91夜 返事はいらない


宮崎 駿が引退すると聞いた。
その幕引きである最後の作品で流れる音楽が『ひこうき雲』、映画は観なかったが、
松任谷由実がテレビ出演して自分のことを語る番組を見た。
松任谷になる以前の、荒井由美の音楽はとても好きだった。

男ともだちからそっけないメールをもらった。「返事はいらない」。
小娘だった頃に聴いていたラジオの最終回がどのようだったかという知らせだった。
そのラジオで荒井由美も知ったのだった。

・ 林美雄 空白の3分16秒/特別番組TBSラジオ
2013.12.27 19:00-20:00


『小説すばる8月号』より 「ノンフィクション新連載」
『1974年のサマークリスマス -- 林美雄とパックインミュージックの時代』柳澤健



林美雄が選ぶ音楽や映画は、狭い狭いところをより狭く忍び足で歩くような薄暗さがあって、ことに映画は、
やさしいにっぽん人
青春の蹉跌
ラジオで、覚えてしまうほど流れたこれらの音楽を使う映画はいったいどんなものなのかとずっと思っていた。
大学生活を東京で送るようになってから、それらがATGという一連の映画だったこと、
それらを観るには今でいうミニシアター、当時の名画座に行かねばならないこと、
ひとりで観るにはすこし勇気が要ること、わたしには背伸びが要ること、そういうことがすこしずつわかってきた。

ライヴハウスもひとりででかけた。一人暮らしは渋谷だったので、てくてく歩いて渋谷屋根裏やエッグマンに行った。
エッグマンで聴いた石川セリも、林美雄のラジオで知っていたから。



たびたび訪問させてもらうウェブログのお題に「・・<ビートニク映画祭>/スペイン坂を登った左をまた降りた」というのがあった。
その映画祭の上映館はスペイン坂にはない。
わたしは舞台の芝居が大好きだったから、スペイン坂を上る時には上りきった所で芝居を観る時だったし、
渋谷屋根裏はその頃はまだスペイン坂を下りた所にはなかった。
屋根裏は、渋谷から下北沢に移転しスペイン坂左下に再び移転し、先ごろ閉じてしまった。
だから彼は、そのお題で屋根裏を悼んでいるのかと思った。
でも、映画祭だ。わたしは行ったことがなかったけれども、スペイン坂の左下にはミニシアターがあり、
そこも先ごろ様変わりしてしまった。彼はいろんな映画をそこで観たのだという。

ひとを形づくるものはさまざまある。
形づくられたと意識するのはずっとあとになってからだ。
その形づくったものが今はもうなくなっていたり変容するのはせつない。

芝居は一度限りのものだから、記憶からしか呼び起こせない。
それは呼び起こした時には鮮烈ではあるがどこか甘やかに形を変えている。
けれども音楽や映画は、なくなったり失くしたはずのものがそのまま褪せずに蘇る。
どれをどう残酷とは言えないけれども、感情の蓋が悲鳴を上げて吹っ飛ぶような、泣きたいような、そんな気持ちになる。

わたしは鈍くて、『返事はいらない』が荒井由美の曲の題名だったとはしばらく気づかなかった。
でもちゃんとなぞなぞは解いたから、こうして返事を書いてみたよ。


お写真は、311の震災のあとに聴くようになった音楽いろいろ

□こころを揺り動かさないで鎮めてくれる音楽
c0002408_3324540.jpg
c0002408_3323731.jpg
c0002408_3322583.jpg
c0002408_332155.jpg
c0002408_332248.jpg
c0002408_331537.jpg
c0002408_3314490.jpg
c0002408_3313241.jpg





     
---------------------commercial message by Excite Japan Co., Ltd.--------------------------
[PR]
by noone-sei | 2014-03-31 01:58 | 趣味の書庫話(→タグへ)


<< 92夜 おっかけおっかけ 90夜 美容院では何を読む? >>