65夜 さくやこのはな 四  這えば立て


なんだかおはなしを書くのが怖くなってしまう。
ちかごろ、「そこにいて」とお題をつければ「ほんとうにそこにいて」のおはなしを書くことになったり、
現実世界におはなしが引っ張られてゆく。
今夜のおはなしもそうだ。「あたまにくる」と怪我のはなしを書いたら、
今度は「ほんとうにあたまにきた」おはなしに繋がってしまった。
だから、お題を替えよう、「這えば立て」。
我が家の犬のはなしだから、犬嫌いは読まないほうがいい。



シワ コ が倒れて十日余りになる。
朝、玄関の段差を踏み外したので、足をくじいたと思った。
そのまま夕方になっても腰が抜けて立てなかったので医者に連れて行ったら、
「もう、お気づきですよね?」と、医者はわたしに答えを促す。
顔つきから体から、犬のバランスはめちゃくちゃだった。
「いやだなぁ・・・・ 認めたくないんです。」

認めたくないと言ったって、左半身は麻痺し、険しい顔のまぶたも閉じないし出目金になっている。
脳に異常があるとしか思えないじゃないか。
でも、七年前に大学病院の医者は「脳梗塞は再発しない」と言ったはずだ。じゃあこれは何なんだ。
ぐるぐると血液がわたしの頭の中で逆流していた。
その時、犬の脳内は、耳の奥深い所で神経症状が起こっていて三半規管と平衡感覚がおかしくなっていた。
めまいと吐き気で物も食えない様子に、わたしはこのまま犬が寝付くのを覚悟した。
脳圧を下げる薬がどこまで効くかは未知数で、その晩は王様が留守、
母の世話と犬に添い寝で、長い夜はわたしも犬もぐるぐるだった。

翌朝、人の手を借りようと思った。
母の手も借り、近くの友人に生肉を届けてもらい、遠くの友人に寝付いた時の対処法を聞いた。
犬を失くしたその友人たちには大変申し訳なかったんだが、率直に、助けて欲しいと伝えた。
以前の十五まで生きた親犬と十八まで生きたその親犬の子は老衰で静かだった。
しかしシワ コ はそのどれとも違う。
動けないのに人に頼らない所は同じだけれども、気力がある。
「それはセイさんのためなんだよ。」と友人の言う言葉に、
「シワ コ はわたしの犬なんだ。」とぽろぽろ泣いた。

しかし泣いてばかりはいられない。
外は毎日大雪、雪かきをし、凍結した路面をツルハシで砕いていつでも車を出せるようにした。
晴れた日は雪が明るい。ストーヴのやかんには湯気がしゅんしゅんと立ち、犬は吐きながら肉を食った。
薬には治す力はない。原因がわからないから、現在のめまいや吐き気を抑え、脳圧を調整しながら、
犬の野生が状態に体をどこまで馴染ませられるかを待つだけだ。
わたしの犬は精神が自立していて、おかしな言い方だけれども、大人だ。
自分の回復力を精一杯に使おうと日々を過ごす。

数日後、自力で起き上がろうとした。
これはこれで危ない。よろけて転ぶと怪我をする。目が離せない。
這えば立て、立てば歩めというけれども、転ばぬ先の杖だって必要になる。
杖の代わりをしているうちに、犬は本当に立って、外の物干し竿からちょうどいい長さにして吊ったら
吊られたまま歩くようになった。
生き物には日光の明るさと口から摂る栄養だ。薬で吐き気は抑えられている。

歩いた、良かった、それじゃ済まない。
転ばずに歩けるまでに機能を持ち直せるか、薬をいつまで投与し続けるのか、まだ課題はいくつかある。
一番の課題は、シワ コ の場合、器質的にこの前庭疾患を再発する可能性を持っているということ。
「そういう器質を持っていることは不運と言えるかもしれないけれども、
生命力とリカバリー力を持っていることはシワ コ の運です。」そう医者は言った。




こんな音楽に助けられながら日々を過ごした。
ローラ・パウジーニ
リサ・ローブ



□今夜の さくやこのはな は、昨年のちょうど今頃のお写真。
c0002408_441474.jpg
雪の原でそりすべり。


c0002408_445027.jpg
尻を叩かれて焦るのはヒトばかり。犬は喜ぶ。


c0002408_451381.jpg
三頭とも雪の原で遊んだ夜はしんしんと寝る。
しんしんと言ったら雪なのだろうけれど、雪で遊んだ夜はそう言いたいくらい。



□つい先日、発病する前の雪の日
c0002408_494889.jpg
雪をほおばったあとのへんな顔


c0002408_410623.jpg
雪の夜







c0002408_4124544.jpg
猫が見てる。看てる?視てる?


