100夜 百まで生きて


吾妻山に初冠雪があった。
山の鮮やかな錦繍(きんじゅう)も平地に降りて、街の紅葉も終わり、数日前にこの地では初雪が降った。
家はこたつを出して久しく、火の使えるストーヴにはやかんを乗っけ、鍋を載せ、煮込み料理を始めている。

今夜は「王様の千と線」の目出鯛100夜。
生ってなんだ、死ってなんだ。それを綴り続けて六つ目の100夜を迎えた。
死がころりと転じて生のおかし味となるようにと願いながら。
わたしの100夜はいつもそのようなおはなし。
思えば遠くへ来たものだ。

春だったウェブログが、冬の始めのウェブログになった。
久しぶりだね。

春は庭が花々で賑わったよ。
草むしりも追いつかないほど雑草の勢いと追いかけっこをした。
春眠暁を覚えず、夏眠は暁とともに目覚めるので、早朝に草むしりをしていたら
グーグルのカメラを屋根に付けた乗用車がすいーっと走っていって、
こんな鄙びた田舎道もいよいよ画像になるのかと驚いたりした。

夏には美味い桃を食ったよ。
畑ではミニトマトの生(な)りがたわわ、優等生のハナマルだったので、ドライトマトも作ってみたよ。
ナスやオクラやピーマンの花はたいそう可愛かったし、
毎日少しずつ実が生るというのも趣きがあってよかった。
しかし今年の夏は体温を越えた気温の日々が続いて厳しかったので、野菜は生るのがさぞ辛かっただろう。

虫にもたくさん会ったよ。
あちこちでセミの抜け殻も見つけた。少女の頃に瓶にたくさん入れて集めたという友人がいた。
カマキリの小さいのから大きいのも見た。腹をつまんで近くで見たら鎌を振り上げたいそう怒った。
ところで蟷螂(とうろう)って漢字は虫虫して目にも蟲っぽいけれど、
きっと虫じゃなくてコウモリだと思っていたらこれがカマキリだった。
コウモリのほうは蝙蝠と書く。なんだこっちも虫虫している。
カマキリの泡あわした卵を見つけたら、これがその年の雪の高さになるんだと教わった。

虫じゃないけど、おそらくもう冬眠しただろうから安心して報告。
今年はほんとうに久しぶりに長いものに出くわさずに済んだ。
庭の空池のそばに抜け殻だけは見つけてしまって、秋になるまで池には近づけなかったけれど。
その抜け殻は、千切って財布に入れるという友人に押し付けた。
この抜け殻というものは、なんと数えればいい?一本二本?それとも一体二体?
殻(空)になってぴらぴらしたものに一匹二匹と言うのは、なんだかちょと違うような気がする。

明日から十二月。
明日からは本格的な冬だから、十一月最後の今夜は滑り込むようにして秋の食事のお写真を載せてみるよ。
冬の長いこの地では、春や秋に採った山菜を塩漬けにしておいてその塩を使う毎に抜いては食する。
季節をなぞりながら思い起こしては大切に口に入れる食の豊かさ。
どうぞお写真を楽しんで、食を楽しんで、百の生(せい)を生きて。



