95夜 はなくそ


やっぱり書きたいことがいっぱいあるよ、どうしませう。


今夜のおはなしは獣にまつわるあれこれ。

テン コ の鼻にはいつもはなくそがついている。
いや、本当のはなくそじゃない。
黒い色素が歯茎や唇にぽちぽちあちこちについている。
その色素が鼻にひとつあったのが、四歳近くになったら正中線上にぽちっとはっきりしてきた。
それをわたしははなくそと呼んでいる。

シワ コ は見た目には黒い色素はなかった。
でも、口をあけると舌に黒い舌斑(ぜっぱん)があった。
これがあると気が強いだとか癖っ気があるだとか気質的には多少問題傾向があるらしい。
たしかにシワ コ はきかない女だった。
気性が激しいことをこの地ではきかないというんだが、これは共通語か?

シワ コ がいなくなったら、ペロ コ が急に何に目覚めたのだか、わたしの御付きの者になった。
いつもわたしを目で追ったシワ コ とは違い、どこに行くにも家や敷地をくっついてくる。
しかも動線上にくっついて歩き振り向くので、わたしはペロ コ を踏みそうになったりつまづいたりする。
だからわたしはペロ コ を「御付き」と呼び、王様は「動線上のペロ コ 」と呼ぶ。
言わずもがなバッハの『G線上のアリア』である。

王様はテン コ は年を経るにつれシワ コ に似てきたという。
きかない。家族以外には触らせない。ずいぶん慣らす努力をしたのだが。
シワ コ は誰に触られてもよいようにしつけ、実際誰に触られても従順だったが、
家族以外に触られるのを本心では好まなかったし腹も見せなかった。
ペロ コ は誰にでも触られたい。
家に人が来ると、その膝によじ登り丸くなる。大型犬なのに。
ちかごろは、もし口をきいたなら敬語を使うことを覚え始めているのではないかと思えるふしもある。

介護の休みをもらえた日中は、わたしはほとんどでかけない。
昼まで家のことや庭のことをこなして、午後からは自分のためにちょっとしたつまみを整え、
明るい背景音を選び、グラスにワインを注いで本や漫画を読む。
そのうちに日々の疲れが顔を出し寝てしまう。
すると足元にテン コ が丸くなり、わたしの隣でペロ コ が丸くなる。
時には獣たちがもっと近くで寝てしまい、鼻息寝息がわたしにかかることもある。
母が帰るまでのほんのひとときだけれど、幸せで贅沢で大切なひとりの時間。

時々訪れる幸せな時間もある。
弟のような男友だちが、互いに休みの日が合うと自分の作った料理をメールに貼付してくる。
これみよがしに、どうだとばかりに、たとえばオーブン料理とワインの瓶とグラスも写っているので、
わたしはわたしで愛情たっぷりな皮肉でエレガントに返事を返してやる。
彼は娘が進学して上京したので今は猫と暮らしている。
わたしたちは休みの日が合っても、まずめったに会うことはない。
ひとりの時間を大切に過ごしているのだな、とわかればそれでいいんだ。

ところで猫というものはたいへんに綺麗好きでおしゃれで、いつも身づくろいをしている。
けれども目やにを自分で取るということができない。
テン コ が、シワ コ には取らなかった生意気な態度をペロ コ には取ることがある。
いつも我慢しているばかりではないが、ペロ コ のほうがテン コ に比べたらずっと心優しい。
ペロ コ も自分で自分の目やにを取ることができないけれど、でもペロ コ は目やにだけだ。
テン コ は「目くそ鼻くそ」じゃないか。