c0002408_414660.jpg
寝てる。


c0002408_415567.jpg
三頭で。ペロ コ はよく気づかいました。


c0002408_416785.jpg
首を上げた。


c0002408_4164559.jpg
起きたい。(携帯)


c0002408_4172884.jpg
食いたい気持ち。


c0002408_4175552.jpg
物干し竿から吊るしてみた。




     
---------------------commercial message by Excite Japan Co., Ltd.--------------------------
[PR]
by NOONE-sei | 2013-02-02 02:27 | さくやこのはな | Comments(15)
Commented by ちいちゃん at 2013-02-02 10:08 x
祈っています
Commented by ひす at 2013-02-02 14:52 x
なんと、そんなことになっていたとは…
ついこの間雪山制覇していたのにね。

でも、物干しざおで頑張っている姿や、食べようとしている姿を拝見できて、少し安心。
お顔もかわいいシワちゃんですよ!

そしてシワのために動いて、また知恵を貸してくれ、
そういう周りの方々が、本当に支えになっていて…
シワとセイさんのとても大きな力になっておりますね。

この力は力が届かないけど応援してますよ!
Commented by NOONE-sei at 2013-02-03 00:13
ちいちゃん、
驚かせてしまってごめんなさいねー。
祈ってくれてありがとうです。
吊るし雛ならぬ、吊るしシワ コ 、ちょと笑えたでしょう?うふふ
現在進行形でシワ コ は良くなっておるです。
Commented by NOONE-sei at 2013-02-03 00:22
ひすさん、
いやいやこちらこそ、ひすさんのところでのこれからの日々のことを
思っておりますよ。
わたしが以前に書いたおはなしで、「生きた心地」という言葉があってね、
生きた心地を維持するために環境を整えることについて書いたんですが、
それはとても濃密で静かな時間なんです。
ひすさんはもうそれにお気づきだから、きっとやれることをすべてなさるだろうなぁと思います。

シワ コ へのお気遣いをありがとうです。届いているさっ、もちろんさ。
シワ コ の顔をかわいいと言われたのがなんだか嬉しい~
すんごい顔でしたのでねぇ。
周りに声を出してみたのですよ。
わたしが思いつかないものをあれこれアドバイスや援助してもらいました。
ひすさんと同じく、そのお気持ちがありがたくてぐっときたです。
Commented by ハニーJ at 2013-02-03 10:38 x
コメントはせずとも、毎日お邪魔していました。

シワコちゃん、応援していますよ。
ペロコちゃんもテンコちゃんもいてくれてよかった。
セイさん、
ひとりじゃないからね。
Commented by mica at 2013-02-03 14:44 x
おおっ、シワさんが首を上げてる♪
いいですね、いいですね。とてもイイですね。^^

テンコが、こういう役割だったとは。スゴイ。
それぞれ役割分担があるからね。
ペロコもよく頑張りました。えらかったねー。

シワさんはもう、エイリアンにおけるシガニー・
ウィーバーみたいなもの?
頑張ることが課題の魂なのかもしれません。
すごいね、えらいねとたくさんほめてあげて下さい。

セイさんも、脱力出来る時間が持てますように。
無理し過ぎないでね。
ハニーJさんのおっしゃる通り、
ひとりじゃないからね。
Commented by keinote at 2013-02-04 22:48
私がインフルエンザで倒れてる間、そんなことがあったんですね。
私が訪問させていただいたとき、元気だったシワコが病気になり、
まだ子猫だったテンコが大きくなっていて、月日の流れを感じます。。。
ペロコもテンコも心配そうな顔してる気がします。
無事に快復すると良いですね。
Commented by NOONE-sei at 2013-02-05 00:47
ハニバニさん、
コメントありがとうです、ふかぶか~

生き物はいつも生と死が背中合わせで、それも前触れがないとは
今までだってかみ締めさせられているのに、それでも薄まってしまう、
それはわたしに薄めたいという願望があるからなんでしょうかねぇ、、、、
家族それぞれの体温というか認識のちがいをすり合わせていったり、
人間のほうにもシワ コ は避けて通れないことを教えました。
もちろん、悲しんでいても前へ進めないので、このぎりぎりの数日は
緊張をユーモアに替え、深刻さを明るさに替えて、切り替えも学びました。
なにより、シワ コ が愚痴や辛さを語りませんのでねぇ。
人間のほうもがんばるしかないべ(笑)
イメージはちがうかもですけど、シワ コ って、アスリート??
そしてそして、シワ コ はわたしの犬ではあるけれども、愚息 鰐号の犬でもありました。
帰省した時にはうちの獣たちをまとめて面倒みてくれたです、びっくりです。
Commented by NOONE-sei at 2013-02-05 01:11
micaさん、
ほんとにもう。あなたには笑わされ泣かされ学ばされ。悪いおひとだ(笑)

