26夜 草食系と肉食系


 ・今夜の話に引き寄せられる人は読まないほうがいい


大学の帰りに、肉屋に寄ることがある。
この地では老舗の肉屋、すばらしい肉の数々。でも高級なので見るだけ、買うのは惣菜。
コロッケなら肉屋のコロッケに勝るものはないとわたしは思っていて、
だから家でコロッケを揚げることはほとんどない。 ・・いや本当は、
肉屋の売り値と美味さに、わたしが手作りしても労力ばかりでぜんぜん見合わないから。
巷(ちまた)では人間の傾向に草食系と肉食系という分類があるとか。
王様はコロッケが大好きな草食系であり、ほどほどの肉食系でもあり。
その日、肉屋で野菜を貰った。
「これ、もしよかったらどうぞ。」
上下とも真っ白な制服を着た肉屋のおねえさんが、
中玉の可愛い地物の新たまねぎを数個、袋に入れてくれた。

たまに行く喫茶店で会ったおじさんが、とても立腹だった。
奥方が県外の縁者に宅配便でこちらの菓子を送ったら、受け取り拒否で戻ってきたという話。
この地から汚染が来たというイメージを持って恐怖するわけだ。
その話を聞かされた店主もわたしもがっくり。
おじさんはあまりの立腹に早口の横浜弁。「剥がした表土でも送りつけてやろうか」と言う。
わたしは口をあんぐり開けていたけれど、気を取り直してゆっくりと言ってみた。
「前もって、こっちの物を送ってもいい?って聞ける相手じゃなかったんですか?」
するとおじさん、
「僕らが今住んでいる所の、安全基準を満たした物を送っちゃいけないの?」
わたし、
「いやいや、お気持ちはすごくよくわかりますよ。
でも住んでいる所が違えば感じ方もちがうかもしれないでしょう?
こちらの物を・・という気持ちを汲んでくれるかどうかは難しいですよ、こんな時だから。
こうならないように、ああ思われないように、って
先々(さきざき)をいつも点検しながら摩擦を避けるのが、
ここいらへんの人たちの暮らし方や考え方の特徴じゃないでしょうか?」
おじさん、
「僕はねぇ、間違ったことをしてないんだから、それまどろっこしいなぁ。
みんなそうやって考えてるの?」
店主、
「もう。ほんとに子どもみたいなんだからっ。」
叱ってもらうのが会話の妙味なのか、おじさんはいつもこんな感じ。

このおじさんの家では、肉が食卓の主なのだそうだ。
うーん、肉食人種、強い強い。


c0002408_259586.jpg





◆本日の百ケ日連打
「原子という言葉なら化学。原子力は擬似科学。力が入ると途端に失速する。」
原子力発電所という文字は見るのも書くのもぞっとする砂上の城。



311から四ケ月が経った。
忘れるなと言わんばかりに、長い余震で恐怖が蘇る。
子ども達は積算放射線量計を持たされることになった。

同じ地域にいながら温度差が大きくて、
近くの人たちとさえ迂闊に話すことはちょっとはばかられる。
平静の下にどんな水が流れているのか、計り知れないから。
それは線量計でも計測できないんだ。

年寄りは原発避難の足手まといになるから、と、
あっちに避難こっちに避難でばらばらになった家族の崩壊を悲観して自死した老女が、
「おはかにひなんします」という遺書を残した。
原発の収束は数十年単位と発表された。
さすがに言いたくなったよ。
政治の椅子取りごっこと押し付け合いは大概にしなさい。



c0002408_304734.jpg
回覧板にはこんなお知らせが。伏字には金平糖を載せてみたよ。


c0002408_315441.jpg
高校生の学ぶ場。ちゃんと制服を着ているんだなぁ。


c0002408_324240.jpg
c0002408_324942.jpg
新聞はテレビの報道よりも緊迫感がある。


c0002408_331249.jpg
ウルトラ文字というのを初めて見た。でもがんばろうって言わないで。


     
[PR]
by noone-sei | 2011-07-13 00:10 | 百ケ日連打(9) | Comments(10)
Commented by ツレ at 2011-07-13 08:56 x
おはようございます。
その肉食系のおじさん素敵です。
つーか、自分もきっと同じようなこと言うと思うw
真っすぐな正論は煙たがられちゃうのが世の常だよね。
本当にまどろっこしいよね。
でも負けないで突き進んでいくのだぁ!
Commented by noone-sei at 2011-07-13 12:09
ツレさん、
おはよー、こんにちわーー♪
(あれ?ぽぽぽぽ~ん みたいだ・・)

