54夜 さらってきた


初めにごめんなさいをしてしまおう。
悪いことなんだと思う、きっと。
だから、告解というのか懺悔というのか、ありのまま書いてしまおう。

塾の引越しや家の書庫の整理で、古い辞書や事典等々、処分しなくちゃいけないものが大量に出た。
車に積んで公共のクリーンセンターに持ち込むと、
紙類は資源だから紙の区画に荷降ろししてくれと指示された。
巨大な煙突のある、要塞のような建物は威圧感があって、
ごみの選別も厳しく、係員が目を光らせているのだが、
紙類にはそれがとても緩くて、全部自分でやって済んだら帰っていいから、という調子。

どさどさと車から降ろし、本や雑誌も無造作に投げ込まれている風(ふう)の紙のプールに
わたしも持参したものを投げ込もうとしたら、ちょっと目が行ってしまった。
どうしてもプールから引き上げたい。
懐かしいものであることはもちろんのこと、それらは一冊一冊、丁寧に薄紙でくるまれていた。
辺りを見回すと、誰もいない。そこはいつも誰もいない。
ちょっと一冊を手にとってみた。
学生の頃にあこがれだった書泉グランデの栞がはさんである。
ずるずると続けて手にとってみた。
有隣堂の栞、冨山房の栞。
栞の代わりに神田神保町の書店のレシートがはさんであったりする。

・・全部プールから引き上げてしまった。
さらっていってしまおう。
どんな人がどんな気持ちでそれらを手元に置き、そして手放したんだろう。
古本屋とか古書店とは呼びたくない大手の業者に持ち込まず、
資源ごみのプールに入れた、それらはたいそう綺麗な状態の漫画だった。

公共のものになったそれらをさらってきてしまった。
お縄になってもしかたがない。
・・もしや、そういうことがあるからそのプールには、いつも誰もいないんだろうか。




□うちにやってきた漫画
c0002408_2145416.jpg
こういうのを冒険少年漫画というのか?



□うちで発掘された漫画
c0002408_22545236.jpg



c0002408_2258419.jpg
こういうのを正統的な少年漫画の源流というのか?
わたしがこれまでほとんど読んでこなかった漫画の系譜。




□読んだ漫画
c0002408_222049.jpg
わたしにとっての冒険の色あいのある漫画はこんな感じ。




□「送ってしまえ」
c0002408_227425.jpg
日本のあちこちに散らばった漫画。


そうそう、七月十七日は「漫画の日」なのだそうだ。知っていた?
わたしはぜんぜん知らなかったよ。
一箱古本市のおはなしは日延べして次の夜に。








もう四歳?それともまだ四歳?
ペロ コ が四歳になりました。恒例のハム一枚、やりました。


c0002408_2463540.jpg
題「石にかじりついても」


c0002408_2465763.jpg
題「尻」


お写真は二枚とも石をかじっています。四歳にして、すでに歯が小さい犬です。
[PR]
by noone-sei | 2012-07-25 01:13 | 趣味の書庫話(→タグへ)


<< 55夜 ただいまかも 53夜 村の図書館 >>