46夜 さくらんぼ伝説


春に高校生になった卒塾生たちが、一学期をもうすぐ終えようとしている。
希望校に行けた子、行けなかった子、
懸命に受験勉強をしても結果はさまざまに厳しい。
けれど、皆、納得して高校に行った。
一学期を乗り切ることができれば、なんとか学校を辞めずに続けてくれる。
卒塾生が退学したという話を聞くことはいちばんつらい。

二両編成のちいさな電車に乗って終点の温泉町に行く途中に、果樹園が並ぶ。
果樹試験場という、最新技術で、より味の濃い果物を研究している建物もある。
果樹園を抜けたところには高校が建っている。

電車を降りたら、林檎や桃の街道をてくてく歩いて通うこの高校に行った子たちは、
日々をうららかに過ごしている。
塾に遊びに来たので、王様がその浮世離れしたのんびりさをからかったら、
本人たちはけっこう大変なんだという。
   「万引きとかバイクに乗るとか、普通そういうのが学校から処分を受けるでしょ?
    うちら、もっとあるんだよ。
    林檎や葡萄や桃を取るとね、停学になっちゃうんだ。」

   「そりゃすごいな。・・・果物泥棒は罪が重いんだな?」

   「そう!さくらんぼなんかに手を出したらね、退学だよ、退学!」

   「なんで知ってるんだ?」

   「言い伝えだよー。伝説っていうの?そういうの。」

・・言うんだろうか、そういうのを伝説って。

c0002408_053456.jpg
宝石のような果物、さくらんぼ。                             <器は気比の鋳物師(いもじ)焼き>
[PR]
by NOONE-sei | 2006-07-05 23:46 | 新々百夜話 本日の塾(9) | Comments(12)
Commented by akasatana-xyz at 2006-07-06 00:48
すてきな高校なんでしょうね。
さくらんぼってほんとうに綺麗ですね。
これが木に揺れているさまを見たら…。
違う意味で、誘惑の多い通学路だなあ。
Commented by osa at 2006-07-06 04:13 x
さくらんぼ器は気比の鋳物師(いもじ)焼き

これって俳句になってませんこと? うふ
Commented by NOONE-sei at 2006-07-06 11:12
あかさたなさん、
こちらでは、ほとんどの高校が男女別学だったのですが、三年位前に共学に切り替わりました。
このお話の高校だけは珍しく昔から共学で、男女の仲が良くて、羨望の高校でした。
王様は関東の人だから「この町の女子高生がブスなのは、別学で男子の目を意識しないからだ!」
と、よくヒドイことを言ってましたよ。(わたし、女子高出身、しくしく)
さくらんぼが揺れる通学路、仲良くおしゃべりしながら男子も女子も登校する、、、
映画のような世界だなぁ。でも甘い誘惑には乗らないっと。(←果物の)ははは
Commented by NOONE-sei at 2006-07-06 11:19
osaさん、
ありゃっ?ほんとだ、五七五だっ!
ぜんっぜん気づかなかったのだーーー。 うふ(お返し)

このお写真はね、特別気合いを入れて60枚も撮った中のたった1枚です。
腕が未熟なのに、出来上がりのイメージはある。
それはね、空気なんです。さくらんぼそれ自体じゃなくて、まわりの空気が撮りたかったんだぁ。
Commented by at 2006-07-06 20:39 x
最初の1学期目、そこまでが大変ですよね。
みんながみんな不安なのですが、誰もがそれを自分だけだと思い込んで、
耐え切れないまま、学校にこなくなる子達も見てきました…
世間は簡単に五月病と呼びますが、そんなものはなんてデリカシーのない言葉でしょう。

サクランボは、その周りの空気ももちろんのこと、
溢れ出して来るみずみずしさ、鋭く、それでいて甘く若々しい香りが立ち込めてきましたよ!
正に宝石…
いや、この時期のこれには宝石もおよぶまいて!
「さくらんぼ泥は退学」
何が一番大事かを分からせるよい校則(?)です!
サクランボにこめられた、作り手の気持ちを分かる大人に慣れれば素敵です!

>追伸
昨晩なんとなく「芋煮」を作ってみました。
意外にも娘にも大好評で、昨晩、今朝、そしてい今、なんともたくさんペロリと平らげました!
ヽ(・∀・)ノ
これで、うちの定番おかずに決定です!!(゜▽゜)b
Commented by NOONE-sei at 2006-07-06 23:18
ひすさん、
やっと一学期をやり過ごしてくれたなぁ、、、という安堵です。
夏休みという、気の抜けない関所が待ち構えていますから安心はできませんけど・・・

校則!さくらんぼに関する特別項があったら、そりゃおもしろいねーー。
実際には、先輩から後輩に口伝えで伝わっているらしいのですよん。

ひすさんのPCは、芋煮の文字変換、なかったでせう?
わたしなぞ、芋煮会の文字変換を覚えさせましたよ。
・・・で、味噌味?醤油味?
それにしても夏に熱い芋煮とは、びっくりだーー。
Commented by at 2006-07-07 10:52 x
う~んと、しょうゆ味でしました。
http://blog31.fc2.com/h/hisuaki/file/060705_1932~0002.jpg
丁度こないだ食べた「どんべえ」がそうだったので…
暑い時期ですが、なじみのないものならばこそ、冬のものという認識もないのですよ!ヽ(・∀・)ノ
だから、ずっと食べ続けている「かす汁」は、リクエストがあっても作りません、やっぱ冬場かな?
>芋煮
芋に イモに 妹に・・・_| ̄|○
Commented by NOONE-sei at 2006-07-07 18:36
ひすさん、
お写真拝見、レシピ拝読。
うん、上品な新バージョン芋煮ですね!ポトフ風という感じ。
こちらの芋煮(醤油味)は、醤油色の茶色ですもん。
なじみがなければ季節を問わないだろうし、この上品な色ならなおさらだと思います。
今度、御馳走になろっと。ひすさんの芋煮とかす汁♪
Commented by at 2006-07-07 19:42 x
セイさんの芋煮のリクエストは
「う〜んと下品に作って!」
でした。私には出来ない・・・
Commented by NOONE-sei at 2006-07-08 09:48
坊さん、
坊さんの料理は品がよいよね。
坊さんと台所に立つと、連携が大変にラクです。
坊さんは料理を作り慣れているからなんだろうなぁ。
・・・上手なんだからさっ。作ってよ、下品なやつ。
Commented by yamagoya333 at 2006-07-10 12:03
退学の話、身にしみます。
生徒・保護者に受験校を決めてもらいます。
決して、こちらにしなさいと言わないようにしています。
人が決めた高校ではなく、自らが選んで入学した学校だと思ってもらいたいからです。
2・3日前も、ええ?!この子がという生徒が、通信制の高校に入りなおしたということを知りました。現在指導している生徒のお姉さんです。それなりの事情はあるにせよ、何か責任を感じてしまいます。
Commented by NOONE-sei at 2006-07-10 22:27
さくらさん、
おっしゃるとおりですね。厳しいことですが、漠然とした夢や希望が
現実を直視することでたとえ崩れても、それでも漠然と受験するよりは
ずっといいと思うのですよ。
納得するということには大きな意味がありますね。
そこには、諦めとはまったくちがうリアリティがあって、受験生にとって
初めての得がたい体験だと思います。
ただ、学業に失望するのではなく人間(人間関係)に失望して辞めることがほとんど。
入学後にかかわってやれないことが口惜しいことです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 47夜 連想ゲーム 45夜 顔の無いお母さん  >>