45夜 天の寿


父が青年期を過ごした浜からもう少し南に下った、
北関東の大伯母(おおおば)が天寿を全うした。
葬式の引き物には紅白の饂飩(うどん)があって驚いた。
百に近い高齢なので、弔う葬るではなく祝い事なのだという。
熨斗(のし)に「天寿」と記してあるのを初めて見た。

忌みごとがそのように転じるのはたいそう不思議だ。
ものごとは、見方ひとつで簡単に転じることができるとは思わないけれども、
からりと転じるまでの中間には転じきるに至る過程があるのだけれども、
ああ、そういうものなのだなぁと、妙に納得がいく決まりごとは、
ひとの気持ちを落ち着くべきところに連れて行く。

組になった言葉があるだろう?
天と地、生と死、それらは上から下に視線が動くような気がして、どうも陰気だ。
内と外、陰と陽、喪失と再生、それらならば左から右に視線が動く。
しかも、人に教わった最近覚えたてのイメージがあって、
喪失は再生を飛び越して、奪還へと飛び立つ。

足踏みしているときには言葉少なでもいい。
寡黙と饒舌の中間には、転じるほどの威力はないが、思慮という落ち着きがある。




                         *   *   *




愛機バンコランは天寿を全うせず、復活した。
愚息、鰐号は大学に復学することになった。
わたしのPCは天寿を全うしたけれども、かなりのデータを持っていかれた。
震災で半壊した塾を 大家さんに頼んで塾生の卒業まで続けさせてもらったけれども、
三月末日をもって閉塾した。

そのようなわけで、イメージの転換や組になった言葉のようには
現実というものはなかなか動き出さないけれど、
この思慮の時を閉塾に伴う整理に追われながら過ごすのも、
なかなかできない経験じゃないかな。
これからのことはそれから。





□音楽は天の寿
c0002408_3571368.jpg
c0002408_3572347.jpg
c0002408_3573483.jpg
友人に貰った心地いい音楽はフランス語やポルトガル語、
どちらも流麗で同じような言葉に聴こえる。
音楽は落ち着きの素(もと)だな。







テン コ が一歳になりました。
いつが誕生日かわからないので、だいたいの逆算で決めました。
今月は、シワ コ が十三歳になります、拍手。
追って: 十四歳でした、シワ コ ごめん、、。

c0002408_4102321.jpg
夜の獣たち


c0002408_4103372.jpg
ペロ コ なしには眠れないテン コ 。


c0002408_4104269.jpg
初めて木に登りました。
[PR]
by noone-sei | 2012-04-04 00:11 | 趣味の書庫話(→タグへ)


<< 46夜 誕生日、天の寿ふたたび 44夜 ひととせ  >>