56夜 秋の風物 


今日は子規忌。
季節の行事や年間の歳時は、意識していないとすぐに遠のく。
明日は彼岸の入りだと知らなかった。

犬の散歩がてら夕飯のおつかいに行って、店の中をうろうろしていたら、
近所のひとに話し掛けられた。
  「おばんです。明日は彼岸の入りですねぇ。」
  「あ・・・はい、そうでしたねぇ。」

  「いつも彼岸の入りには混ぜご飯を作るんですよ。」
  「へぇ・・・何を入れますか?」

そのひとは買い物かごをひょいと見せて、
  「ほら。ごぼうとね、あぶらげとね、しいたけ、こんにゃく、、、そんなものですね、
   鶏肉は殺生だからお彼岸にはねぇ、、、。」
  「あぁ・・・そうですよねぇ、、、。彼岸の中日には、あの・・」
ぼた餅だかおはぎだか、わたしは季節に疎くて、考えないとわからない。

そのひとは察して、
  「おはぎね、作りますよ。ほら、うち、仏様がいるから。」
  「あぁそうかぁ、そうですよねぇ、、、」

  「セイさんちでは?仏様いないんですか?」
  「あ、うちはいないんですよ。だからよくわからなくて。」

  「だんだんにね、わかるようになりますよ。」
  「あぁ、そういうものですかぁ、、、」

そのひとは言葉がよくて、方言が出ない。きれいなひとで、よそから嫁に来たのだろう。
世事に疎いわたしをふんわりと受けとめて、恥をかかせないような美しい会話をする。
外に繋いで待たせていた犬は、店の人やおつかいにきたおばあちゃんにかわいがられていた。
めったに歩いておつかいをしないから、どの人が近所なのかもよくわからないのだけれど、
たまに、のんびり近くでおつかいもいいものかもしれないな。


今日のお写真は秋の風物を。
c0002408_1311188.jpg
果樹畑は梨の実がたわわ。


c0002408_1312760.jpg
蕎麦畑も一面の白。
[PR]
by NOONE-sei | 2006-09-20 01:36 | Comments(12)
Commented by osa at 2006-09-20 15:57 x
この辺りにも梨園がいくつもあるのですが金網なんかで厳重にガードされていて(気持ちは分るけど)、写真にはならないのです。
これからぼくも秋をたくさん撮りましょう。
セイさま、秋の花もたくさん見せてくださいね。
Commented by akasatana-xyz at 2006-09-21 12:25
梨畑の写真見てコメント書こうと思ったら、osaさんがまったく同じことを思っておられました(笑)
うちの近所にも果樹園が多いのですが、厳重に網で囲まれていて、その中をセミが「出してくれー」といわんばかりに飛んでいました。
でも涼しくなり、セミもだいぶ見なくなりました。
たまに果樹園の入り口が開いていて中が見えますが、これはこれで雰囲気があります。
蚊帳の中に宝石のような梨や葡萄がぶらさがっているみたいで、なんかワクワクするんですよねー。
もうお墓参りの時期なんて、早いですね。
Commented by yamagoya333 at 2006-09-21 12:57
子規は、柿が大好きだったようです。
柿の句が突出して多いです。
床に伏していても、三食以外にも「おやつ」を日に三度も食べていたようです。
この記事を読んでいて、近いうちに拙ブログにて、正岡子規の「食いしん坊」の話をしたくなりました。期待しないで!
Commented by at 2006-09-21 17:58 x
確か、初めてお邪魔した頃も蕎麦の花を目にしたようなきがします。
はやいなあ、もう一年か…

