31夜 いま起きていること

 
メンタルな話なので引き寄せられる人は読まないほうがいい

田舎では「自分の」のことを「我が」と言うことがあって、
母が父の看病を投げ出したときに本家筋からは「我が旦那だべに」という声が聞こえた。
今度は、現在、その母が急変しひとりぼっちでわたしは対応に追われている。
親類縁者というものは日々の現実は知らない。
知らないけれども「我が親だからナイ。頼むよ。」当たり前のことだからと何度も言われた。

文字通りの親と子、だから当たり前なんだろうか。
産んだから親なんじゃなくて、認識し続けたから親と子なんじゃないんだろうか。
その関係をうまく作れなくてきたわたしと母は、
今、親と子というよりは保護する者とされる者という形で成り立っている。

認知の問題は、緩慢に進む人もいれば、母のように堰を切ったように表出する人もいる。
母は自分に起こっている急速な変化に不安の中で認識があって、
そのことをいたましいと思い、わたしは母を寝かしつけてから毎晩泣く。

この涙が一体なんなのかがわからずに、
ずっとウェブログに文字を綴ることができずにきた。
・・これは悲しみというよりは、憐憫なんだと今日気づいた。




□九月初めはリンドウの季節
c0002408_192974.jpg
山野草を供する料理屋で添えられていた花。母に生けてもらった。



c0002408_1112317.jpg
吾妻山に連れて行った。高原の花々。



c0002408_1131772.jpg
湿原のリンドウ。



c0002408_1135483.jpg
温泉のつり橋。
[PR]
by NOONE-sei | 2011-09-25 01:18 | Comments(20)
Commented at 2011-09-25 10:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pit-m at 2011-09-25 11:49 x
おじゃまします。pit-mです。ご訪問ありがとうございました。

不肖の息子である私は、母が亡くなる直前まで、病態に気が付かず、
何の準備もできないまま、見送りました。

今でも、心の整理はできないままです。
ましてや、この歳(?)になっても人生に何の覚悟もできていません。

整理できないものは、できないものとして、今の自分を
引き受けながら、やんわり生きているしかないのだと考えています。

今、滋賀県の佐川美術館で過ごしています。
軽い食事をしながら、パソコンを広げています。
少し、ゆったりした気分を楽しんでいるところです。

白状しますが、実は、私はペットがとても苦手です。(笑)
お許しあれ。また、訪問させていただきます。
Commented at 2011-09-25 14:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-09-25 14:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-09-25 14:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ハクママ at 2011-09-26 11:41 x
>悲しみというよりは、憐憫なんだと〜
偉いな、よく書いたね。
文字にすることで整理できるんだと思う。

悲しみは主体との距離が近いけれど、
憐憫は主体と距離がある。
親子のかたちはいろいろあって、
何が正しいというものじゃないと思います。

セイさんと母上の距離はそれでいい。
セイさんがしっかりとその位置に立って、
巻き込まれないことだと、私は思います。
Commented by mica at 2011-09-26 15:47 x
ハクママさんに、同じく。

> 憐憫
これは、客観視できていないと
出て来ない言葉。とても大事なことです。
介護は、共倒れしないためにも、客観視は必須。

「親だから」は、もう、やめよう。
親子であっても、個々の人間同士。
同じ親から生まれたきょうだいであっても性格が
違うように、親子だからといって、仲良くべったり
していることが、美徳ではないはず。

産み育ててくれたことは感謝し、
オトナになった今、いろんな呪縛や
不要な信念を手放す時が来たのだと、思います。

かといって、なかなか余裕を持ってそういったことに
対処出来るような状況ではないと思います。
まずは、ありとあらゆる手(方法)を使って
自分の時間を作りましょう。

距離を取ることは、反則技じゃあ、ありません。
距離を取ることで見えて来ることが、たくさんあります。
Commented by NOONE-sei at 2011-09-27 00:20
鍵コメントさん、
ありがとうです。そちらこそお辛い時なのに心にかけていただいて。

pit-mさん、「太平洋~」さんでお見かけしていて。やっと繋がれましたね、
こうしてやりとりができて嬉しいです。
あなたの波長に、なにか自分と近いものを感じたものですから・・・

鍵コメントさん、
心強いです。背中を押して、胸を張れと言ってくれたように感じています。
何度も何度も読み返しました。

ハクママ、
書いている本人が気づかないところを掬い取って読んでくれて、
言葉かけをしてくれてありがとう。
その肯定感がわたしには必要なことだったんだね?

micaさん、
ひとつひとつの言葉が実感を伴っているだけに、沁みます。
まるでわたしの葛藤が手に取るようにわかっているのだろうなぁ、
わたしは貴女になにもしてあげられなかったのに・・
出来得れば、これからもその励ましをどうぞどうぞ、わたしに
投げ続けてください。だってすぐ凹むんだもの。
Commented by pit-m at 2011-09-27 22:41 x
気になってしまったので、少しコメントさせてください。

仕事がら人の心と向き合う機会が多いので、「憐憫」という
心の仕組みについては、実感として理解できます。
相手との適切な距離を取ることも仕事なら当たり前のことですが、
一方で「我が親」との距離について今の私に言えることはありません。

