82夜 よいお年を


こころを鎮めて過ごすことにちからを尽くす一年だった。
シワ コ が死んでペロ コ がおとなになり、母は認知力の低下に伴いおとなになり、
そうしてわたしもこころを鎮めておとなになろうとし。

でも頭の中は自由で、自由を欲する業というのか欲というのか、
わたしは渦中にあっても自由を強欲に欲する業を持っているのだなと思う。
自由というのは、「ひとり」とも言い換えられるもので、
それを自覚するかしないかで日々の過ごし方には大きなちがいがでる。

ひとりを自覚しても傍(かたわ)らにはシワ コ があたりまえに居た。
今はほんとうにかみしめるようにひとりだ。
もともと懐こいペロ コ はわたしと距離をとるということがないので、
夜になるとぺったりと側(そば)にへばりついて、無防備に腹を出して寝ている。

ペロ コ がわたしとひとりを分け合うようになるのはいつだろう。
それともペロ コ なりに分け合おうとしているんだろうか。



今夜のお写真は撮り貯めてきた漫画のお写真を。
ずいぶんと貯まってしまっているので、少しずつ載せていこう。

c0002408_158366.jpg
写真には「大人女性」と名づけて保存していた。
まず、描き込みが凄まじい森薫。
「シャーリー」は楽しく読める短編集なので、眠る前に読むと幸せな気持ちになる。
笠井スイも達者。
えすとえむは、達者すぎるのと、作中に流れる時間が読み手であるわたしとどうもずれる。
オノ・ナツメの時間の流れと似ているものが感じられる。
「このたびは」に登場する新郎の挨拶はとても好き。


c0002408_1575261.jpg
写真には「大人青年」と名づけて保存していた。
諸星大二郎はもう言わずもがなの彼岸世界。
三宅乱丈は絵柄からして女性作家とは思えない。
現在連載中の「イムリ」も特別な能力を持つ者たちが登場するんだが、不条理や理不尽が必ず物語られる。
今敏はまじめすぎるように思う。
「ナチュン」はどこまで行ってしまうんだろうとはらはらさせる物語。


c0002408_15741100.jpg
写真には「平均女子」と名づけて保存していた。
鈴木有布子は達者なラブロマンス。恋愛に必要な要素がきちんと散りばめられている。
高橋美由紀は大きな使命を背負った者を描くことが多い。「9番目のムサシ」もそう。
ところで「六番目の小夜子」という恩田陸の小説は題名がこれと似ており、内容は吉田秋生「吉祥天女」と似ている。
勝田文の作品はほわほわと掴みどころがあるようなないような。でも温かみがある。
「女の子の食卓」は最終話を終えてしまった。よい短編集だったので残念。


c0002408_1573354.jpg
これも「平均女子」
荒川弘と今市子をこのカテゴリに入れたのはまちがいだった。ぜんぜん平均じゃない。
いくえみ綾については長い間の作家としての変遷を見てきているので思うところは一言にできない。
「ありをりはべり」は登場人物の高校生たちにみんながんばれと思う。
川原由美子は昔の作品は甘ったるいが、「観葉少女」で開花したように思う。
現在の作品群は漫画の既成の枠を超えたい願望を感じる。


c0002408_1572498.jpg
写真には「剛と柔」と名づけて保存していた。
作風は全く違うのだが、勝田文も緑川ゆきも作家自体に不思議な雰囲気を感じる。
吉田秋生作品はずっと読んできて息苦しい頃もあったが、この海街シリーズはどれもいい。


c0002408_1571639.jpg
これも「剛と柔」
末次と上田は似ているとか似せたとかいい話を聞かない。
そういうことは脇において読むと、末次作品のひたむきな登場人物は以前も現在も共通している。
谷川史子は少女漫画の王道だと思う。現在は登場人物の年齢を上げた作品が多いが、
中学生や高校生の淡い恋物語の清潔感こそ谷川作品の良さだと思う。
テガミバチは、とにかく早く謎を解いてくれ。
白井弓子作品はどれも重くてきついが、最後の幸を願ってやまない。







c0002408_1582487.jpg
あがあがあが、というじゃれあう声が聞こえてきそう。


c0002408_262963.jpg
丸餅ふたつ。

どうぞよいお年を。




     
---------------------commercial message by Excite Japan Co., Ltd.--------------------------
[PR]
by noone-sei | 2013-12-31 01:26 | 趣味の書庫話(→タグへ)


<< 83夜 謹賀新年  81夜 かようびのよる >>