19夜 天の配剤


じいじが入院するとわに丸はおとなになる。
そのときだけでまた逆戻り、とはいえグラフは山型にゆきつ戻りつしながらわずかずつ上るんだろう。

たびたび排尿に苦しみ、早朝の病院に駆け込むことがあったじいじが、手術をした。
「この量、横綱だったね。」と、ちょびひげの医者が切除した組織の入った瓶を机に置いた。
母、西太后とわたしとで術後に説明を受けたのだが、
腫瘍肥大のメカニズムを慣れた口調で話すちょびひげは、習慣のように瓶を振ってみせた。

わに丸の何様ぶりがいよいよ最高潮になる頃、じいじが入院する。
一昨年の大病のときもそうだった。
今回は、アルバイトで人に揉まれてわに丸なりによく耐えており、少し経験値を上げ始めてもいた。
前回のような動揺は見せず、からりと明るく受け止めたのが救いだ。

手術室に向かうときに、じいじは必ず冗談を言う。
前回は、イカが好物のじいじは「イカ刺し」になって帰ると言った。
今回は何を言うかと期待していたら、ストレッチャーに載せられて「まぐろの切り身」と言った。
この明るさが、なにより救いだ。

今日も歯が痛かった。
じいじの前回の手術には、前日に歯医者で牙を研ぎ、今回は、牙を抜かれた。
わに丸の鎮まりが天の配剤なら、わたしの抜歯も偶然ではない?

明日はパブリックな集いの場でパブリックなセイになる。
18夜のように、血も涙もない、と逆説的な自虐を言ってはいられない。役割でも正義は正義。
・・じいじの名も正義。

c0002408_2223386.jpg
         庭のカタクリ

百夜話 24夜 願い
[PR]
by NOONE-sei | 2006-04-19 02:32 | 新々百夜話 父のお話(8) | Comments(7)
Commented by ひす at 2006-04-19 16:46 x
なんとまあ、セイさんに続き…
察するに前立腺?
私の義父の時とそっくりなので…
そのときも、担当の先生は慣れた口調の説明でした。
無論慣れているのでしょうが、そのあまりにも事務的で整然とした説明には、意外とこちらを落ち着かせてくれる効果がありました。
それも一つの医療なのかな、そう思えるほどに。
それと対極なのがじいじさまのせりふ。
文字通りに身を切る心遣い。(不謹慎ですみません)
その言葉でこちらを思いやるそれはまさに親心。
受け手としては感じ入るより他にはありませんね。
そういうときに、相手の大きさと、自分のサイズがよく見えてくる気がします。私は…
わに丸君も何かを感じ取っているのでしょう。
Commented by NOONE-sei at 2006-04-19 21:45
ひすしゃん、コメントありゃがとー、本日の緊張がほどけて、
すんごく歯が痛いので、また改めて明日ねーーーー。
Commented by osa at 2006-04-20 09:47 x
 肩凝りの首片栗の花咲けり
Commented by NOONE-sei at 2006-04-22 01:54
ひすさん、改めての明日が、今頃になっちゃってごめんねーーー。
お察しのとおりで、経過はいまのところ良好のようなので、すこし安心しました。
じいじの台詞、すんごいでせう?ひすさんは心遣いと書いてくれたけれど、もちろんそれもあるとは思いますけど、
これ、本気の陽気だからすごいのですよね。手術のプレッシャーが全部陽気に化けるというか。
昔は胃潰瘍持ちだったのですけど、年取ってこんな風に化けました。いいことだね!
わに丸は・・・昨日、学校をさぼりまして。こんな時に、と無理に行かせようとしたらトイレに立てこもりまして。
小学生か。しくしく
Commented by NOONE-sei at 2006-04-22 02:01
osaさん、一句をありがたう。
返句をと今日はずっと考えていたのだけれど、わたしは創作力がないのだなぁ。
 頭痛かたくり家事親爺
頭痛と歯痛と肩こりに苦しんだ二日間。
∴お返事がおそくなってごめんね。
Commented by osa at 2006-04-22 22:10 x
頭痛かたくり家事親爺

……面白すぎです。
Commented by NOONE-sei at 2006-04-23 22:13
あらら、面白かったとは!
osaさんの回文にはかなわないけれど、
親父じゃなくて親爺というのがミソでありました。
今日のわたしはずいぶん元気ですよん。
名前
URL
削除用パスワード


<< 20夜 ご褒美に花見 18夜 噛みしめる >>