こんにちはセイさん。
暑さ寒さも、とはよく言ったもので本当にめっきり涼しくなてきました。
日の短さも驚くほどで、あれあれあれ、と思っているうちに夜が来てしまいます。
まぜごはん(うちらでは炊き込みご飯)を作るのですか、そうですか…
秋は萩でおはぎ、春はぼたんでぼたもち♪
美しい呼び名ですね。
Commented by NOONE-sei at 2006-09-21 23:37
osaさん、
絵にならない、写真にならないものってありますね。大抵それは、人工物が美しくない関わりをしているもの。
こちらで写真にならないとわたしが思うものは、さくらんぼ園です。
部分ならいいけど全景はちょっと。背の高い網がばっさりとかかっているです。
おぅ、秋の花ねっ。
はっ。秋の花、、、名前もわからないし季節の区別もつかないですけど、
犬も歩けば花に当たる、ってね!
Commented by NOONE-sei at 2006-09-21 23:53
あかさたなさん、お帰りなさい♪
セミと梨畑って、どうしてセットなんでしょ。こちらもですよ。
梨棚の下を飛び回って脳震とうを起こしてます。
売り物になるブドウのふっさふっさたっくさんのぶら下がりを もう見ましたよ。
昔、うちで食べる分だけのブドウ棚があってね、大豊作のときに自家製ワインを作ったことがあるです。
小さかったからおぼろげですけど、つぶして発酵させたんだったかな。
Commented by NOONE-sei at 2006-09-21 23:59
さくらさん、
台風一過、ほんとにおつかれさまです。
正岡子規って、柿好きだったのですか。って、子規よりも「カキズキ」という音声に反応。
期待するなって、そりゃ無理無理。
だって、わたしは食い意地大王ですからねっ!読みたいにきまってる。
Commented by NOONE-sei at 2006-09-22 00:20
ひすさん、
久しぶりな気がします。コメントがないとちょと心配になるウェブ友かもね。
一年ですか?ありゃ~~?不思議ですねー。なんか十年は経っているような気が、、、、。

秋ですね。うちではコタツがでましたよん。
彼岸の入りに混ぜご飯って、わたしは初めて聞いたのですが一般的かどうかはわかりません。
普通どうなのかわからないけど、たぶん炊きおこわ(炊き込みごはん?)じゃなくて、
味付けした具を後で混ぜるのでせうね、きっと。
ところで↓こんな話題も。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/katei/news/20060920ddm013100156000c.html
ひすさんは「ばんそうこう(巻きテープじゃなくて傷にぺたっと貼るやつ)」を何と呼ぶ?
Commented by at 2006-09-22 10:05 x
>ひすさんは「ばんそうこう(巻きテープじゃなくて傷にぺたっと貼るやつ)」を何と呼ぶ?
う~んと、昔サビオ、今ばんそうこうかな?
と、ここでリンク先を拝見…
フムフムなるほど・・
なんと、このような呼び名もあるのですね~!
リバテープ・・・
他も面白い、「ラーフル-」?鹿児島だけにどこかラサールっぽい。
「宇津救命丸」だが、西では「樋屋奇応丸(ひやきおうがん)」派どちらも効きますが、
やはり、ひやきおうがんかな?
昔はもっとはっきり区分けできたのでしょうが、
情報の画一化や、移動の簡略化などで、どんどん混ざってきてしまいつつあるのでしょうね。
こちらでは、「おでん」を「関東煮(かんとだき)」と呼ぶ人もずいぶん減りました。


Commented by NOONE-sei at 2006-09-22 11:21
ひすさん、
やっぱり!違いがあるのですねー!
わたしは「キズバン」または「カットバン」ですよん。
それからね、「ひやきおうがん」は今回初めて聞いた言葉です。
話は脱線しますが、「陀羅尼助丸」というのも数年前です、知ったのは。
先日の高校総体で、わに丸達高校生は皆が奈良から買って帰りました。
もひとつ脱線ついでに。昨夜、テレビで「パルナス」の歌を初めて聴いたです。
呼び名の違いはとても面白いし興味深い。
世の中がどんなに便利になっても、そういう、知らぬ者には驚きを伴なう発見は
残っていて欲しいなぁ!
Commented by at 2006-09-22 16:20 x
まいど~!
最近の陀羅尼助って、白いプラスチックの計量さじがついていません?
あの白い穴ぼこに、黒い粒粒が入った図は実は苦手…
みつめるとつい…
ぞわわ~!(/ω\)
効くようなきがしますよ。(=^^=)ゞ

パルナス
「パルナス非公式ホームページ」で検索してみてください。
詳しく知ることができるかもしれないし、
どこかに私がいるかもしれません・・
♪(((*^ω^*)))♪
Commented by NOONE-sei at 2006-09-22 23:59
ひすさん、
わに丸が持っているので聞いてみました。匙はなかったような、、、。少量だからかな。
ひすさんの、アシカだかアザラシだかが大量にいる図トラウマ物語は憶えてますよ。
ぞわわ体験も、ひとそれぞれですねーー。

パルナス見ました。ピロシキがとっても食べたくなりましたー!
ひすさん、いたいた。いたけど字だけの登場だったのねー。(画像付きかと期待した)
名前
URL
削除用パスワード


<< 57夜 食の愉しみ 55夜 天空×字拳 >>