39夜 たからぶね


今日はいいことがあった。
まだ若くて新米の大工の兄ちゃんが、父が長年使った大工道具を貰いに来た。
もう四年もほったらかしで埃だらけにしてあって、
けれどもうちでは大工の跡継ぎはおらず、父の道具に申し訳ないようで、
ずっと気が引けていた。

年季の入った鉋(かんな)や墨壷やノミや鋸(のこぎり)などなど、
たくさんの道具が作業小屋から出されて日の目を見た。
父の四十九日に父の弟子に形見分けのノミを選び出した以来、ずっと眠っていた道具だ。
「用と美」という言葉があるが、そのとおり道具には美しさとちからがあって、
庭に並べられた道具類は壮観だった。
彫刻が施されている道具をいくつかだけ記念に残して、ライトバンに一杯の道具を持ち帰り、
兄ちゃんは時間をかけてそれらを生き返らせる。

四年前、父の弟子が訃報を聞いてわが家に駆けつけた時、
彼は開口一番、「親方、手を握らせてください。」と言った。
夜間高校で学びながら父の元で修行をした彼は父と同じごつごつした手をしていた。
葬儀では弔事を述べてくれ、原稿なしで父の遺影に
「親方、俺はおやじがいなかったから、親方がおやじだった。」
そう呼びかけると弔問客の皆が泣いた。
その強い想いのあまり、弔事の最後に彼は
「セイちゃん!俺は、俺は、、、がんばってもらいたい!」
わたしを大きな声で励まし握手の手を伸ばした。
葬式で親族が「はいっ!」と返事をして弔事の最中に立ち上がるなど、
いままで多くの葬儀に参列したが一度も見たことがない。

新年の蓋(ふた)明け、道具が蘇るに相応しい晴れた日、
わたしは父の葬儀のことを思い出していたけれど、
父も喜んだかもしれないがもう雲の上の人なのでその気持ちはわからない。
なにより、日の目を見た道具たちが、今日一番喜んだのではないかな。
今夜は初夢、宝船の荷はきっとたくさんの大工道具だ。



c0002408_120739.jpg

兄ちゃんが年始にくれた酒。
年末年始は疲れがたたって調子を崩し、酒が飲めなくて困るんだが、
気持ちのいい酒だから飲まないわけにはいかない。
昼から利き酒。








わが家の獣たち
c0002408_1351780.jpg
王様の腹に乗った獣たち。
今年は喪中なので鏡餅も輪通しも松も、正月飾りは何もなかったはずなんだが。
王様の腹にペロ コ の尻とテン コ の尻、まるで鏡餅じゃないか?


c0002408_1245514.jpg

・・犬の尻の初夢を見そうだ。

今年もこいつらをよろしく見守っていただきたい。
[PR]
by NOONE-sei | 2012-01-03 01:41 | その六の百夜話 父のお話(2)


<< 40夜 はつはるの抱負 38夜 一陽来復 >>