60夜 ほんとうにそこにいて


夕方、本屋にいたらあちこちからビービーと携帯電話の大きな音が鳴り出した。
するとそのすぐ後にぐらぐらと床が建物が揺れ出して収まらず、
電車が走っているわけでもないのにごうごうと音がして、
どうしたらいいかもわからず立ち尽くしてしまった。
その場にいた人たちも皆そうで、おそらく皆の脳裏によぎったものも同じだっただろう。

すぐに電話は繋がらなくなった。
王様に打ったメールは、夜になって津波警報が解除されてから届いた。
本屋で呆然としている時に大切な遠くの友人からのメールが届いたのは、
「ここにいるよ」という幸運のメッセージだったんだと思う。

皆が家路を急ぎ、小さな余震の中で車の運転をするのは怖かった。
原発に異常がないかということと、ガソリンが手に入らなくなるのかということと、
食べ物が手に入らない寒い日々を迎えるのかということが、
家族の無事を確認しなくてはという思いと同時に脳裏に浮かんだ。

津波は1メートルだった浜もあり、仙台では二千人が避難した。
余震だとはわかっていても、この大きさは尋常じゃない。
環境庁の会見をニュースで見ながら、とにかく母と夕飯を食べたら、
「非常時だから早く食べてしまうべね。それにしても国の役所は
もっと安心させるようなことをテレビで言えないのかね。総理大臣がしゃべればいいんだ。」
母がしゃっきりとしているので思わず拍手をした。

いやになったり、怖くなったり、がっかりしたり。
でも、犬や猫は落ち着いており、母も落ち着いており、
今夜もちゃんとわたしをしっかりさせてくれる。



□311の前後に読んでいた漫画
c0002408_21625.jpg


c0002408_211623.jpg
311の後、たくさんの漫画家が集って一冊の漫画を出版した。



c0002408_231093.jpg
近未来の物語は、起こるはずがないものを書いているかのようでいて
本当に起こってしまうと刺さる。


c0002408_233232.jpg
たまたま読んでいた「コッペリオン」は特に現実になってしまった漫画。



c0002408_233112.jpg
これは漫画じゃなくて小説。
日本SF大賞を取った時に、今のこの現実は予想できただろうか。



「華竜の宮」 この小説は表紙絵と題で損をしている。
本日の地震についてのニュース


     
[PR]
by NOONE-sei | 2012-12-08 02:18 | 趣味の書庫話(→タグへ)


<< 61夜 さくやこのはな 壱  ... 59夜 そこにいて >>