26夜 ゆく春くる夏


煩悩の憑き物を落とす鐘の音(ね)、ゆく年くる年。

五月。朝夕の肌寒さとひるべの薄暑さ。夏の初めの今をなんと名づけよう。
冬から春は、食が駆け足でやってきた。
日食や月食のおはなしじゃなくて、食卓のおはなし。

冬、雪の下の土は温かいから、室(むろ)を掘って葱や大根を埋めた。
白菜は凍みないよう、小屋の棚に積んでゴザをかぶせた。
白菜が尽きる頃、雪も融けて蕗のとうが顔を出す。
四月の春祭りにはつくしも顔を出す。むかし、土筆を「つくし」と読めなかった。

山からの吾妻おろしは冷たいから、帽子と手袋は欠かせない。
田んぼのあぜで、蓬(よもぎ)の若芽、空き地で浅葱(あさつき)、小川で芹。
農家の屋敷周りにはウコギの垣根があり、新芽のころはまだ棘が痛くない。
野の収穫に、早春の散歩はいそがしかった。

父はこの季節になると、どこかの沢から葉わさびやクレソンを摘んでくる。
時には蕨やトリノアシもおまけについてくる。
本当は山で、たらの芽やコシアブラなどなど、本格的に山菜採りをしたかったはずだが、
病み上がりだからと待ったをかけられて、今年はすこし不満な春だった。

けれど山の味覚は身近なところにもあって、じつは十分楽しめる。
柿や桑の新芽の天婦羅は美味いし、春の新芽はほとんどの植物が食せると聞いた。
初夏の候、まだ楽しめる味わいはあちこちにある。

皆ちいさいときには苦手なのに、おおきくなると恋しいという山菜。
体の毒を落とす薬と教えられたけれど、山菜の苦味も増すとえぐみになり、きどくなる。
本当は山菜のほうこそ毒ではないかと疑った。
きどい、とは方言か?

「きどい、きどい」と言いながら食べるうちに覚えた山の味。
いつか毒は、落ちるのではなく回るのではないかとこわかったはずだのに。


c0002408_3105661.jpg
冬の気温の低い時に、水をくぐらせて大根を干す。
c0002408_31185.jpg
夜に凍り、日に干されて出来上がる凍み大根。乾物だから、戻して煮物などにする。

c0002408_311236.jpg
キムチを作った。アミの塩辛のかわりに桜えびを入れる。全部混ぜて白菜漬けに挟み込むだけ。

c0002408_3114234.jpg
つくしの佃煮を作ろうと摘んだら、入れ物がなかったから手袋(ミトン)に入れて帰った。


おまけ 
 ミトン ロシアのアニメーションの紹介
 ミトン 音楽がかわいい。
[PR]
by NOONE-sei | 2006-05-12 02:54 | 新々百夜話 父のお話(8) | Comments(17)
Commented by ひす at 2006-05-12 12:01 x
こんにちは~!
実は今、お店の帳面が会わず頭を抱え込みながら煮詰まってしまっておりました。
そこで、気分転換にこちらにお邪魔しましたよ!
ほっ…♪
おいしそうなお話と、目にも綺麗で香り立つ写真。
一息も二息もつかせていただきました。

そうですか、そちらは今が山菜の旬ですか!
春の新芽は何でも食べられる?!
そうか~、いつも散歩の時にクチナシとかの新芽ですら美味しそうに感じていましたから。
さて、下の写真は山菜ならぬ野草の実。
http://hisuaki.s25.xrea.com/hatena/41e.jpg
子供の頃よく遊びに使った「スズメノエンドウ」の実です。
いつも柔らかくて美味しそうに思っていたので、この日は持ち帰り湯がいてみました。
さて、お味は・・?
「うげ!!」(・A・)
雑草そのまんまの味でした。
後ほど調べると、中のマメだけを取り出せば炒って食べれるとのこと。
ふ~ん・・・
それにしても、セリなどが近所に生えていてうらやましい!
こちらでは、よもぎすら汚れていてしまって食べることができません。
土筆は八百屋さんで売ってます!
「先月買って来て佃煮にしました!」ヽ(・∀・)ノ

