24夜 桜の木の下 


燃える男の赤いトラクター。なんの歌だったっけ。
散歩に出たら、赤いトラクターが田んぼの中をくるくると動いていた。
もちろん、青いトラクターだっているけれど。
その横にカラスが寄ってきては、掘り返された土から出てくる虫のご相伴にあずかっていた。

お百姓さんは忙しい。田んぼは苗代掻き、すでに水の入った田んぼもある。
四月は桃の木の手入れ、十時と三時の一服には木の下で談笑する姿があった。
桃の花も盛りをすぎ、木には緑の葉が見えてきた。五月は田植えの準備だ。

今日は暖かくて、もう春は終わって初夏になるかと思うけれど、朝晩はストーブを焚く。
山には、これから咲こうとしている桜もある。
ある場所では春が終わり、ある場所ではこれから迎える春。

「お前、この爛漫と咲き乱れてゐる桜の木の下へ、
一つ一つ屍体が埋まってゐると想像してみるがいい。」
梶井基次郎は「桜の木の下には屍体が埋まってゐる!」と言ったけれど、
わたしは、梶井が言う「惨劇」のイメージを桜に重ねない。少なくとも春の間だけは。

数えきれぬほどの苗を植え、花見に客が集まる場所の桜は人工的だ。
かたや、山にぽつりと一本植えられた桜の場所は、日当たりよく、眺めもいい。
山の斜面には、よく墓がある。あの世も良い所であるようにと、山の一等地を墓にする。
そんな場所を選んで埋めてあげたくなるのもごく自然な心。そしてお供えみたいに桜を一本植えるのだ。
ご先祖様が眠る場所には桜が咲いて、ふもとからもよく見える。だから桜の場所は極楽浄土。

梶井が、桜は屍体から出る「水晶のやうな液体」を吸っていると書く背景は、「憂鬱」。
生きている実感が得られないことの裏返し。
胸を病み、まだ二十代の若い梶井が神も仏も払いのけた、孤独で屈折した意識。

古くは死は、西洋なら神の手に、東洋なら仏の手に委ねられた。
けれど梶井は自身の手で引き受けようとした。それが近代を代表する作家たる所以。
よるべのない生は辛かろう。

梶井の言う「桜」とは、わたしには古木のしだれ桜のことのように感じられる。
ああいった不気味な桜を 山の墓のそばではあまり見かけない。
自らの根幹を裂いてしまうかと思うほど一本の幹から垂れ下がった異様な枝々を見ると、
それは千手観音ではなく、何体もの幽霊の手に見えてしまうのだ。
手入れされ、支え木で生かされているけれど、引き受ける手が本当はあるだろうか。

昨年も今年も、意識してわざと山の桜は撮らなかった。
山の桜の下には墓があり、そこは聖域のようにわたしは思うから。

c0002408_18244179.jpg
丘の上から見た桃畑。左には屋敷森という防風林も見える。
 
[PR]
by NOONE-sei | 2006-05-03 17:47 | Comments(7)
Commented by ひす! at 2006-05-03 18:32 x
梶井基次郎は私の大好きな作家です。
この桜の時期には良く名前が出てくるので嬉しいです♪(((*^ω^*)))♪
あの例のセリフ、最初に読んだのは中学の頃でしたでしょうか?
水晶のように澄んだ命の塊、それの正体は色々な命を飲み込んだ騒がしいまでの勢いのある蠢き。
そのような印象を受け、以来大好きな作家になってしまいました。
ですので、その時も今も、私には不気味には響きませんね~♪
そういうわけで、華やかに咲き誇るソメイヨシノノ咲き乱れる勢いにこそ、
私は死体の存在を感じたりして、一人悦に入ります。
同じ文章でも受け取り方でずいぶん違いますね~♪
Commented by ひす at 2006-05-03 18:34 x
追伸
「檸檬」のなかの、
なぜだかその頃、私はみすぼらしくて美しいものに挽き付けられていたのを憶えてゐる
風景にしても、壊れかかった街だとか、
その街にしてもよそよそしい表通りよりもどこか親しみのある、
汚い洗濯物が干してあったり、がらくたが転してあったり
むさくるしい部屋が覗いてゐたりする裏通りが好きであった。
(中略)
勢いのいいのは植物だけで、時としてびっくりさせるやうな向日葵があったり、
カンナが咲いてゐたりする。
このくだりは、とても大好きです。
当時やはり、「自分と全く同じように物事を感じ見ている人間がいるんだ!」
そう驚き感動したことを今でも覚えています。

長々とすみません。(=^^=)ゞ
Commented by NOONE-sei at 2006-05-03 22:09
ひすさん、
>同じ文章でも受け取り方でずいぶん違いますね~♪
ほんとうにそうですね~。
ひすさんのように桜に主体を置けば、屍は花の勢いの糧ですね。
屍に主体を置くと、養分を吸い取られるものたちは悲惨なイメージ。
その怖さに反応している人の方が多いのではないかな。
わたしの場合は、そのどちらでもないかもです。
桜はお墓のお供え物、、、みたいな捉え方かなぁ。

梶井を真っ向から受けると頭がぐらぐらしていけません。
彼は文学で憂さを晴らそうと試みた作家だとわたしは思うので、
痛ましいです、その境遇も精神も。だから、ちょっと遠巻きに見ようという感じ。
・・って言えるほど読んでないからエラソーなことは言えませんが、、、
哀しみやもどかしさや、なにか傷んだ心が伝わってきてしまって、
梶井を目をそむけずに読むのはわたしには無理でした。
たぶんひすさんとは少し違う意味で、梶井に自分と近いものを感じたのだろうなぁ。
Commented by at 2006-05-04 12:10 x
♪ 風に震える  俺の気持ちを
  知っているのか  赤いトラクタァ〜
  燃える男の  赤いトラクター
  それがお前だぜ♪
  唱/小林旭

クボタトラクターのCMソングです。
Commented by NOONE-sei at 2006-05-04 23:35
坊さん、
おぉ。サビのメロディしか浮かばないが、大男が歌っていたのね?
わたしが田んぼで見た赤や青のトラクターに、あんな大男が乗って操縦したら、
重くて沈むな。
Commented by くるり at 2006-05-05 11:05 x
小林旭は覚えてます、でもメロディは忘れました。
桜の木の下の話は、いつぞやも書いたかな、
私は引用された漫画で知ったんですね。
クランプの東京バビロンです。
もし機会があれば読んでみてください。


あとブログ再開してみました。
よろしくです。
Commented by NOONE-sei at 2006-05-05 22:05
くるりんさん、
いらっしゃい、よいニュースとコメントをありがとうです♪
無理せずのんびり、子育てのかたわらに、くるりんさん自身が楽しめればいいな、と願っています。
くるりんさんの視点が、わたしには新鮮で大切に思えます。
そして、ときにはこちらにもまたコメントくださいな。
桜の木の下の話、そうでしたね。いつぞやしましたね。覚えています。
くるりんさんがお花見に行ったときのことでしたね。
漫画の名までは知りませんでした、古本屋で探してみます。メモメモ・・・
名前
URL
削除用パスワード


<< 25夜 さくらの君 23夜 「ガメラ」、怒ってもいいかな >>