58夜 愛を育む


誰かがくれたお題で、誰かの為にお話を書く、そういう時があってもいい。

声にして呼びかけるというのは、大切なこと。
思っているだけじゃ伝わらない。
以心伝心?あ・うんの呼吸?
それもいいけど、惜しみなく声を投げかける時があってもいい。たまにはね。
言葉じゃなくて、声よ、届け。

くるりんさんからの依頼   ----------------------

   *いただいたお題は *育む*
世の中には姉妹のように仲のいい母子がいます。
お母さんが大好きな娘がいっぱいです。
ところが、わたしは母が嫌いでした。
愛することに不器用な母と、愛を感じにくい子を よくも神様は組み合わせたものだと、
大きくなるまで、ずっとそう思っていました。
わたしが生まれたことは、親の負担ではなかったかと自分を責め、
生まれたことが疎ましく、生きることを持て余していました。
褒められたいのに、褒められたことがない、
大好きだよ、と言われたいのに言われた事がない、
届いてこない声を ずっと待っていたような気がします。

ひとはひとに育てられるのだけれど、
たとえば赤ん坊などは、ひとりでは生きられないのだけれど、
大きくなってからは、でこぼこで穴だらけの幼稚な精神を 
自分のちからで育んで埋めていくということもあるのですね。

大きくなって、愛の言葉を声にして、
自分が欲しかったその声を いっぱいいっぱい惜しまずに投げかけているうちに、
わたしはお母さんになったのだと思います。

子供が大嫌いだったわたしは、嫌いとおんなじ分だけ子供が好きになりました。
ずっと子供でいればいいのに、急いで大人にならなけりゃいいのにね。
子供って、自分のことは憶えていなくて、ひとに思い出をくれる生き物です。

だいじょうぶ。
今でも母のことは苦手だけれど、まあいいか、とやりすごせる日々です。

   *わたしがイメージする言葉は *福音*
実はわたしが生まれた日に、これを書いています。
ひとがこの世に送り出されることには、きっとなにか意味があるのでしょう。
赤ちゃんはみな、神様の庭でまだ見ぬお母さんと約束をしてから生まれてくるのだから、
あなたもきっと、そのなかのひとりの赤ちゃんに訊いたのです。
「あなたを産んでいいですか」
「いいですよ」・・そう答えた赤ちゃんの声が、聞こえるような気がしませんか。

   *くるりんさんへ
わたしの書くお話に、別世界に連れて行ってくれる、と言ってくれてありがとう。
わたしのほうこそ、あなたに届けたい声があります。
「たくさんのひとがあなたを愛しているよ」
わたしのブログには、くるりんさんファンがいること、知らなかったでしょう?
わたしもファンのひとりです。

そして願うよ。
おなかの赤ちゃんがたくさんのひとに愛されますように。
赤ちゃんがあなたに、たくさんのしあわせをくれますように。
これから逢える赤ちゃんを 待っているあなたが世界でいちばん綺麗な妊婦さんです。
  
   *あなたからいただいたバトンは、、、
あなたへのメッセージを書くために受け取ったので、
もう、ここで行き止まりにしてもいいですね。             
                                                 セイ拝

イメージバトン
1、くるりんさんからのキーワード「育む」
2、自分がイメージしたキーワード「福音」
3、くるりんさんへのメッセージ
4、バトンをまわす人
[PR]
by NOONE-sei | 2005-10-10 22:39 | Comments(12)
Commented by sakura-yamagoya at 2005-10-11 00:59
字育 ‥ 乳を飲ませて、はぐくむこと。いつくしみ、育てること。

                    (隠れ くるりんファン 11号)

