44夜 ひととせ 


「思い出す」ようにと、新聞もテレビもこぞって311を特集している。
それは、「忘れない」ためにという働きかけなんだろう。

「思い出す」ということと、「忘れない」ということは、
似ているようでいて、実はまったく違うような気がする。
けれども「忘れられない」こそ、「思い出したくない」と濃厚に繋がっているようにも思う。

夕べも今夜も、たびたび余震がある。
思い出さないわけがないのだ。
記憶に刻んださまざまな出来事は、何も見なくてもちゃんとなぞれる。

一年(ひととせ)の三月十一日には、テレビを観ないで過ごそうね、と友人と約束した。
彼女は一年を支えてくれた布雛作りをして静かに過ごすという。
わたしはいつもどおりに母とお茶を飲み、その時間がきたらそっと手を合わせるつもりだ。
玄関には春の花が生けてある。




□あの頃わたしを支えてくれた音楽
c0002408_1534961.jpg

c0002408_154142.jpg

c0002408_1541267.jpg

c0002408_1542410.jpg


三月は家から一歩も出ずに、必死に家族を守っていた。
そんな緊張の日々のお供をしてくれた音楽たち。
友人から戴いた井上陽水はレイ・チャールズとよく似た顔なので中央に置いてみたよ。


次の夜からは、この一年の漫画や音楽のおはなしをしてゆこう。
[PR]
by NOONE-sei | 2012-03-11 01:05 | 趣味の書庫話(→タグへ) | Comments(10)
Commented by ひす! at 2012-03-11 12:57 x
「思い出す」ということと、「忘れない」ということは、
似ているようでいて、実はまったく違うような気がする。

本当にそう思います。
前者は、抑えようとしても湧き上がってしまい、
後者は、常に意識して脇のとどめておく感じがします。

当事者にとっては、常に脇の置くのはしんどくて、かなわんですよね。

マンガや音楽のお話。
どんどんお聞かせください。
Commented by NOONE-sei at 2012-03-12 01:26
ひすさん、
今日は鎮魂と祈りの日でしたね。
遠くから思ってくれるひすさんの思いこそ尊いのではないかなぁ。

自分の記録として記してきたノートを読み返し、
今日はわたしなりにこの日本で起こったことを振り返りました。
課題が山積していますがこれからの日本のことも考えました。
今日一番ぐっときたのは天皇陛下の哀悼の言葉です。
この国は、ひとりひとりの思いでできているのだと思いました。

今日のコメントをありがたうね~

Commented by bbking1031 at 2012-03-12 05:48
大変な苦労でした。
また春がきました。
Commented by ゆき at 2012-03-12 07:21 x
思い出すし忘れられない。
まだ続いている出来事であるし。

テレビは見られなかったです。
Commented by ろここ at 2012-03-12 22:15 x
「忘れられない」こそ、「思い出したくない」というのはとてもよくわかります。
忘れられない私は、昨日はあまりテレビを見ずに静かに祈りました。

音楽や本はこんな時寄り添って癒してくれますよね。
Commented by pit-m at 2012-03-14 00:04 x
なにか、伝える言葉をこの一年ずっと探しているのですが、見つかりません。
だとしたら、テレビやネットに流れる言葉に静かに耳を傾けることが、
私にできることだろうと思います。
それでも、せめて伝えられることがあるとすれば、こちらでは、
「菜の花が咲きました」、そんなことなんですね。
Commented by NOONE-sei at 2012-03-14 01:44
osaさん、
osaさんにはいつも健康面の心配をおかけしていますね。
王様もわたしも、リスクはリスクとして厳然とありながらも
この地で暮らしてゆこうと考えています。
今月いっぱいで塾を廃業します。
王様の胸の内を思うと、痛くてたまりません。
でも、ふたりともそのことには触れずに淡々と暮らしているのよ。

バンコランがねぇ、入院中なんです。
せっかく手になじんできたので、まだ手放すのはやめようと思うの。
Commented by NOONE-sei at 2012-03-14 01:51
ゆきちゃん、
そうなの、まだ続いている出来事なの。
だから、無理に大丈夫とか復興して乗り越えるとか、
そういうこと言いたくない。
かといって、めそめそもしたくない。
中間のバランスを保って、ちゃんと見つめていこうと思うよ。
そちらでも余震があるし、気を抜けないでしょう?
でもあさってのことはわからなくても、
ちびちゃんたちと日々感じることを大切にしてね。
あなたには感じるというとてもいいちからがあるんだから。
Commented by NOONE-sei at 2012-03-14 02:05
ろここちゃん、
「ひととせ」は、「忘れていない」ことを再認識する日だったのではないかな、
と、今になって思い始めてるの。
「忘れていない」ことを自覚して、それからどうするかは個々のことよね。
ろここちゃんは、繊細なひとだから、きっとすごく蘇っているのではないかと
じつは心配していたんだ~

でも合言葉は「うしっ。がんばろー」ということで
音楽にも漫画にもつっかえ棒になってもらい、しかもしかも
わたしのくだらない携帯メールを鍛える手伝いもしてください~
Commented by NOONE-sei at 2012-03-14 02:14
pit-mさん、
東北の中心都市の仙台という街には、有名な作家たちが住んでいて、
首都東京でなくても執筆ができる環境なのだそうです。
ところが一年前の出来事が強烈すぎて、言葉を失っていた作家も
大勢いました。
ちかごろぽつぽつと言葉が紡がれ始めたそうです。

無理に言葉にしなくてもいいんだと思うんです。
しかもまだまだ進行形ですから、「まだ言葉にならない」は
とても素直で誠実な態度だと思います。

そうですか、菜の花が咲きましたか。
こちらも福寿草が咲きましたよ。
・・こんなやりとり、優しくておだやかでいいですよね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 45夜 天の寿 43夜 雪のいろいろ >>