そうなの、写真を見るといつもテン コ が写っているでしょ、
寝かせていた場所のせいと思っていたけど、それにしても、でしょ?
ハリー・ポッターで言うところの「闇払い」?
ずっと監視してるみたいでしたよ、ニオイを嗅いで鼻をくんくんさせて犬か?
シワ コ と性格も似た所を持ってもいるし、へんな生き物です。

現在、シワ コ は急に走ります。走るなら止まれよと言いたいです。
自分で止まれません、危ないことこの上ない、しくしく。
我慢強く、おっしゃるとおり頑張ることが至上命題のようなやつですが、
こんなに無口じゃなくてもいいと思います。
そういえば、ここ数日、以前のようにペロ コ を叱るようになりました。
もしかしてちょっとストレスのはけ口にしている疑惑もありです。

脱力のこと、ありがとうです。
状態がひどい頃は夜の添い寝を王様がかってでてくれました!
ちゃんと睡眠がとれましたよ♪
そして鰐号がいる時には獣の世話を申しつけ、ダッシュで映画館にも行ったよ!
映画を観ながら寝ましたけど(笑)
Commented by NOONE-sei at 2013-02-05 01:41
keinoteさん、
そうですそうです、シワ コ が大きくてびっくりなさってましたっけね。
震災直後に生まれたテン コ はもうすぐ二歳ですよ。
あの時はもっとカワイイ顔になると信じていましたけどねー・・・

わたしは非科学的なことは話題として愉しむという程度なんですが、
ペロ コ もテン コ も、シワ コ のことをよく見ていましたよ。
動物には動物の情報交換があるのか、笑顔ではありませんでした。

インフルエンザそのものは、まだお若くて体力があるから恐くないでしょうが、
気管支とか粘膜はだいじにしてくださいね。
ほんとですよ?過労注意報発令しますよ?って、
せっかくおいでくだすったのに怒られてどうする(笑)
Commented by ブッピー at 2013-02-07 00:05 x
シワちゃんセイさんびっくりしました。
でも、現在進行形でよくなっているとのことで
本当に本当に、よかった。
セイさんもお身体気を付けて下さい。

遠い場所からですが、シワコさん応援していますよ!
でも、写真で見る限り
まだまだもちろん頑張れるのよ
な風に見えるのですが
シワちゃんにとっての杖は家族みんなかな!?




Commented by NOONE-sei at 2013-02-08 02:43
ブッピーさん、
驚かせてごめんねごめんねーーー
おかげさまで進行形ですよ~。そしてリハビリ中です~。
吐かないようこまめに餌を与えていましたが回数を戻すとか、
日中はペロ コ と一緒にいさせるとか、少し長く外にいさせるとか、
日常に近づける練習中♪シワ コ はがんばるそうです(笑)

わたしへの気づかいまでありがとうです♪
心を平らに家庭を回すのに、予備エンジンも使っていたかも。

さて、いただいたコメントでこちらのブログに書くのはなんなんですが・・・
シワ コ は若い頃に、いろいろ心配な症状が出て入院したり検査したりするうちに、
最後に出血してね、とにかく手術しようということになりました。
弱って子宮蓄膿を併発したのかな、、よくわからないんだけど。
そんなこともあるから、悪くなる前のブッピー家の決断は正しいと思いました。
悩んだでしょうけど、それでよかったとわたしは思いますよーーー
Commented by ハクママ at 2013-02-14 09:14 x
シワちゃん、どうですか?
シワちゃん自身より、
まわりが疲れてしまわないように。
シワちゃんは大丈夫。
セイさんより強い仔だもん!

私たちがゾーイを看ているとき、
「明るい介護」ってこと、教わりました。
人間のほうはあれこれ考えるから、
なかなか大変なんだけど、
でも、少しはできたと思います。

ゾーイも、シワ姉ちゃんはまだこっちに
来なくていいよって言ってます。
そうそう今日9歳になったの、ゾーイが。
ゾーイが使い切らなかった命、
シワちゃんに贈るから、頑張って!!


Commented by ハクママ at 2013-02-23 13:29 x
シワちゃん、その後、どうかなって思って。
更新されないから、心配で…。
Commented by NOONE-sei at 2013-02-23 15:24
ハクママ、ほんとにごめん!!!
心配かけています。あたたかいコメント嬉しいです。
ゾーイがバレンタインディの生まれだって、覚えていたよ~
今、ゾーイに頼みたいことがあります。

シワ コ 、突発性の重篤な貧血で先日倒れました。
昨日から増血剤を定期的に注射する治療が始まりました。
脳の予後はたいへん順調だったのですが、突然虚血虚脱の発作でした。
脳との関連はおそらく無いのではないかと思われます。
検査の結果、心臓の問題ではなく血液の問題だということです。
覚悟するようにとお医者からは言われています。

でもね、とても起きたり餌を食ったりできるような数値じゃないのに、
起きて食うので、まだ信じられないの。
ほんとに信じられないよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 66夜 さくやこのはな 五  ... 64夜 さくやこのはな 参  ... >>