61夜 さくやこのはな 壱  思い返すと


花が咲いて実が熟すといったって、それにしてもほどがある、というくらい、
わたしの文章は文章になるのが遅い。
こういうのを「後だし」というのか?

切れ切れの映像であったり言葉の断片であったり、
このおはなしは次の夜に、、、という「王様の千と線」の約束であったり、
それら頭の中にあるものは、枯れてしまうのではないかというくらい時間が経ってから文になる。
記憶を手放さない業を持っているので、ジグソーパズルのピースはいつかは繋がるんだが、
それにしても、遅い。
しかも、頭の中にあるものを開いてお見せできるかというとそれには至っておらず、
書くということは進行形の検証であって、まだちゃんと自分でわかっているわけじゃない。
反射のように情報という形を借りて文章が流れてゆく昨今、
わたしのありようは、まるで化石だ。

もう、化石なら化石でいいや。
今年一月からの石の種をお写真で載せてゆこう。


連続するお題、「さくやこのはな」のわけはまた次の夜に。ふふ


□一月の雪の町
c0002408_3123429.jpg
今年の初め、一月に、母を連れて旅をした。


c0002408_313657.jpg
こんな雪のある温泉町。
鰐号が家族旅行を提案したのでとても驚いたが、今になってみれば母を連れての遠出はもう無理なので、
この時に思い切って出かけておいてほんとうによかった。



c0002408_3185832.jpg
こんな電車に乗って、


c0002408_3193423.jpg
駅ではこんなアヒルみたいな顔の電車を見て、


c0002408_320504.jpg
こんな小さな電車に乗り換え、


c0002408_3213438.jpg
次の朝は雪をかぶった電車で帰る、そんな小さな旅。


c0002408_3253242.jpg
仙台と山形の間。とてもとても遠く、地図の距離と、時間は比例しない。


c0002408_327289.jpg
町のあちこちから湯煙が立ち上っているんだが、
ここは大学生たちが掘りあてた湯を使った共同風呂。


c0002408_3295765.jpg
宿は純和風旅館。


c0002408_3305465.jpg
窓からの景色をと思ったら、いちばんに見えたのはつらら。


c0002408_3315198.jpg
浴衣のほかに、足袋が用意されている。
たしかにこれがないと、床や畳が冷たくて歩けない。


c0002408_3335173.jpg
温泉は風呂。


c0002408_334654.jpg
とにかく風呂。


c0002408_3342661.jpg
寒いからやっぱり風呂。
鰐号が宿代を わたしたちが旅費を出し合ってほとんど初めてのような家族旅行だった。
思い返すと鰐号はこの旅から一年ちかくかけて、母の変化をやっと今受け入れ始めている。
[PR]
by NOONE-sei | 2012-12-11 01:10 | さくやこのはな


<< 62夜 むかしながらの 60夜 ほんとうにそこにいて >>