりや)というが、厨の竃(かまど)に女ふたりは要らないという言葉があって、
昔の言葉には真実があるものだと思う。
台所に立つ動線がどうだとかリズムがどうだとかではない。
献立を自分で立てられないことがつらかった。
わが家は料理嫌いだがあれこれと好みのある母と、鯉のアライを作れる板前のような父だから、
食べ物にうるさかった。
料理は趣味だ。そう思っていたし今でもそう思うけれど、料理の楽しみの割合の中には、
できなくて初めて、献立を立てる愉しみが含まれているとわかる。

料理は家事と一線を画す。
わたしにとって料理は趣味だけれど、だからといって腕の良し悪しとは関係ない。
好き、ただそれだけだ。

生活の時間帯が違いすぎるので、ほどなくわが家には厨も竃もふたつになり、
今では食に保守的なわに丸には内緒で、ベトナムの魚醤や中国の黒酢やタイの調味料を
料理にひそませている。
・・だから同じ料理を所望されても二度とは作れない。


c0002408_18132710.jpg
写真を撮られるときに何と言う?「チーズ」?「ウヰスキー」? これは「キムチ」。
・・最近、駄洒落が不調だ、、、。

追って・・・
色っぽくという助言をいただいたので、あらためて。「撮りますよ。」はい「きぃ ・ むぅ ・ ちぃぃー」っと。

[PR]
by NOONE-sei | 2006-09-23 18:25 | Comments(11)
Commented by at 2006-09-24 10:58 x
なんかよく分かるお話です。
私の場合も、確かに料理は趣味ですね。
作るのも、献立も、考えるのが楽しいです。
でも(私は)一人で食べる時は全く何も作る気が起こらないから、
これは、食べた相手の反応を見たいということで、
私の場合には、絵を描くのとか、楽器の演奏に近いものがあるような気がします。
だからセイさんのおっしゃる、「厨の竃(かまど)に女ふたりは要らない」というのもよく分かります。
趣味だから、自分の作品は自分の思うように仕上げたいですものね。
でも、これが極端になると、リクエストを受け付けない独りよがりな作品となりますので、
常に観客を意識している以上は、そうならないように気をつけたいです。
さて、今晩の献立は何?
うちは昨日は一人だったので、買ってきたギョウザとビールでした。
ですので今晩は…
ジャガイモ、にんじん、たまねぎ、納豆が残っているので、
何か変なものを作ろう!ヽ(・∀・)ノ
φ(._*)☆\(-_-)
Commented by NOONE-sei at 2006-09-24 23:53
ひすさん、
へぇ、夕べは独身だったですか。でも外食しないで家で食べるのですねー。ほほぅ。
料理に観客を意識するんだとしたら、
調理する行為は制作で、サーヴは表現、食卓は発表ということですかね。
献立についてですが、わたしは料理って、作ることだと簡単に思っていた自分に気づきました。
献立を立てられない状況になって初めて、「きょうは、なにをつくろうかな」の大事さを知りました。
『気づき』という言葉があるんですけど、ぼんやりしているわたしは、
やっと料理ってなにかな、、、と気づいたのでした。
ということは、考える幸せ、作る幸せ、誰かに食べさせる幸せ、って、
当たり前すぎて普段は意識の外だったのです。
表現することにまで意識できるとしたら、それはとても幸せがいっぱいだということなんですねぇ。
>変なもの
わたしだったら、天ぷらかなー。納豆だけ単品で揚げます。さて
クイズです。ひすさんは何を作ったでせうか~~~、わはは
Commented by at 2006-09-25 12:31 x
>へんなもの
う~ん、結局、さらに冷凍庫にハンバーグの残りがあったので、
ジャガバタと肉じゃがもどきのようなものができました。
う~ん、普通で面白くないな~♪
でも、それはこういうのをいただいたから!
http://hisuaki.hp.infoseek.co.jp/tabemonohanasi/tabemono148.html
Commented by NOONE-sei at 2006-09-25 14:12
ひすさん、
これは珍しいものを戴いたですね。北海道には鹿肉加工食品があるのか。
これに、さらに変なものが加われば、かなり濃い食卓になると思われますから、
よかったんぢゃない?
Commented at 2006-09-25 16:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-09-25 16:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-09-25 16:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-09-25 16:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by NOONE-sei at 2006-09-25 18:00
鍵コメントさん、エキサイトは字数制限があるコメント欄でごめんなさい。
だっはっはっは・・・
だんだんノッてきて大長編になったのですねー。
コメントありがとうございます、お気持ちがよくわかって、嬉しいです。
楽しいところにも行って見てきましたー。くすくす

別館「千と線の文箱」にはメールアドレスを載せてありますが、
ここには置いてなかったから困ったでしょう。
noone-sei@hotmail.co.jp 
↑次回はこれで心置きなく、どーぞっ♪
Commented by at 2006-09-28 21:01 x
キムチとかくと、ちょっと色気もなにもない!
キィムチー、って感じで(笑)

かつてエゾシカカレーの缶詰を食べたことがあります。
たしかに発達した筋肉質の、噛みごたえのある肉質でした。
ちなみに、私は自分一人だけの時の食卓が
一番豪華だったりします・・・
Commented by NOONE-sei at 2006-09-28 23:17
坊さん、南からおかえりおかえりおかえりー。
無事に帰ったから三度も唱えてみました。
色っぽく? 
 
・・ふぅん

・・(考えている)

よし、これでどうだ。↑

わたしが食べたのは鹿肉のルイベっていうのかな、刺身だったよ。
そのとき桜刺しも出たんだけどどちらも淡白で美味かった。
鹿のほうが美味かったかも。
名前
URL
削除用パスワード


<< 58夜 秋はどこから 56夜 秋の風物  >>