73夜 錦の刺繍


紅葉の秋を錦秋、錦繍と言うとか。

もうすっかり秋は姿を変えて冬の入り口だ。
紅葉、黄葉、落葉前の樹木の葉が染まるのを愛でる、
紅葉狩りは十月からせいぜい十一月の初めあたりまでだろう。

昨秋は、だれかが「もみじ狩り」を「こうよう狩り」と言って笑わせてくれた。
紅葉(こうよう)は、今でこそ赤いモミジを思うけれど、万葉の頃のそれは黄葉。
紅葉が紅葉を意味するようになったのは平安の頃だという。
そして、指のように五つにくっきり裂けた紅い葉を指し、特にモミジと名づけているけれど、
紅い葉のそれらはカエデ類。ほかにも紅い葉になるのは、わたしの苦手なウルシ科の落葉木。

小さい頃、春の芽が萌え出す頃に山を歩くと、触ってもいないのに顔がかぶれて、
ぼた餅のような顔に病院で薬を塗られ、包帯でぐるぐる巻きのミイラ男のようになるのが嫌だった。
わたしはどれがウルシの木なのか、今も見分けられないので、山に入ると植物にはめったに触らない。
父が言うには、山菜のタラの芽とウルシの葉はよく似ているのだとか。

この秋、渓流沿いに渓谷を歩き、山に登って色の森の中を歩いた。
磐梯朝日国立公園に、安達太良も吾妻も磐梯山もある。
磐梯山のふもとの渓谷までは家から車で約三十分。中津川渓谷という一級河川。
川には岩魚が泳いでいた。
父に教わって、岩魚(イワナ)と山魚女(ヤマメ)の違いを初めて知った。岩魚の胸ビレは白い。

その日は行楽日和で、観光バスや県外からの車がたくさんあり、
山行きのいでたちの旅行客が上を見上げ、景色を眺めながら大勢歩いていた。
けれどだれも川を覗き込まない。
立派なカメラを携えた一団が山道をそれ、日光の差す美しい葉と葉の重なりを撮影していた。
先生と呼ばれる男性に、カメラを向ける位置を指導され、ひとりが驚嘆の声を上げる。
「世界が違うわ!」
けれどだれも苔の生えた地面に落ちた葉を見ない。

ひととおり歩き終え駐車場に戻ったら、何故だろう、カメムシが地面を数えきれないほど歩いていた。
父の母、わたしの亡くなった祖母の強烈な思い出が蘇った。
 家の中にカメムシがいて、触ろうかどうしようか迷ってわたしがじっと見ていたら、
「セイ、こんなものはこうするんだ。」
ぱっと掴んでぱくっと口に入れ、あむっと噛んでぺっと出した。
カメムシは触ると臭い。いつまでも手には臭いが残る。それを婆ちゃんは噛んだ!

戦後、満州から家族全部を連れて無一文で引き揚げた祖母にとって、
虫一匹をじっと見るわたしが、どれほど不甲斐ない子供に見えたことだろう、と今になって思う。

c0002408_23185179.jpg
山道には苔が生えている。滑るから足元に気をつけて歩く。

c0002408_23153397.jpg
渓流。岩魚は流れに逆らって泳ぐ。

c0002408_23154819.jpg
中津川渓谷を山から見る。この渓流に沿って歩いた。

c0002408_23183617.jpg
渓流の足元にはこんな落ち葉が。

c0002408_2315184.jpg
むこうの山は磐梯山。頭だけがちょこっと。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-11-15 23:51 | 新百夜話 父のお話(4) | Comments(13)
Commented by osa at 2005-11-16 09:10 x
甘露のような色
おいしそうな空気
Commented by NOONE-sei at 2005-11-16 09:49
osaさん、
たった今、osaさんのところでコメントし、駄洒落の連打に笑って戻ったら、
コメントをいただいていてびっくり!おんなじ時間に互いのところに居た、って
なんだかとっても不思議だーー。

osaさん、山がお好きですか?
小さな山でも、どの季節でも表情があって、川の流れも
方丈記じゃないけれどとどまるということがなくて。
近くに住んでいることのありがたさを思います。
空気もおいしい、そして甘露は、色のみならず「甘露の水」です。おいしいよ♪
Commented by くるり at 2005-11-16 10:33 x
以前、会社の一つ下の子が、友人たちの前で「紅葉狩り」と言って笑われたという話を思い出しました。
そんな言葉は無いって言われたんですって。
笑った子達も今の時期には愛する人と行くだろうに、紅葉狩り。