c0002408_213864.jpg
吾妻小富士は花嫁の綿帽子をかぶっている。



□山の山菜料理店 2012年秋の写真保管庫より
c0002408_2143061.jpg
キノコや木の実や山菜を保存している。


c0002408_2185771.jpg
白いのは白身の魚じゃなくてキノコ。


c0002408_22014100.jpg
山菜とイチジク。軽く燻製にした魚がちょこっと。


c0002408_221217.jpg
赤いのは肉に見立てたキノコ。


c0002408_2221565.jpg
白いカボチャと赤いカボチャ。


c0002408_223758.jpg
山のものや薬用人参の天ぷら。


c0002408_2274179.jpg
温かい椀物と柿のサラダ。


c0002408_2292180.jpg
根菜汁と塩に漬けておいたシソの実飯と漬物。食後に梨。




     
---------------------commercial message by Excite Japan Co., Ltd.--------------------------
[PR]
by NOONE-sei | 2015-11-30 11:57 | Comments(3)
Commented by ひす at 2015-12-10 16:05 x
こんにちは!
お久しぶりの更新、嬉しさと、ちょっとばかりの懐かしさも手伝って、
じっくり何度も拝読しました。
で、お料理のお写真は、これまた何度も拝見。
牛が反芻するみたいに。
さすがに山の料理!
キノコの使い方が絶妙ですね。
しかも種類が豊富!
こちらだと、シイタケ、えのき、しめじ、マイタケ、ナメタケくらいしか出てこないのに、
そちらは本当に、それこそ色とりどり!
(赤色なんて!)
キノコって木ノ子と書くように、それぞれ生える木が決まっていたりするから、
それだけ種類豊富で豊かな森があるってことなんでしょうね。

また春夏の生命の息吹もすごかったようで、
読んでいても、むわっと湧き上がる、土と草の匂いを感じました。
それこそ、地の持つ生命力ですね。
で、今は落ち葉。
そしてこれからは、その落ち葉が雪で覆われ、地熱で醸され、
次の季節のために養分にとどんどん変わっていくんでしょうね。

これもある意味、「死がころりと転じて生のおかし味」の一つでしょう?

というわけで、100夜おめでとうございます。

妖怪百物語なら、コkド絵ろうそくを吹き消すと、
様々なもののけが出てくるそうですから、
こちらの100夜を読んだ今晩、ろうそく消したら美味しいお料理出てこんものかな~♪

ちなみに、アレの抜け殻は、一枚二枚と数えてます。
で、話はずいぶんそれますが…
あれも含め、昔は人魚と鳥獣以外の生き物はすべて「虫」の範疇だったので、
反対に名前に「虫へん」のついている生き物は、海山問わずすべて「むし」の仲間だったんですね。
で、蛤や蛸なども「むし」であったことから、
獣を食することに抵抗のあった人たちも、むし類についてはそうでなかく、
地域によっては普通に様々なものが食べられてきており、
その地域限定的なものがいまゲテモノ扱いされるものなんではないかなとか?
とか思ったりもしております。
そういう意味で蝙蝠も「むし」なんですよ。

Commented by ひす at 2015-12-10 16:06 x
訂正です。
>妖怪百物語なら、コkド絵ろうそくを吹き消すと、
→妖怪百物語なら、ここでろうそくを吹き消すと、

>あれも含め、昔は人魚と鳥獣以外の生き物はすべて
→あれも含め、昔は人・魚と鳥獣以外の生き物はすべて
Commented by NOONE-sei at 2015-12-18 02:52
ひすさん、おばんです!
かよちゃんの誕生日おめでとうさんです♪

お、懐かしさ?うん、このいつもの語り口は久々だったかもしれない。
ただ季節の移ろいや風情をだらだら書くのって、じつはとても収まるというか
毎度同じことを書いているような気もするのだけれど自分の中ではいつも新しくて、
頭と手(キーボードの上の手)がよく繋がるんです。
いつも読んでくだすってありがとうです♪

きのこ、肉や魚のような肉厚の食感を味わわせてあげたいです。
名前も生える木もわからないの~。運よく農協の産直所で見かけることができればね、送って差し上げたい。
いつぞやのマコモダケみたいに(きのこじゃないけど)、ひすさんの好奇心を刺激するものを
なにか見つけたいなと目論んでおるです♪

というわけで、やっところりと転じることができましたよ!
100夜のおつきあいに感謝します。
そして100夜らしく(どこが?)蟲蟲したおはなしになりました。あははは
>あれも含め、昔は人魚と鳥獣以外の生き物はすべて
→あれも含め、昔は人・魚と鳥獣以外の生き物はすべて
わたしは、「人魚」にとてもときめいたのでした♪
ちなみに、こちらではいつも「いなごの佃煮」は手に入ります。
名前
URL
削除用パスワード


<< 1夜 「寒さも忘れる人と、冬を... 閑話休題その弐 秋だから >>