62夜 むかしながらの


今夜はイヴだね。
子どもはもう寝たかな?
これから、大人だけのクリスマス会をしよう。

それじゃ、でかけようか。
今日は昼から粉雪、すこし吹雪いたよ。
吹雪の合間のおひさま、トナカイが山の温泉にお連れします。


c0002408_2271495.jpg
シワ コ トナカイ、きりりと仕事をするつもり。


c0002408_2274039.jpg
ペロ コ トナカイ、なんだか緊張しています。


c0002408_2332831.jpg
さっ、二頭ともよろしくね。






行き先は山間(やまあい)のちいさな温泉。
まず風呂に入って温まって。今夜は特に冷えるそうだから。
c0002408_2365087.jpg
風呂から、霞んだ山が見えるよ。


c0002408_2374026.jpg
冷たい空気が頬に当たる露天は、体があったかいと気持ちがいいよ。






あったまったらお昼寝する?それとも綺麗な古い絵本を見る?
『ペレのあたらしいふく』(エルサ・ベスコフ 著)は、スウェーデンのおはなし。
c0002408_315413.jpg
c0002408_3151415.jpg
c0002408_3153698.jpg
c0002408_3154673.jpg
c0002408_31698.jpg
c0002408_3162839.jpg

ペレは 自分だけのこひつじを1ぴき、もっていました。
ペレもひつじも成長し、 ひつじの毛はながく伸びましたが、ペレのふくは短くなるばかりです。
ペレはひつじの毛をかりとり、あたらしいふくを作りにでかけます。
行く先々で手伝いをするかわりに、
毛を梳(す)いてもらい、糸を紡いでもらい、色を染めてもらい、布を織ってもらい、縫ってもらい、
とうとうひつじの毛はあたらしいふくに生まれ変わりました。
ペレが青いふくを着てひつじにお礼をいうと、ひつじはべーえーとこたえました。






さあ、夜です。
あたらしいふくを着てでかけよう。外は寒いよ、コートを羽織ってね。
c0002408_321189.jpg
前をゆくのは恋人同士?


c0002408_3225976.jpg
ちいさな仏蘭西料理店へようこそ。むかしながらの料理とワインで愉しんでいって。


c0002408_3244663.jpg
シャンパンと白ワインを冷やしておきました。


c0002408_3261270.jpg
c0002408_3263297.jpg
カトラリーもむかしながらです。


c0002408_3274847.jpg
これはコルクを置く皿。


c0002408_3294578.jpg
c0002408_3301238.jpg
シャンパンの細かい泡が立ち上るのはしゅわしゅわと綺麗。


c0002408_3314459.jpg
c0002408_3321111.jpg
前菜はエゾシカのテリーヌ。飾り気のないお料理。


c0002408_334698.jpg
オーブンから出したばかりのオニオングラタンスープ。


c0002408_3352559.jpg
c0002408_3363171.jpg
魚は真鯛のパイ包み。ソースは白ワインを煮詰めて香草と生クリームとたっぷりのバター。
今の仏料理は軽くて洒落ているけれども、この料理店はむかしながらの作り方で。


c0002408_340262.jpg
c0002408_3401883.jpg
肉は短角牛の尻肉。赤ワインを煮詰めたソースで。


c0002408_3432276.jpg
最後は林檎の菓子、タルトタタン。



あたたかいストーヴとワインであったまったかな。
それじゃ、また来年の聖夜に。
[PR]
by NOONE-sei | 2012-12-24 23:59


<< 63夜 さくやこのはな 弐  ... 61夜 さくやこのはな 壱  ... >>