12夜 さよならをもう一度


『十二夜』はシェイクスピアの恋愛喜劇。
双子の兄妹が海で嵐に遭い辿り着いた港で、周囲からの人ちがいから起こる騒動。
男装した双子の妹に、それと知らずに恋する姫、姫に恋する公爵、公爵に恋する妹、、、。
恋は縺(もつ)れるけれど、双子の兄が生きていたことでお話はうまくまとまり、めでたしめでたし。

日本の古典の世界にも、兄妹が入れ替わる『とりかへばや物語』が。
ある平安貴族が、性格の正反対の兄妹を「取り替えたいなあ」と嘆き、兄を「姫君」、妹を「若君」として育てる。
それぞれが性を偽りながら出世までするのだが、妹が恋をして密かに出産を、、、。
苦悩の末、やがて二人は周囲に悟られぬよう互いの立場を入れ替えて、めでたしめでたし。

男性と女性が入れ替わるという非現実的な設定には、奇妙な面白さがある。
男装の麗人は、凛として前向きな、擬似男性というあこがれの対象のイメージがあるが、
女装の麗人(?)には、ちょっとたじろぐ。擬似女性といえば確かにそうなのだが、
姿よりも会話の妙味で、どこか人の等身大を引き出す天性のものがあって、
自分の愚痴を肴(もしくは餌)に、人から思わぬ本音を釣り上げながら不快感を与えない。

女装というと、ずいぶん昔観た学生演劇で『ハメルンの鼠』(作・唐十郎)を思い出す。
そのときの女装した登場人物には悲哀や可笑し味(おかしみ)があった。
そのせいか、以後、ニューハーフと呼ばれる女性以上に美しい男性を目にするようになっても、
やっぱり『ハメルンの鼠』を思い出す。

中世ヨーロッパの『ハーメルンの笛吹き男』はこんなお話。
ネズミに悩まされていた村ハーメルンに、鼠捕りと称する男がやって来た。
村は男にネズミ退治を頼み、報酬を約束した。男の笛の音にネズミの群れは惹き付けられ、
そのまま男は川に向かい、ついて行ったネズミを残さず溺れさせた。
ネズミが退治されたのに、ハーメルンの人々は約束を破り、報酬を支払わなかった。
笛吹き男は黙ってハーメルンを出たが、やがて戻って来て、再び笛を吹き、
子供達を村から連れ去った。子供たちは笛に合わせて踊りながらついて行ったという。
・・めでたしめでたしじゃない。

この『ハーメルンの笛吹き男』を下敷きに書かれた戯曲『ハメルンの鼠』では、
底辺の人々を追い払うために雇われた男が、女装して一人の女に近づく。
切なく懸命に不器用に生きる女に、好意を持つほどに本当のことが言えない男。
やがては雇い主に追い詰められ、女には偽りが露見する。
けれど、裏切りを決意して男は女を連れて逃げようとする。
ゆく手には、ちっぽけな希望が待つのかちいさな未来があるのか。
越えるべき果てには、大きな河が横たわっているが、それでも渡ろうとするふたり。
・・やっぱりめでたしめでたしじゃない。

越えるべき困難の象徴に、河を描くのは唐だけではない。清水邦夫の戯曲もそうだったように思う。
何かに阻まれ、傷だらけで息も絶え絶えになりながら、いやすでに先には死しかないのに、
それでも見せる、新天地を目指すカタルシス。
それまで外界とは布一枚で隔てた舞台だったのに、最後に後ろのテントが一気に開いて、
お芝居事と、現実の世界が突然出遭わされる唐の演出。
蜷川幸雄の演出で泉鏡花を観た時にも、テントではなく立派な劇場の後ろの壁が開いて、
唐とまったく同じ演出を観て、出処(でどころ)は同じなのだと思った。
蜷川というと、シェイクスピアや心中物というイメージがあるけれど、
蜷川が、劇団という枠を超えて芝居を初上演したときに戯曲を提供したのが唐だったという。
時代性もあったのだろう、当時テントの公演が多かったけれど、蜷川は大きな劇場で演出した。
出処、出発点には、はなむけのように贈られた数作の、蜷川のための戯曲がある。

誰かのための、というと、劇団「第七病棟」がある。
唐作品の蜷川演出『盲導犬』初演で石橋蓮司と緑魔子が、共演をきっかけに旗揚げ。
初演が、前述の唐作品『ハメルンの鼠』。
わたしはまだ小娘だったので、この初演どころか芝居も知らず、ぼんやり暮らしていた。

この戯曲『ハメルンの鼠』は、ふたりのために書かれたものだと思う。
劇中、女になりすました男が、男をすっかり女だと思っている女を励ます場面がある。
女が好きな人にふられた後だったのか、ふられないための指南だったのか、
一度しか観ていないので記憶が曖昧なのだけれど、
さよならをもう一度という映画で、アヌーク・エーメが歌うのだという。
 「ららら~ ららら~ ららら~ ららら~」
もう一度、もう一度、ってせがんだら、、、さよならなんて、永遠になくなる ・・・
いかつい石橋蓮司が、消えてなくなりそうな緑魔子に懸命に語るさまが、映像で浮かぶ。
・・「さよならをもう一度」、その映画にアヌーク・エーメは出演していないんじゃないか?

もう一度、もう一度「第七病棟」の『ハメルンの鼠』を観ることができたなら、
本当の台詞で確かめられるのに。


おまけ 唐十郎教授
定年で横浜国立大学を退職する唐の最終講義、こちらも「さよならをもう一度」か
[PR]
by NOONE-sei | 2006-03-30 02:20 | 趣味の書庫話(→タグへ)


<< 13夜 お花見それともお月見? 11夜 いい夜なんだから >>