□わたしに幸せをくれる獣たち
c0002408_2192159.jpg
ペロ コ 、ついさっきまで寝てたね?
向かって右のまぶたの上に目やにがあるよ。


c0002408_219382.jpg
テン コ 、鼻のまんまん中にはなくそをつけちゃって。


c0002408_2195691.jpg
どちらの獣もなにか目で言っているにちがいない。


c0002408_2201781.jpg
せっせとペロ コ を舐めてやることがあるテン コ 。


c0002408_2203631.jpg
はい、おやすみなさい。




□もうひとつの幸せ
時々、近所の馬たちにおやつをやりに行く。
c0002408_2403658.jpg
このお写真はイメージだけ。
外乗といって、乗馬レッスンではなく松林の中を馬に乗って小一時間散歩しに王様とたまに行く、その牧場の馬。

c0002408_240554.jpg
こちらが近所の馬たち。
そこは農家の人が道楽で飼っているだけかと思ったら、ちゃんと乗馬クラブで、
浜通りの相馬野馬追いという由緒ある伝統行事にも出ていると、おやつをやりに行って初めて知った。
それが数年前、鞍もつけずに裸でうちのほうまで脱走して散歩に来ていたとは。

c0002408_2411317.jpg
おやつはかごの中のニンジンと葉っぱ。
近所のおじさんで、王様の「畑の先生」のひとりが時々立派な野菜をくれる。

 
[PR]
by NOONE-sei | 2014-11-30 23:52 | Comments(4)
Commented by ひす at 2014-12-01 16:18 x
こんにちは。
久々にそちらの子たちのお話を聞け、そして姿を拝見でき嬉しくなりました。
どちらも仲が良くてうらやましい!
(うちなんて、猫=襲うもの、犬=襲われるもの、という構図が出来上がっちゃったようです。)

毎日いろいろとお忙しそうですが、オフの日の過ごし方はさすが!
まさに充電ですね。
じっくりゆっくり、重んでんしないと、急速充電はかえって疲れますからね。
ヽ(^∀^)ノ
Commented by ハクママ at 2014-12-13 04:52 x
セイさん、ご無沙汰してます。

獣たちの寝息を横で感じながらうとうと。
これって幸せそのものの時間ですね。

テンコちゃんの目が琥珀色だって、
今頃になって気づきました。
ペロコちゃんはフレンドリーなまま、
大人になったのね。
やんちゃなペロコちゃんを見ていたから
この穏やかなレディは誰って思ったわ(笑)

こちらはクールを気取ってるひとり息子だけに
なったので、獣たちの寝息を感じながら
うとうとする贅沢ができませぬ。しくしく。

でもね、13歳にしては
散歩のとき、目をキラキラさせて、
「早く、早く」と催促するのでちょっと嬉しい。

お忙しいでしょうが、
うまくこういう時間をとって
息抜きをしてくださいね。
王様にもよろしくお伝えください。

Commented by NOONE-sei at 2014-12-25 03:49
ひすさん、
メリークリスマスです!
つくづくとねぇ、優しさや幸せについて思うのですよ。
人間らしい情感を感じていられるのは獣たちのおかげではないかと。
それで日頃の感謝を込めて犬猫写真を『More』に伏せずに大サービスで載せてみましたん。
ひすさんちは猫が家猫になった、それだけでわたしは嬉しいんですよ。
仲の良し悪しはあるだろうけれど、同じ屋根の下にいられるようになった、
もう遠くから見守っているわたしとしては充分です。
ひすさんちのみんなはひすさん家族に愛されていますからね~
Commented by NOONE-sei at 2014-12-25 04:07
ハクママ!
ゾーイの日にね、連絡してみようかなぁどうしようかなぁと実は思っていたんです~。
コメントに来てくれて嬉しいよぉ。

シワ コ の大きな傘を失くして、ペロテンの関係もすこし変化したし、
それぞれもそれぞれの個性がはっきりしつつあります。
いや、すでにはっきりしているのかもしれないのだけれど、
三頭(三匹?)だったんだというわたしの記憶が邪魔しているかも、、。

ケビン13歳ですか、おぉ。
もともとが聡いヤツですからね、13歳ではどれほど賢い脳みそだろう!
クールに見えて、じつは何層もの細やかさを持っていることだろうなぁ。

くまさん似の王様の親友がつい先日はるばる遊びに来たんですよ。
すごくくまさんのこと思い出した。
ふしぎね、声とか話し方とか笑い方とかが鮮明に現れるの。
王様もそうだったみたいで、彼が帰ったあと(以下は冗談ですからね!)
ハクママんちにいちばんの贈りものは仔犬だ!と言いおったです、はい。ゴメンナサイ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 96夜 贈りもの 94夜 わたしの作庭帖 >>