29夜 浦島亀子


亀といえば、いつもは亀の子束子(たわし)が浮かぶのだが、今夜はちがう。
鶴は千年、亀は万年。・・万年って、「いつもいつも」という意味か。

ここ一週間ほどひどい風邪に悩まされ、外に出なかった。
思い返せば、病院をまるで脱走するように退院し、
母と桜を追ってあっちだこっちだとむちゃくちゃに動いたのが祟って、
父は退院直後に風邪をひき、病院で点滴をされた。

風邪は、誰かにうつすと治るとか。
父は母にうつし、母はその風邪を後生大事に抱えながらせっせと父と出掛けた。
あんまりふたりの鼻声が長引くので、言いたかないけど、、、と
外出を自粛するよう苦言を呈してみたのだが、彼らの行楽熱は引けない。
そうこうするうちに、わたしの喉(のど)が腫れてきた。
夫婦ふたり分の風邪を一手に引き受けたからたまらない。
喉の痛みから体の痛み、鼻水、咳とお決まりの循環の日数(ひかず)が長くかかった。

時間の長さとは主観的なものだったのか。
この一週間は、妙に長かった。そして妙に浮世から離れていた。
ふわふわと身だけが軽く気は沈み、わたしという門の内側と外側の時間の流れに違いがあった。

きのうは五月の爽やかさ。
山を見て驚いた。ずっと毎日見ていたはずの蒼い蒼い山が、みどりだった。
万年ぼんやりで気づかなかったとはいえ、いつのまに新緑になっていたんだろう?
折りしもきのうは安達太良の山開き。
今朝、父と母はさっさと身支度を整え、稲荷寿司を持って安達太良に行った。

山の変化に突然気づいたわたしは、稲荷の狐につままれた?
それとも、浦島太郎ならぬ、浦島亀子になって浮世に戻った?
[PR]
by NOONE-sei | 2006-05-22 18:51 | 新々百夜話 父のお話(8) | Comments(10)
Commented by ミルココ at 2006-05-22 23:47 x
セイさん、こんばんは!
体調を崩されていたのですね!どうぞお大事になさって下さいね。
東京も暑かったり寒かったりで、体調を崩している人が多いです。
私も、先々週ぐらいから高熱を出し、熱が下がってもいまだにセキに悩まされています。
無理せずに、休んでしまいたい・・・と思いつつ、ついつい無理を重ねてしまいました。これから少しのんびりしようと思っています。

安達太良山~!あこがれの安達太良山の山開きなんですね。新緑の安達太良山、まさに『智恵子抄』の「樹下の二人」の世界ですね。
ようやくまた『智恵子抄』について書き始めています。そうしたらセイさんの写真、お借りしますね!よろしくお願いします。
Commented by NOONE-sei at 2006-05-23 23:34
ミルココさん、こんばんは。
お気遣いありがとうです。ミルココさんも、我慢せず、お医者さんに行ってくださいねー、
長引く風邪が(全国的に?)流行っているようで、北から南から風ならぬ風邪の便りが。
こじらせないよう風邪警報発令中ですよん。

わが家から見える安達太良は、もう雪は冠ではなく、ところどころになりました。
天気が良く、空気が澄んでいると、山裾が緑のグラデーションです。
Commented by ひす at 2006-05-24 11:06 x
風邪菌が 鼻をかすめて 時盗む

こんにちは!
お加減いかがですか?
この時期の風邪はなかなかな治しにくかったりしますよね。
無理は禁物~。

さて、時間とは正に主観的なもので、楽しい時間が短くて、辛い時間が長いのは周知の事実。
今回の場合は、意識が時間を認識していなかったので、
あっというまに時間が過ぎてしまったのでしょうね。
かく言う私も、昨日お昼寝をしている間に時間が~!
おお?!お昼だったはずなのに何故に7時?!
(=^^=)ゞ
でも、おかげでスッキリしました。
Commented by ろここ at 2006-05-24 13:01 x
セイさん、こんにちは。
風邪をひかれていたのですか、もう完治されましたか?
お大事になさってくださいね。
私は風邪の終わりには必ず咳喘息がついてきます。
病院漬け、ヤク漬けで自力では風邪が治せない身体なのです。グスン

ところで、私も亀の子束子好きの亀子です。
鉄板洗いや野菜洗いにもよいですが、クライミング後の岩のお掃除にも便利で
クライマーには亀の子束子愛用者が多いです。
Commented by NOONE-sei at 2006-05-24 17:51
ひすさん、ご心配ありがとです♪まぁまぁだすー。
>意識が時間を認識していなかったので、
おっ、そうか。そういえば意識はぼぉーーーっとしておりました。
熱があったからかもだー。ありゃ。

長いお昼寝!
ひすさん、それは、お休み前夜がすごく楽しかったのではないかな?
そちらでは、飲みにゆくとうらやましいくらい食が豊かですものね。
ときどき教わったサイトで大阪食めぐりの旅をしておりますよん。
Commented by NOONE-sei at 2006-05-24 18:08
ろここさん、いらっさいませ~~♪
泣かなくていいのよー。実はここにもおるです。<病院漬け、ヤク漬け
サプリには縁がないですが、お薬とはお友達かもです。
自然治癒力!と意地張れるくらい丈夫になってみたいもんです。

はは。ろここさんも亀子なの?よいですねー。
紺地の昔ながらのごわっとした前掛けに白抜きの染めで
亀の子束子という文字と亀の絵が描いてあるんです。
それをつけて束子を使ったら、ちょっと職人気分であります。

こんな僻地のブログですが、気が向いたらいつでもまたおいでくださいな♪
Commented by いくそむ at 2006-05-26 12:00 x
何故か風邪をひかない性分のワタクシです。最近、異常気象のせいか、5月の今頃になってインフルエンザが猛威をふるっている当地です。セイさんも気をつけて下さいまし。
狐につままれた!そうかぁ…。
Commented by くるり at 2006-05-26 21:22 x
大分たってしまったので、もう体力も戻られた頃でしょうか?無理はなさらないで下さいね。

うちの旦那も先週から風邪にやられてます。
今回はお腹から来たので、変なもの食べさせたかとドキドキしましたよ…
寝込むほどではなく、点滴2本打ってお腹は良くなったみたいですが、
まだ微熱と頭痛が残ってます。

セイさんはご両親からの風邪、どなたかにバトンタッチしたのですか?

Commented by NOONE-sei at 2006-05-27 01:26
いくそむさん、
風邪をひかない?!それは威張れますよ、いくそむさん。
そういわれてみれば、異常気象かもです。天候が極端すぎます。
人間の気性まで白黒はっきりの極端になりそうでコワイ気がします。
狐にアブラゲさらわれた・・・あれっ?トンビ?
・・トンビって鷹を産むんじゃなかったっけ・・・ 
Commented by NOONE-sei at 2006-05-27 01:40
くるりんさん、妖怪鼻水女のセイです・・
>変なもの食べさせたかとドキドキ・・
これがくるりんさんのかわいい所なのだーー。
わたしだったら、内緒でどこで何食べたのっ、、、って思うと思います。
日々の王様の胃袋を預かっているのはわたしなんだ、って思っていたはずなのにな。
ちょっと反省しよう・・
点滴したのでは、ごっちゃんさん、よほどひどかったのねぇ。我慢強い人だからなー。

はい、バトンタッチしたいのですが、だれもバトンをもらってくれません、しくしく。
(↑くるりんさんのお名前をクリックすると「サーバーが見つかりません」になるようです。
入力するURLがちがうのかなぁ?)
名前
URL
削除用パスワード


<< 30夜 僕は一番 28夜 手帳の音 >>