Commented by ひす at 2006-05-12 12:03 x
>アニメ
かわいい~♪すごく懐かしい感じがします。
ロシアものって小さいときに流行ったでしょ?
むいてもむいても出てくるお人形とか、おやつのピロシキとか…
そうそう、なぜか昔々の木馬座の影絵を思い出しました。
おはよう子供ショーのあれですよ!
(きっと、パルナスを連想したのだろうな~♪)
Commented by NOONE-sei at 2006-05-13 01:17
ひすさん、
ありゃっ、そちらの更新がないのでどうされたかと思っていたら、、、。
ほっと一息、お風呂にはいった感じなのですね~~?それはよかった。

お写真拝見しました。ついでに手相も。(←嘘)
こちらでもよく見かけます、「スズメノエンドウ」。今はどうかな、明日見てみよう。
食べてみようと思ったひすさんは、えらい。食べられないと思っていたよん。
山野草は、誰かに教わってはじめて口に入れるもの、自分で開拓するとは考えになかったですー。
ひすさんのところは町なのね。つくしが店頭にあるのは、見たことがありません!

パルナス、検索しました。関西圏の人は皆知っているロシア料理や菓子のお店だったのですね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4876289069/503-9522645-2049567
観水記、素敵な題名ですね。
ロシアもの、流行ったかなぁ?流行ってないような、、。
パルナスが関西で夢のケーキを売っていたから、ひすさんにはきっと
なじみ深いのですよ。
わたしがピロシキを食べたのは、ずいぶん大きくなってからです。
ゆで卵を刻んで入れたパルナスのピロシキ、食べてみたかったなぁ・・・
Commented by konnok1 at 2006-05-13 05:37
「きどい」でコメントいただきありがとうございました。
確かにこの言葉が味について使われるときに具体的にどのような意味かはっきりしなかったので、某コミュニティで質問してみています。
面白い回答があるようだったらこちらにも転載します。
Commented by at 2006-05-13 06:25 x
>「スズメノエンドウ」
こっちでは、「からすのえんどう」と呼んでます。
もっとも、子供の頃は「ぴーぴー豆」と呼んでました。
育った豆のさやを開いて、豆を取り除いて
吹くとちょうどリードのようになって音が出ます。

>きどい
 そうですね、「えぐい」とも
すこし違いますよね。
たとえば山独活なんかは
キドイものの代表でしょうか。
薄切りにして水に晒すと
水が黄色くなります。
これがキドイの素なのでしょう(笑)