ただ心はともかく、あなたの「体」はとても悲しがっているのではないか、
うまく言えなのですが、泣くことでそれを伝えているのではいか、
私は、そんなことを考えてしまうのです。そのことが少し気がかりなのです。

ところで、波長が近いのは、「すぐ凹む」ところかもしれません。(笑)
Commented by NOONE-sei at 2011-09-30 00:06
pit-mさん、
コメント嬉しいです。
時間が薬というけれども、怒涛の日々に
周囲に流れている一般的な意味での時間も、
私自身の中に流れるはずの生理的な時間も、
どちらもぐちゃぐちゃだったようです。

わたしの心持ちだけで解決できる問題ではなくて、
やっぱり母の病状に大きく影響を受けますね。
現在は薬がだいぶ効いているようで、60年くらいタイムワープしていたのが、
ときどき現在にも戻ってくれるようになって、夜に出歩かなくなって、
眠れるようになったら泣かなくなってきたんですよ。
体が「悲しがっている」・・・あぁ、なんだかいい言葉。
意識や自覚では測れない、そういうことがあるのかもしれないなぁ、
pit-mさんからのコメントを読んで考えました。
Commented by pit-m at 2011-10-03 22:33 x
たびたび、すみません。
2月7日の記事にいただいたコメントに今日、気が付きました。
googleのブログの仕様がよくわかっていなくて、すみません。
自分のブログなのにね。お客さんが少ないし、慣れていないのです。
今さらながらのお返事をしました。申し訳ないでござる。
Commented by ハクママ at 2011-10-04 20:17 x
セイさ〜ん、朗報です!

今日、テンコにそっくりな子猫のマイケル、
里親さんが決まりました!
これで晴れて家猫です。
応援、ありがとうございました。

1週間前からトライアルに出ていましたが、
今日、縁を取り持ってくださった動物病院から連絡があり、
神奈川県座間市のお宅に引き取られることになりました。

そのお宅には2匹の先住猫がおり、相性を見ていたのですが、
最初は喧嘩したものの、だんだん猫ちゃんたちにもご家族にも
慣れて、今ではすっかり甘えているとか。

残念ながら、そのお宅には犬はおりませんが(笑)。
新しい名前はウリ坊に似ているから「ウリ」だそうです。
この名前にも3日で慣れたというから、かなりの大物。

これで私の知っている、今年春生まれの茶トラちゃん3匹
(テンコちゃん、ウリ、それに友人が引き取った金之助君)は、
みんなハッピーニャンコになりました。
めでたし、めでたし。

座間に旅立つ前に、もう一度ゾーイと一緒の写真をとっておけば
よかったなあと、ちょっと後悔してます。
ま、テンコとシワちゃんの写真をみれば、
いいんだけどね(笑)。

Commented by NOONE-sei at 2011-10-06 01:14
pit-mさん、
こちらこそ、お手数をおかけしてかたじけないでござる(笑)
一件落着はよろこばしく、安堵いたしましたよ。
Commented by NOONE-sei at 2011-10-06 01:22
ハクママ、
テン コ に「うり三つ(笑)」のウリですか。
・・って勝手に命名理由をすりかえてしまいました。
犬のいないお宅というのがちょと残念ですけど、
きっと猫や近所の犬にも動じない立派なウリ坊になることでしょう。
ウリ、運を引き寄せて掴みましたねぇ。
遠くのこの地からご縁もないわたしですが、
どうぞどうぞ、機会があったら動物病院にわたしからもひと言
お礼を伝えていただけると嬉しいです。
Commented by ハクママ at 2011-10-07 08:45 x
うりふたつの「ウリ」、うまい!!
Commented by NOONE-sei at 2011-10-08 19:58
ハクママ、
えへへ~

今日はいいことが。王様に誕生日の花束をもらったこと。
ちょとわるいことは、母が大金を失くしたこと・・・ ひぃぃ
Commented by ブッピー at 2011-10-08 22:18 x
セイさんお誕生日!?
おめでとうございます\(^o^)/
○○歳おめでとう!!
誕生日に花束。小説やドラマでは自然でありふれていても
現実ではなかなか。。
王様は優しいなぁ~~

明日から、ろこ家とキャンプなんですよ!
久しぶりに会えるのでとっても楽しみですー
Commented by NOONE-sei at 2011-10-09 08:17
ブッピーさん、
おはよーおはよーです♪
いくつになっても誕生日はとくべつ~
花束は今年もバラが入っておりました!
王様は年々進化しておるです(笑)
初めの頃は青いトルコききょうだけとか渋かったですよ。

うぅ~ん、キャンプ!
陶板肉か?肉なのか?嫌がらせメールで乱入してやるぅ。
Commented by bbking1031 at 2011-10-12 04:29
しばらく寝込んでいて、遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。
ご夫婦仲良くてなによりです。
ぼくのところもそうですよ。
Commented by NOONE-sei at 2011-10-15 23:20
osaさん、
お返事とお礼が遅くなりまして、ふかぶか~ ぺこり
osaさんのお体のことはいつも案じております。
無理しちゃだめですよ。

osaさんところもいいご夫婦ですよねぇ。
優しさやいたわりがある、それが伝わってきます。
うふふ 両家互いにのろけあってどうする(笑)
名前
URL
削除用パスワード


<< 32夜 すこしずつ 30夜 夏雨前線 >>