ちなみにうちの旦那は風流とは無縁の人なので興味ないようです・・。
Commented by at 2005-11-16 21:15 x
たらの芽と漆は確かによく似ています。
真っ先に紅葉するのは漆か櫨の木。どちらもかぶれます。
でも、私は山歩きをしてもいっこうにかぶれる気配はなく、
やはりツラだけではなく、全身厚皮であったか。

2年前まではこの季節紅葉に囲まれて仕事をしていたが、
この時期は追い込みであるうえに、霙まじりの
時雨に悩まされ、それどこではなかった(笑)
Commented by NOONE-sei at 2005-11-16 22:11
osaさんに、もいちど。
わたしったら何を言ってたんでしょ。
> 甘露は、色のみならず「甘露の水」・・・
あとで考えてみたら、甘露っていったら、水のことですよねぇ、、、。
かんろかんろ、かんらかんら(照れている)
Commented by NOONE-sei at 2005-11-16 22:37
くるりんさん、
> 笑った子達も今の時期には愛する人と行くだろうに、紅葉狩り。
ん~~、いいなぁ、このお姉さんぶり。素敵♪

ごっちゃんさんって、車が好きじゃなかったですか?
風流は興味なくても、風の中をドライブするのには、興味あるかもですよん。
信号、無いですから。
横浜・品川・野田・千葉・習志野・・・こういうナンバーの車、たくさん来てました。
きっと運転が気持ちいいのでせうねー。
Commented by NOONE-sei at 2005-11-16 22:48
坊さん、
かぶれないの?抗体があるのか!
漆職人にもなれるではないか。すごいな。
表皮が全身に二センチ厚くおおっているのね、きっと。
ふっくらしている理由がわかったよん。(?)

おお、山時雨、、情緒ある~。と言えるのはのんきな外野♪
Commented by osa at 2005-11-17 00:36 x
あんまりお写真がすてきなんで、ぼくも今日撮りにいきました。
仕事前に山登ったりして…
Commented by NOONE-sei at 2005-11-17 23:34
osaさん、
ほめられて嬉しいです。そちらでもご紹介くだすってありがとう♪
手近治虫に登ったというけれど、いいところぢゃありませんか。
仕事前に一仕事って感じで山に登っちゃうの?やるなぁ。
十六羅漢さんの陰影が素敵です。
あらら、これ、ほんとはそちらでコメントしなきゃいけないのに。
でも照れくさいからこっちで言っちゃった。
Commented by yamagoya333 at 2005-11-18 02:57
きれいな景色じゃがいも!
いいか、にんじん!
行ってみたななかまど!

坊さん
おらも、ちっともかぶれんどぉ。
今年は、黄櫨の実を集めて、和蝋燭作りに挑戦してみようかなと思っておりやす。
アドバイスがあれば、よろすく!
Commented by NOONE-sei at 2005-11-18 22:44
さくらさん、
こちらの山は、雄大なのではなくて、変化に富んで起伏だらけでありんこ。
来てみたくなったでせうゆ?
ところで、スルメとにんじんで、郷土料理いかにんじんというのがありまーす。
松前漬けの、昆布抜きで甘くしない素朴なバージョンみたいな感じです。

じゃ、かぶきもん同士(←ヒドイこと言う)ということで、あとは坊さんにバトンタッチ♪
Commented by at 2005-11-19 22:18 x
うむむ、yamagoya様、私も和蠟燭はよくわからないのですが、
和蠟燭の本場は実は九州にもあって、
http://www.adsccat.co.jp/kumamoto/siranui/spain/05.html
だそうです。yamagoya様のところからはすこし遠いでしょうか?
ちなみに、百目蠟燭のように太い蠟燭は、外側が溶けずに次第に灯が埋もれてきますので、なぜかロウが溶けたくぼみを「塩」で埋めているのを見たことがあります。どんな効果があるのでしょうかね?
  逆に蝋が溶けて灯芯がのびてくると、炎が大きくなってしまうので、光量調節のため、のびた芯を切らなければなりません。「芯きりばさみ」なんかあると、雰囲気が出ます。
Commented by yamagoya333 at 2005-11-24 02:10
坊さんへ
ご指導ありがとうございました。
ご指摘の通り、九州は「黄櫨」の多いところです。
江戸期には、各藩が櫨の植樹を奨励しています。
大分の山奥の小藩の財政は「黄櫨」で得るところの収入で賄われていたと言われるほどです。もちろん、蝋が出来るのを待つまでもなく、商人に何年過分の抵当として押さえられていることだったようです。
ぼちぼちやってみます。ありがとうございました。
名前
URL
削除用パスワード


<< 74夜 一隅 72夜 みにくいアヒル劇場 >>