53夜 夏のつまさき 


夜のおでかけが好き。
猫の夜回りじゃないが、あちこち点検して歩きたい。
昼間は、けだるく眠っている路地が、夜になるとぴかぴかに目を覚ます。
これ、猫の夜回りじゃなくて夜遊びとも言う?

「綿の国星」という猫漫画に、真夜中の集会というのがある。
そういえば、登場する高貴で美しい雄猫は神秘的で、
まるで王の傍(かたわ)らに静かに佇む道化師、白のクラウンのようだったっけ。
もう一度読みたい。

夏の初めのこと。
暑気払いをしよう、と男友達から誘いの電話があった。
仕事を終えた王様も合流。
三人の真夜中の集会で、飲んで食べて喋ったら、町をふらふら歩きたい。
けれど、わたしは足をくじいていた。

鈍いのも鈍い、ここまで鈍いと呆れてしまう。
夏は玄関を開けて打ち水をするが、
低い板を敷居に渡して外の埃(ほこり)除けにしておく。
それにつまづいて転んだ。
つまり足元を見ていないんだな、猫みたいにしなやかじゃない。

ひょこひょこと足元のおぼつかないわたしに、男友達が
  「セイってさ、いつも足、怪我してない?
   骨折だとか捻挫だとか。今日はなに?」

  「・・生爪。」

  「はがしたの?」

  「はがれそうなのっ。」

  「じゃあさ、ちがうの履いてくればよかったじゃない、
   ないの?ちがう履物。」

  「ある。・・雪駄。」

王様はけらけら笑う。
お洒落していたんだ。履けるわけないじゃないか、雪駄。
足の親指に包帯を巻いていたって、綺麗なサンダルを履きたい。
夏のお洒落は、オープン・トゥなんだ。

c0002408_261519.jpg
この夏、家族それぞれに読んでは積んで重ねた漫画。
「綿の国星」はむかしむかしの漫画なのでここにはない。・・王様の趣味なんだけど。
[PR]
by NOONE-sei | 2006-09-09 02:22 | 趣味の書庫話(→タグへ)


<< 54夜 仏と毒 52夜 花田少年、はなたらし >>