61夜 さくやこのはな 壱  思い返すと


花が咲いて実が熟すといったって、それにしてもほどがある、というくらい、
わたしの文章は文章になるのが遅い。
こういうのを「後だし」というのか?

切れ切れの映像であったり言葉の断片であったり、
このおはなしは次の夜に、、、という「王様の千と線」の約束であったり、
それら頭の中にあるものは、枯れてしまうのではないかというくらい時間が経ってから文になる。
記憶を手放さない業を持っているので、ジグソーパズルのピースはいつかは繋がるんだが、
それにしても、遅い。
しかも、頭の中にあるものを開いてお見せできるかというとそれには至っておらず、
書くということは進行形の検証であって、まだちゃんと自分でわかっているわけじゃない。
反射のように情報という形を借りて文章が流れてゆく昨今、
わたしのありようは、まるで化石だ。

もう、化石なら化石でいいや。
今年一月からの石の種をお写真で載せてゆこう。


連続するお題、「さくやこのはな」のわけはまた次の夜に。ふふ


□一月の雪の町
c0002408_3123429.jpg
今年の初め、一月に、母を連れて旅をした。


c0002408_313657.jpg
こんな雪のある温泉町。
鰐号が家族旅行を提案したのでとても驚いたが、今になってみれば母を連れての遠出はもう無理なので、
この時に思い切って出かけておいてほんとうによかった。



c0002408_3185832.jpg
こんな電車に乗って、


c0002408_3193423.jpg
駅ではこんなアヒルみたいな顔の電車を見て、


c0002408_320504.jpg
こんな小さな電車に乗り換え、


c0002408_3213438.jpg
次の朝は雪をかぶった電車で帰る、そんな小さな旅。


c0002408_3253242.jpg
仙台と山形の間。とてもとても遠く、地図の距離と、時間は比例しない。


c0002408_327289.jpg
町のあちこちから湯煙が立ち上っているんだが、
ここは大学生たちが掘りあてた湯を使った共同風呂。


c0002408_3295765.jpg
宿は純和風旅館。


c0002408_3305465.jpg
窓からの景色をと思ったら、いちばんに見えたのはつらら。


c0002408_3315198.jpg
浴衣のほかに、足袋が用意されている。
たしかにこれがないと、床や畳が冷たくて歩けない。


c0002408_3335173.jpg
温泉は風呂。


c0002408_334654.jpg
とにかく風呂。


c0002408_3342661.jpg
寒いからやっぱり風呂。
鰐号が宿代を わたしたちが旅費を出し合ってほとんど初めてのような家族旅行だった。
思い返すと鰐号はこの旅から一年ちかくかけて、母の変化をやっと今受け入れ始めている。
[PR]
by NOONE-sei | 2012-12-11 01:10 | さくやこのはな | Comments(6)
Commented by bbking1031 at 2012-12-11 23:46
ゆっくりやりましょう。
やりのこさないように。
Commented by NOONE-sei at 2012-12-12 01:34
osaさん、
ハイ。
そうですね、やりのこさないように。

こちらはもう雪がしんしんと降り積もる夜がありましたよ。
時間の流れがなおなおゆっくりです。
おでんとか芋煮の食卓に登場する率、とても高いです。
時間をかけた冬の食べ物って美味しいね~
ますますわたしの時間はゆっくりになります~♪
Commented by ひす! at 2012-12-12 16:43 x
化石、良いじゃないですか!
あれも、石を割って出てきた瞬間は、
何億年前のものでも、今甦った者でとてもフレッシュですから!
だからこのお写真たちもこうして拝見させていただけたら、
過去が今、湯気をたてて現れます。
ほかほか~♪

しかし、本当にセイさんの方は北国なのだな。
と、今更ながらですが。
(=^^=)ゞ
Commented by NOONE-sei at 2012-12-25 02:15
ひすさん、
コメントありがとうです♪亀レスで申し訳ない・・・・

化石、、いいんでしょうか。
わたしのこののろのろぶりは、人とのスピードとちがっていてズレているみたいなんです。
ブログはね、化石の速さでゆくしかやっぱりやりようがなくて、
納得いくようにやるしか方法が見つけられないんですけど、
現実世界のほうでは孤独感を味わうこともあります。
なんだか周囲が10年くらい速いスピードで行ってしまって
考えたり咀嚼しているうちにチャンスの神様も一緒に走って行っちゃったみたいな。
それでも、暮らしも人との交流も、やっぱりじっくりやりたいなぁ。

さて今夜はイヴです。
昼間は少し吹雪きました~
Commented by yamagoya333 at 2012-12-26 11:12
作家「井上ひさし」の遅筆はことに有名でした。
かかった時間に比例して、よい作品がたくさん発表されています。

セイさんが、何度も何回も、推敲に推敲を重ねたうえで、投稿なさっているの努力が、行間からにじみ出ています。
言葉を操る感性、記事を読むたびに敬服しております。

あっ、決して酔っ払って書き込みをしているわけでは ・・・・
Commented by NOONE-sei at 2013-01-03 01:44
さくらさん、
酔っていてもいなくても、いただいたコメントが大変うれしいです。
おはなしをupするペースが遅くなって、けれども決して欲張っているわけではなく、
右上の小窓のお写真の下に掲げている「文章百珍」という言葉の重みを
ときどき思い出します。
ちかごろは、おはなしの体裁さえなかなかとれていないけれども、
それでもわたしは文章が書きたいのだなぁと思うのです。
さくらさんはわたしの文章にずっと何年もおつきあいいただいておりますね。
飽きずに好ましいと思っていただけることに感謝です。
言葉の遊びに誘っていることを読み取ってもらえる幸せを感じておりますよ~ てへへへ
名前
URL
削除用パスワード


<< 62夜 むかしながらの 60夜 ほんとうにそこにいて >>