一部の演歌歌手の唱も
キドイと表現されたりします(笑)
Commented by ひす at 2006-05-13 10:01 x
>食べれる野草
私は、「食べれる=柔らかくて、おいしい」、「食べれない=食べにくい、食べてもおいしくない」だと考えております。
だから子供の頃から、柔らかそうな新芽や、茎を見ると、とりあえず口にする癖がありました。
そうそう、ただ、「食べてはいけない=害がある」ものもあるので、そういうものだけは自分なりに調べていました。
ですので、自信のない菌類は怖いので、特定できても自分では採取できません。
そういや…、賞味期限を無視してものを溜め込んで食べるのも、こういうところが根っ子だと思います。
昨年頂いた「白樺羊羹」が惜しくていまだにちびちび食べていたりします。(´∀`)ゞ
>konookiさん
私たちのほうでは使わない言葉ですが、文脈からニュアンスが伝わります。こういう感覚的な表現は案外分かりやすいものですよね。
(反対に習慣にかかわる単語は、サッパリ意味が分からない時が多いです。)
>坊さん
うちにも「カラスノエンドウ」ありますよ!
スズメノエンドウよりも、もう一回り大きいので、「カラス」なんです!
その間のサイズがあれば、「ハトノエンドウ」と名づけたいな~♪
Commented by ひす! at 2006-05-13 10:07 x
うわ!
今検索したらば、「スズメ」と「カラス」の間の大きさの草があるそうです!
その名も「カスマグサ」!
「カ」ラスと「ス」ズメの間なので「カスマ!」すごいセンス!
はとの方がいいのに・・
ちなみに「カラス&スズメ」はそれぞれ「烏野豌豆」、「雀野豌豆」と書くそうです。
Commented by ひす! at 2006-05-13 10:09 x
たびたびすみません。
>坊さん
そちらの「ピーピー豆」は群馬では「シビビ」と呼ぶらしいですよ!
その言葉の意味するところは同じみたい!
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/karasunoendou.html
なんか楽しいね!
Commented by NOONE-sei at 2006-05-13 16:25
konnokさん、
わざわざお越しいただきましてありがとうございます。
そちらのHP(方言の記録)を楽しく拝見しました。
「きどい」は、わたしは味について使用することが多く、山菜を食する時が
自分としてはぴったりきます。
アクが強い→すこし強い→すごく強い これだとちょっと寂しい表現で、
苦い→えぐい→きどい  落ち着きます、ひすさんご指摘の「感覚的」に。
Commented by NOONE-sei at 2006-05-13 16:35
坊さん、
>これがキドイの素なのでしょう(笑)
それ、おもしろい!座布団三枚差し上げませう!
きどいには「キドイの素」という成分があったのですねー、ほほう。
わたしの、山菜のきどいのは、シドキの味です。
湯がくと、黒い湯になります。これが「キドイの素」なのねー。
Commented by NOONE-sei at 2006-05-13 16:50
ひすさん、
そうか、東北のわたしの方言ニュアンスがひすさんには伝わったのね。よかった。
ちっとも厳密である必要はないと思うし、私自身、ちいさいときから使っているごく自然な言葉使い。
関西になくたって、26夜は「きどい」じゃないと表わせなかったお話です。
山菜は、小さいわたしには薬じゃなくて毒に思えたですよ、きどくて。
感覚的な表現、、、そういうことなのだなぁ。

>「カ」ラスと「ス」ズメの間なので「カスマ!」すごいセンス!
ぎゃはは
その草はそんな名を付けられて、可哀想に。
Commented by at 2006-05-13 17:02 x
ひすさん、
シビビ・・・なんか面白いですね。おそらく同じ音なのに
表現の違いは、もしかすると全国にあるかも!?
岐阜ではシービービーだそうです。

セイさん、
シドキのきどさと独活のきどさは
すこし違いますよね。
きどさはないと寂しいし、あると食べられないし。
抜き方の加減がむつかしい(笑)
Commented by NOONE-sei at 2006-05-13 17:19
坊さん、
演歌歌手がきどいと鼻につくけれど、山菜のきどいには、少し肯定があるね。
清冽な香りがちょと含まれる。
>抜き方の加減がむつかしい(笑)
うむ、含蓄あることば。
Commented by ひす at 2006-05-13 17:40 x
タイムリーなことに、Hugoさんちに「アク」のよい話がありましたよ。
「りかさん」です。
Commented by NOONE-sei at 2006-05-13 17:56
ひすさん、
はい、たった今、コメントしてきましたーー♪いいお話でしたねー。
hugoさんが選ぶ文章は、いい感じね。
ところでオフ会にゆかれるとか、う・ら・や・ま・しーー。
Commented by ひす at 2006-05-13 18:50 x
>オフ会
いいでしょ~♪(´∀`)ゞ
実は家もすごく近いのですよ!
Commented by NOONE-sei at 2006-05-14 01:16
くぅ~~~っ!
どすん、ばたん。(←くやしくてあばれている)
大阪まで夜の高速バスで12時間。
名前
URL
削除用パスワード


<< 27夜 おじさんの匂い 25夜 さくらの君 >>