31夜 鶴は折れない


思春期の小生意気な年頃。
語彙数が増え、それを使ってみたくて妙にこねくりまわす、おかしな会話。
中学生の頃、回りは皆大人びていたので、
わたしは格言やら故事成語やらが入り混じった、やたらむずかしい言葉にかこまれていた。

口下手でも、耳だけは肥える。
本を読まないわたしがこうしてなんとかお話を書けるようになったのは、
中学時代の、口達者な回りのおかげかもしれない。

あんまり理屈っぽいことを「小理屈を語る」というが、
そんな会話をするいつも成績のよい男子に、活発で成績はまあまあの男子がひとこと、
「そんなしちめんどくさいことは、鶴を折れるようになってから言え!」と言った。
その時の「腑に落ちない」ならぬ「腑に落ちる」思いは強烈で、
それは、ものを見聞きするときの、いまだにわたしの大切な物差しになっている。

あたりまえのことをあたりまえにできるということは、とてもむずかしい。
できる、ということと、やったことがある、ということの間には大きな差があるように、
やったことがない、ということと、まったく知らない、ということの差ははてしない。

塾で小学生のちいさいさんに、折り紙で折々の季節や歳時で壁面を飾ってもらう。
・・といえば、まるで一緒に遊んでいるようだが、わたしは遊びようを知らない。
だから、こんなのを作ってくれと頼み、あとはおまかせ。
わたしはちいさいさんから教わることばかり。ちいさな手から繰り出される折り紙の数々、
ためいきがこぼれそうな見事な立体には敬服するばかり。

けれどここ二年ほど、おまかせできない子が続いている。
できると言ったものの実際には折り紙の経験がほとんどなかったり、
ハサミを紙に垂直に刃を当てられなかったり。やりたくないのではない、つまり、できないのだ。
今日は、朝顔を折ろうということになって、色や葉の形を調べ、蔓(つる)の巻き方を知った。
以前なら自分達で図鑑をめくり、頼まないのにわたしの嫌いなものまで調べてくれたが。

今日、塾で初めて折り紙をした。
・・そろそろ、一緒に鶴を折る日も近いかもしれないな。
[PR]
by NOONE-sei | 2006-05-30 03:28 | 新々百夜話 本日の塾(9) | Comments(8)
Commented by たかみや at 2006-05-30 15:39 x
こんにちは、セイさん。ブログに遊びに来てくださって有難うございました。私も足跡を残しますね(^^)
私もときどき、子どもたちと接する機会があり、この話はとても「うんうん」とうなづくことができました。
「知っている」ことが多すぎるがゆえ、やってみる勇気が出ない子が多いかもしれない。
そして、やってみたことがないのに、批判してしまう弱さもあるかな~。
それは大人も同じですが…。なので私もアートのブログを書いていて、作り手の立場に立ちながら感想を書くように心がけています(笑)
私自身、お話や絵など表現することの難しさを感じているため、映画を作るっていうパワーだけでも尊敬している、という大前提は忘れないようにしたいな~と思います。
長くなってごめんなさい、また遊びにきま~す!!
Commented by アイビー at 2006-05-31 09:38 x
セイさん、コメントありがとうございます。セイさんのところへお邪魔しましたら、どこの「文学の森」に迷い込んでしまったかしら?と思いました。でも読ませていただいているうちに 少しずつ気持ちがほぐれ安心しました。また寄せていただきます。
Commented by NOONE-sei at 2006-05-31 13:43
たかみやさん、
ご丁寧にわざわざおいでいただいて。嬉しいです♪普段はあんまりコメントせず読み逃げなんですが、はげしく納得することをお書きになっていたので、つい足跡ぺったんしました。

伝える・伝わることの難しさについてですね?
以前手ほどきを受けた師匠が、自分にしかわからない絵になりなさんな。と言っていましたっけ。
ですから、文章でこうして書くことは、わたしにとって記事ではなくお話です。そのとき一握りのエンタテイメントが埋め込まれれば成功なのですけど、なかなか。といっても、お話ではあるけれどトレーニングであって表現ではないのですけどね。たかみやさんのようなお仕事をなさっている場合は、受け手(観る側)と送り手(たかみやさん)のバランスを感じながらなさるのが大切でせう。

どうぞまた気が向いたらいつでも遊びにきてくださいな♪
Commented by NOONE-sei at 2006-05-31 13:57
アイビーさん、
いえいえ、こちらこそTBをいただきまして♪「文学の森」ではないにせよ、迷い込んだような気分になられたのなら、とても嬉しいです。この百夜話を妖怪百話、わたしを妖怪のように言うお客様もいるので、日頃の浮世をここでちょっと忘れて行ってくださいな。はは
わたしの子供はもう高校生です。そちらを拝読したときにアイビーさんのちいさなお子さんたちとの日々をうらやましく感じましたよ。楽しんで過ごしてくださいね。

どうぞ気軽にまたお寄りくださいませ♪
Commented by ひす at 2006-06-01 18:45 x
鶴を折る、四角い平面の紙から立体の鶴が生まれる不思議!
また、それを作り出す喜び。
それが、実際の生活に役立つかどうかはべつにして、
これらを経験するかしないかは、きっとすごく大きな差だと思います。
だって、それには絶対、「うまくゆかない歯がゆさと、悔しさ」もセットで付いてきて、そいつらを乗り越える嬉しさもおまけについてくるから。

そうそう、先日のオフ会で、割り箸の袋で綺麗な箸おきを作っておられる方がいらっしゃいました。
聞けば京都の方で、芸子さんから教えていただいたとのこと。
へ~、そういうところでそういう文化は引き継がれているのか…
けっこう面白く感じました。

なんかピントはずれなコメントですみません。
Commented by NOONE-sei at 2006-06-01 20:45
ひすさん、
わたしも大きな差だと思います。机上の空論という言葉を思い出すのですよ。
地に足が付いていない、とも。経験値がぜんぜん違いますもん。
・・といいながら、鶴が折れないわたし・・小さいときには折れたんだけどなぁ、、

オフ会!宜しく言ってくださいましたかっ!どすんばたん。はは
わたしは割り箸の袋で笹の舟を折るのですが、もっとバリエーションがあったと思います。
素敵ですね、芸姑さんからというのがまた素敵。
・・で、ひすさんは鶴、折れるの?(←おそるおそる聞いてみた)
Commented by ひす at 2006-06-01 21:29 x
うん、普通のは折れますよ。
でも、尾っぽを持って引っ張ると、羽をパタパタさせる奴は忘れちゃいました。
(=^^=)ゞ
Commented by NOONE-sei at 2006-06-02 10:31
ひすさん、折れるんだぁ。
そういえばありましたよねーー、羽パタパタの鶴も!
折ってもらったことはあるけど自分で折ったことはなかったです。
ひすさん。じぃーーーーーーっ。(←尊敬のまなざし)
名前
URL
削除用パスワード


<< 32夜 コドナになった羊 30夜 僕は一番 >>