 
Commented by くるり at 2005-10-11 10:28 x
ありがとうございました。
会社で読んでいたのに涙が出てきてしまいました。
(またセイさんに泣かされた~)
まだ産まれてもいないのに、私もお腹の子も本当に幸せな子です。
Commented by NOONE-sei at 2005-10-11 11:05
さくらさん、
>隠れ くるりんファン 11号
あはは、ここにも居た、くるりんさんのファン♪
嬉しいなぁ。
Commented by NOONE-sei at 2005-10-11 11:10
くるりんさん、
えへへ。こんな機会でもないと、照れくさくて言えなかったりする気持ち、
書かせてもらっちゃいました。
姉妹がいないせいかな。あなたのことを思うとあったかい気持ちになるよ。
Commented by assimilate at 2005-10-12 04:06 x
いろいろリンクをして、IN THE WOODSさんのところから来ました。初めまして。
あまり人のサイトは覗かないのですが、なにか心暖まる言葉が多く、コメントを残します。
僕にはもう成人した子供が二人います。一般的な父親としては失格なのですが、子供を愛する気持ちは、みなさんと同じです。
しかし子供と多少の確執はあります。 親の責任ですね。
また遊びにきます。
Commented by NOONE-sei at 2005-10-12 16:15
アッシュさん、初めまして。
よく来てくださいました。コメントを頂けたことが、こころから嬉しいです。
うちは高校生の男の子がひとりです。ああすればよかった、こうすればよかった、と
いまだに親業は新米のまま、わたしは恥ずかしいことばかりです。
愛する気持ちはいっぱいなのにね。

こんな風に考えるのはどうでせう?
子供は初めて子供になってこの世に生まれたけれども、
親のほうにしてみても、考えてみればこの世で初めて親になった。
どちらも初めての、手さぐりですもの、多少の摩擦はありますよね。
振り返って、ユーモアにできたらいいなぁ。

どうぞ、またいつでも遊びにおいでくださいな♪
Commented by アッシュ at 2005-10-12 21:37 x
>またいつでも遊びにおいでくださいな♪ ..と言われて、調子にのって遊びに来ました。アッシュです。
普段子供と話すんですが、「子供は親の背中を見て育つんじゃ」なんてエラそうな事を言うと、「だから、うちら、こうなんじゃ」って叩かれます。カミサンにも「そんな背中を見せてちゃダメね」
って。笑 やっぱ、子供とは面と向って正面から付き合うべきですね。
Commented by NOONE-sei at 2005-10-13 00:24
アッシュさん、ようこそです♪
あのー、すこしボケたことを言っていいですか?
アッシュさんのコワもてと正面から向き合って付き合ったら、コワイかも、、。
アッシュさんは猫背ですか?>そんな背中を見せてちゃダメね

うちなぞは、子と向き合おうものなら暑苦しがって、話をそらされちゃうー。
話してくれるだけ、ましですよー。
Commented by アッシュ at 2005-10-13 05:07 x
僕、コワクないですよ〜。子供達になめられてます(笑)
ずっと音楽優先で生きてきたので、父親像としては、子供はあまり実感ないのかも。友達みたいに話してます。
あ、ちなみに猫背です。ナンパな親には硬派な子供・・とか言いますが、うちの子供はやっぱりナンパです。汗
Commented by osa at 2005-10-13 11:04 x
セイさん、どうも。
うちのドラちゃんがおじゃましているようで…
実物はなかなかチャーミングなんですよ。
ぼくのブログに彼の写真貼っておきましたから、笑ってください。
因みにぼくはそうとう危険な人相でございます。
Commented by NOONE-sei at 2005-10-13 11:19
アッシュさん、ホントにコワクない?
猫背の背中!あははは。当たった。
ナンパ親子、、、なんか、ちょっとイカすかも。もう成人していれば、
親子で飲みに行くこともできるだろうし、うん、いいかもです。
コワクないと伺って、胸をなでおろし、急にタメグチをきくセイでございました。
Commented by NOONE-sei at 2005-10-13 11:31
osaさん、どもです、いらっしゃいませ♪
そうなのです、osaさんのところでわたしのブログに触れてくだすったので、
猫背のドラちゃんが遊びに来てくれました。
そちらでのお写真、幻想写真館じゃなかったですかぁ?くすくす。
osaさんもコワもて?
だいじょうぶ、叔母上と同じ名の「セイ」には、逆らえまい!?

安達太良山、うちからはいつでも見えるのですよ。
温泉もいっぱいです。赤、白、ぬるぬる透明、臭いの、、、効きそうなのが
よりどりみどり♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 59夜 親と名のつくもの 57夜 金瓶梅 >>