58夜 秋が終わる夜長



                      落葉




             秋の日の

             ヰ゛オロンの

             ためいきの 

             ひたぶるに

             身にしみて

             うら悲し



                                       ヴェルレーヌ 「秋の歌」より  訳:上田敏





木枯らしがつめたい。
吾妻山には初冠雪。
「王様の千と線」は、スキンを暖かい色に換えた。

こんな夜更けは、ひとりで起きていて家族を思う。
毎年かわらず結婚記念日に花束をくれる王様に、
さっきちいさなことで苛立ち悲しい思いをさせたこと。
日中、買い物やランチに連れて行った母が、
すこししか食べられないから、
自分のもわたしのも美味しいところだけ食べてしまい残りをわたしが食べているのに、
家に帰ると、よかれと思ってすることが気に入らなかったりすること。
大学の授業のために週一回バスで帰ってくる鰐号が、
わたしにワインのシャブリやチーズを土産にくれたりするが、
母にはろくに口をきかないこと。
その母が朝食のあとで、
鰐号がご飯をよそってくれたとわたしに言ったこと。
そして礼を本当はよそっていない鰐号に言ったこと。
通ってくれている料理上手なヘルパーさんが、
我が家の皆の笑顔が印象的でとてもいいと言ってくれて、
母とわたしが父の笑顔こそが我が家で一番よかったと話したら、
ひとめぼれだったと母が言ったこと。

・・そういえば、この福の島の新米の名は、「ひとめぼれ」だ。





□今年最後の安達太良
先月の末に、やっぱり最高の錦秋が見たくて、
母と鰐号と三人で再び安達太良へ。
c0002408_4595318.jpg




c0002408_501928.jpg




c0002408_511061.jpg




c0002408_513273.jpg




c0002408_52511.jpg




c0002408_523111.jpg
ただいま撮影中。赤いひもが女子カメラ。ふふ
撮影は鰐号、隠し撮りされちゃった。







秋の夜長は本を読みます。
c0002408_455481.jpg
これは、嘘です。
でもわたしがときどき小説を読んでいるのは、ほんとう。




秋の夜長は四頭になります。
c0002408_57338.jpg
秋じゃなくとも冬はもっと四頭になります。




     
---------------------commercial message by Excite Japan Co., Ltd.--------------------------
[PR]
by NOONE-sei | 2012-11-08 03:08


<< 59夜 そこにいて 57夜 でもしか >>