39夜 たからぶね


今日はいいことがあった。
まだ若くて新米の大工の兄ちゃんが、父が長年使った大工道具を貰いに来た。
もう四年もほったらかしで埃だらけにしてあって、
けれどもうちでは大工の跡継ぎはおらず、父の道具に申し訳ないようで、
ずっと気が引けていた。

年季の入った鉋(かんな)や墨壷やノミや鋸(のこぎり)などなど、
たくさんの道具が作業小屋から出されて日の目を見た。
父の四十九日に父の弟子に形見分けのノミを選び出した以来、ずっと眠っていた道具だ。
「用と美」という言葉があるが、そのとおり道具には美しさとちからがあって、
庭に並べられた道具類は壮観だった。
彫刻が施されている道具をいくつかだけ記念に残して、ライトバンに一杯の道具を持ち帰り、
兄ちゃんは時間をかけてそれらを生き返らせる。

四年前、父の弟子が訃報を聞いてわが家に駆けつけた時、
彼は開口一番、「親方、手を握らせてください。」と言った。
夜間高校で学びながら父の元で修行をした彼は父と同じごつごつした手をしていた。
葬儀では弔事を述べてくれ、原稿なしで父の遺影に
「親方、俺はおやじがいなかったから、親方がおやじだった。」
そう呼びかけると弔問客の皆が泣いた。
その強い想いのあまり、弔事の最後に彼は
「セイちゃん!俺は、俺は、、、がんばってもらいたい!」
わたしを大きな声で励まし握手の手を伸ばした。
葬式で親族が「はいっ!」と返事をして弔事の最中に立ち上がるなど、
いままで多くの葬儀に参列したが一度も見たことがない。

新年の蓋(ふた)明け、道具が蘇るに相応しい晴れた日、
わたしは父の葬儀のことを思い出していたけれど、
父も喜んだかもしれないがもう雲の上の人なのでその気持ちはわからない。
なにより、日の目を見た道具たちが、今日一番喜んだのではないかな。
今夜は初夢、宝船の荷はきっとたくさんの大工道具だ。



c0002408_120739.jpg

兄ちゃんが年始にくれた酒。
年末年始は疲れがたたって調子を崩し、酒が飲めなくて困るんだが、
気持ちのいい酒だから飲まないわけにはいかない。
昼から利き酒。








わが家の獣たち
c0002408_1351780.jpg
王様の腹に乗った獣たち。
今年は喪中なので鏡餅も輪通しも松も、正月飾りは何もなかったはずなんだが。
王様の腹にペロ コ の尻とテン コ の尻、まるで鏡餅じゃないか?


c0002408_1245514.jpg

・・犬の尻の初夢を見そうだ。

今年もこいつらをよろしく見守っていただきたい。
[PR]
by NOONE-sei | 2012-01-03 01:41 | その六の百夜話 父のお話(2) | Comments(10)
Commented by ろここ at 2012-01-04 00:26 x
わぁ、素晴らしいお鏡餅ですねぇ。
こんなにりっぱなのがあるなら正月飾りはいりませんね~(笑)

お弟子さんのお話はいい話ですね。
技術も道具もずっと受け継がれていくんですね。
そして思いも受け継がれているからそういう弔事になったんでしょうね。

>昼から利き酒
そっか、それで、あんな時間に酔っ払ってたのか(納得)
私も酔ってたけど(笑)
今年もお付き合いよろしくお願いします。
Commented by NOONE-sei at 2012-01-04 01:08
ろここちゃん、
あけおめでありまする♪

そうなのそうなの。
わたしって、明るいお酒なの(笑) 酒飲んで迷惑かけてるかも。
今年もこちらこそ、どぞ、よろしくです~。
って、深夜の今も酔っぱなの、ゆるされて~。ろここちゃん、好き~。

父の弟子のいい話はねぇ、四年も経ってやっと文章にできたよ。
ほんとうに、人情で繋がっているいい話を あっため続けて
やっとこんな、お正月に葬式の話をするかぁ?と呆れられそうだけど、
今になって書けたよ。
でもわたしらしいとも思ってくれるかな?

