73夜 春の足跡  四

 ・嫌いな人は読まないほうがいい

ほんとうにほんとうに、今夜のおはなしはひどいから、嫌いな人は鳥肌が立つので止めるなら今だ。


わたしは虫なら平気だ。
セミもカマキリもイナゴも掴める。
あ、今、漢字の変換がなにやらもったいぶった印象なので順序どおりに変換してみよう。
蝉・蟷螂・蝗。全部、部首は虫偏。
もったいぶるどころか、恐怖を呼び覚ますので、虫じゃないのに虫偏のあの長いものは、
漢字どころか言葉にもしたくない。
けれども、タグをつけてあるその『長いもの』の数を見ると、結構な数のおはなしを書いている矛盾。
告白?告解?それとも懺悔?
書いてしまわずにはおれない。今夜の「王様の千と線」は掘って埋める讒訴(ざんぞ)の穴だ。
讒訴はわたしの中では「懺阻」というイメージだったのだけれど、調べてみたら違った。
そして方言だった。方言はもともとは古語が地方に残ったものが多く、これは悪口というような意味。

ここのところずっと雨続きだ。
畑や庭木の手入れに精を出すにも、雨の間をぬって空模様と相談しながらやっている。
それら土や樹木や花のことを総称して「園芸」というんだと近頃気づいた。
園芸の話題には邪気がない。人と話していると会話が弾む。学ぶことばかりだ。

今日は雨が降ったり止んだりだった。
ずっと気になっていたカエデの剪定をした。
剪定は先々の枝の流れや勢いを想定しながらするもので、わたしにはまだそこまでの腕も知識もない。
とりあえず葉が込み入っている所に鋏(はさみ)を入れていたらおかしな枝に気がついた。
太すぎるし色もおかしい。 ・・目の前に長いものが絡んでいた。
おぞましい。気持ちが悪い。鳥肌どころではない、ぞぞ毛が立つ。

今年はずっと運が良かった。
年に何度か出くわす長いものに、ほとんど遭わなかった。
このままやりすごせるような気もしていた。 ・・そう上手くいくものではなかった。今日のはひどい。

裏の自動車工場に駆け込んで、退治してくれないかと懇願した。
普段から工場のおじさんたちとは挨拶や言葉を交わし、野菜の苗をもらったりあげたりしていたから、
ツナギを着た青年団のようにわらわらと、長い棒を持ってみんな来てくれた。
中には、工場に出たんだという長いものを撮った携帯を見せてくれようとする親切なおじさんまでいて、
それだけは頑として断らせてもらった。
挨拶程度で、いちばん言葉少ななおじさんが最終的に仕留めてくれて、
その一部始終をわたしは遠くの柱にへばりついて薄目を開けて焦点をずらして見ていた。
それでも瞼の裏側に映像はへばりついて網膜に刻まれる。

騒ぎが静まった頃、おずおずと近づいて行ったら、携帯のおじさんが
「もう行ったでハァ。みんな触れないからナイ、棒の先っちょにひっかけて川に流しに行ったんだー。」
もうひとりのおじさんは
「土は雨でやばしねからナイ、アレも木の上が良かったんだべー。しばらく剪定できねナイ。」
う、、剪定、それは言わないでくれ、と思ったら、道路のむこうでバシバシと音が聞こえた。
生命力の強い長いものが棒でひっぱたかれた音だったんだろう。
やばしない、というのは、例えば濡れた肌着が体にまとわりついたら気持ちが悪いというような不快感のこと。

わたしが剪定している間、長いものは息を潜めて隠れていたのかもしれない。
やばしなくて、川の傍の巣から風に当たりにうちの庭まで来たのかもしれない。
人間に悪さをするわけではないのだ。ただ、理屈ではどうしようもない嫌悪がある。
夕方、一本だけ父の仏壇から線香をもらって庭に立てた。





□五月末の松の剪定
c0002408_4125043.jpg
松の新芽。このままにするとぼさぼさになる。


c0002408_413175.jpg
思い切りよく、ぼきんと折る。





□口直しに  四月二十八日の菜の花と桃畑
c0002408_4161289.jpg
五月の田植えを待っている、水が入った田んぼ。


c0002408_4185682.jpg



c0002408_418738.jpg



c0002408_4184256.jpg
雨が降ると、雨が嫌いだった犬を思い出す。
菜の花が良く似合うその犬は、雨が降ると雨をよけて歩いた。
どこを歩いたって当たる雨には変わりがないのに、柵に沿って歩くと雨が少ないと思い込んでいた。
シワ コ に会いたい。


c0002408_4232942.jpg
菜の花のむこうには桃畑。


c0002408_424199.jpg
桃の花。
今はもう、ちょうど桃の実の季節。これから盆明け過ぎまで果物と言ったら桃一色。








c0002408_422425.jpg
仲良く寝ているようで実は動きを抑えられているテン コ 。


c0002408_42137.jpg
脚にわたしの手を挟んでこの後狩りする猫に変貌します。


c0002408_415989.jpg
ペロ コ は七月に五歳になりました。
いつもはいつもどおりの誕生日、たいしたことをしてやらない我が家ですが、
シワ コの十五歳を祝ってやれなかったからなのか、鰐号がなんと犬用のケーキを振舞いました。
次のケーキは十歳になってからだそうですが、ほんとのことを言うとあれは人間の口には合いません。
十歳まではいつもどおり、ハム一枚です。




     
---------------------commercial message by Excite Japan Co., Ltd.--------------------------
[PR]
by noone-sei | 2013-07-31 11:59


<< 74夜 春の足跡  五 盆の入り明け 72夜 春の足跡  参 >>