もみはきなこ餅、うちの獣らは鏡餅♪
Commented by ろこお at 2012-01-04 23:01 x
おおぅ、立派な鏡餅ですねぇ
って ろここが先にコメント差し上げてましたね~(笑)

ボクの父も建築関係(板金)で、沢山の道具が残され
ボクが殆どを貰いました。跡は継いどらんけど。
でも手先の器用さは確かに引き継いだみたいで感謝しとります。

ろここ、もみじ共々ヨロシク~♪
Commented by NOONE-sei at 2012-01-05 12:02
ろこおさん、
>ろここ、もみじ共々・・・
ぎゃはは、並列だぁ。
こちらこそ、セイんちのヒト・ケモノ共々よろしくです~♪♪

大工も建築板金も高いところに上りますよね。
小さい頃、父の現場に行くと、建てている真っ最中の家を見るのが
だーい好きでした。
道具も触らせてもらって、しょっちゅう、ごちょごちょなにか作りましたよ。
ろこおさんがお父様のお道具を持ってらっしゃるのね、いいねー。
わたし、お父様のかくれファンですのよ、おほほ
Commented by ブッピー at 2012-01-06 13:02 x
まぁ!大きな鏡餅!!ホントに仲良しさんな鏡餅♪
さぞ王様も重かったでしょうね~(^o^)

モノってそれら自体に当然意識はないけれど使われてると
生き生きしてみえたり愛おしく思えたりしますよね。
私の父も建築関係だったので、私も小さい頃から
あっちこっちで釘をトンカチ打ってましたよ(*^_^*)

セイさん、今年もよろしくお願いいたします。

Commented by ひす! at 2012-01-06 17:25 x
こんにちは!
なるほど、それは確かに嬉しい光景ですね。
私も常々、道具にも気持ちではないけどそういうものがあって、
その道具が正しく大切に使われる(これ大事)事が一番大切だと考えています。
だから、どんなに価値があっても道具としての本分を全うできずに飾られたりしている道具は不幸だと考えております。
それだけに、今回のお話は、読むにつけ、ふんふんふん…その通り!
と感じておりました。
技や心意気、そういったものを受け継ぐのとはまた違って、
なんというか、残った思いや、それまでの積み重ねが無駄にならず、
今後も生きて役に立っていく。
う~ん、うまく言えないけれど、そういうのを確認できるようですごく嬉しくなります。
>お葬式
最高のお葬式ではないですか。



>鏡餅♪
ああ、もう何も申せません!
最高でありマス!
美味しかったよ♪お腹いっぱい♪
Commented by NOONE-sei at 2012-01-10 10:11
ブッピーさん、
遅くなりまして、、、、ぺこり
そしてそして、、、、今年も楽しいお付き合いをどぞ!よろしくです~
でで、玄関の花は今だに綺麗に咲いております。
花がこんなに長持ちするって、どれだけうちって寒いのかとも言えるかも(笑)

ブッピーさんのお父様も職人さんだったのですか!?
うわぁ、うれしいなぁ。子どもにとってあの道具類は魔法の杖ですよね。

夕べ、犬連れのお客様がありまして、ペロ コ といちゃいちゃいちゃいちゃ、、、
メス同士ですけど仲が良くて、お客様の腹の上で二頭が。
お客様はその重さに何度もうめいておりました、わはは
Commented by NOONE-sei at 2012-01-10 10:25
ひすさん、
遅くなりまして、、、、ぺこり
今年も嫌がらせメールで携帯の練習をさせてくださいませ(笑)
それからひすさん、お体に気をつけてくださいね~

四年もほったらかしていて、しかも
震災で作業小屋の中がめちゃくちゃになり、とりあえず片付けたので
道具類にはほんとにかわいそうな目に合わせていたんです、しくしく
お兄ちゃんは、たとえば鉋(かんな)にしても用途によって
たくさんの種類があるんですがひとつひとつ手にとって、
これが使える仕事が今はほとんどないけどいつか使いたいから
手入れすると言ってくれて。
今の家って簡単に建てるでしょう?でも、いつかは、、って。
道具はやっぱり使ってこそのかがやきですものね。

しわぺろてん、またご馳走(笑)できるようにがんばります~ 
Commented by ハクママ at 2012-01-12 17:45 x
お父様とお弟子さんの話、心に沁みました。
お弟子さんのお酒は腹に沁みそうです。

うってかわって笑える鏡餅。

この展開は秀逸ねえ…やられたわあ。


Commented by NOONE-sei at 2012-01-13 01:07
ハクママ、
彼が父に弟子入りした時、わたしは中学生でね、
定時制高校という言葉は知っていても、働きながら学ぶということが
まったくわかっていませんでした。
彼が修学旅行のお土産を父に買ってきてくれた時も、
家には買っても父に土産を買うという意識はわたしにはなかったし。
だから、葬式で「おやじ」という言葉を聞いて、
恥ずかしいけれど 「あぁそうだったのか・・・」と
初めていろんなことを知ったわけです。
まったく、わたしったら。

鏡餅、ウケました?
なんかとても褒められた気がするわー、えへへへー

名前
URL
削除用パスワード


<< 40夜 はつはるの抱負 38夜 一陽来復 >>