このおじさんみたいな感じって、シラフでは周囲にあんまりいませんねー。
酒が入るとこういうおじさんが急増する(笑)
そうね、正論なのかぁ、ツレさんに言われるまで気がつかなかったです。
ありゃーこまったおぢさん!と思ってしまっていたけど、
この元気さは、だいじなのかもですよね。
でも近くにいたら暑苦しいかもなので、
すこし離れて元気をばらまいてもらおうっと!(大笑)
Commented by ツレ at 2011-07-13 14:09 x
あぁ〜、でもでも、その場に立ち会ったわけではないので、、、
そっかぁ、きっと大騒ぎで大ひんしゅくだったんだろうなぁ。
空気が読めてなかったのねきっと。
Commented by bbking1031 at 2011-07-13 14:15
そちらの日常の雰囲気がよく伝わってきました。
しかしなあ。
ぼくは気にしないけどね、気にする人もいる。
歳の違いもあるし、人それぞれ感じ方は違いますが、現実はみな同じ。
自分のペースを崩さないように。
人生は残ったチーズのようです。
少しずつ大切に削られていく。
Commented by noone-sei at 2011-07-14 00:51
ツレさん、
おりょ、気を使わせてしまったか?すまぬ~。

おぢさんね、楽しんでました、うふふ
ちょうどその時ってお客がおぢさんとわたしだけだったの。

うっっ。今、余震が・・・・
がっかりするなぁ・・・

気を取り直して。
こういう強気のおぢさんもきっと必要なんだと思いました。
押し出しの強さがいっぱいあれば、なにか変わっていくのかもしれないですね。
その源は、、、、肉か?肉なのか??
Commented by noone-sei at 2011-07-14 01:01
osaさん、
日常の雰囲気、、、はい、伝えてみたかったです。
方法がわからないでいたけど、感じてもらえたならよかった。
新聞は生々しいのでずっと避けていましたが、百ケ日連打なので、
通常とちがうスタイルも読み手の邪魔にならないかな、、と
あれこれ考えながら書きました。
ちょとどきどきしたよ。

自分のペース・・・
ときに乱れることはいたしかたないにせよ、
気持ちにフタをしたり情報を遮断することはあるにせよ、
目に映ったものへの反応は鈍くしたくないなぁと思います。
あ、尖り過ぎないようにも気をつけねば、ですね。

Commented by ひす at 2011-07-14 14:13 x
なんかな~。
よくそういうことが出来たもんだ。

100歩、いや、万歩譲って受け取るのが嫌だったとしよう。
でもそれwならばそういう断り方でなく、そっと自分たちで処理できる方法もあっただろうに。
そういう考えが出来ない人は、自分のことしか見えていない
「おれおれ人間」なんでしょう。
まったく本当に、一人きりで生きているつもりなのか?
傷つけられたほうは、ずっとその傷口が治らないということが、
わからないんでしょうね。
あ・・、もしかしたら、こういう人は傷つくことがないのか?
だから、他人もそうだと考えているのか?

いやいや、絶対そんなことない。
そういうときは、より激しく怒り出すね。
きっと。

最近こういう人多くなってきたな~。

そうそう、我が家はもっぱら草食系。
でもソーセージとベーコンは大好きなんだから、
お子様系かな?
Commented by noone-sei at 2011-07-26 03:30
ひすさん、いまごろになってごめん!!!
やっと気づいたことがあってね、
26夜を書いたときには、腹が立ってなかったってこと。
ツレさんにコメント戴いて初めて、あれ?これって怒るのが普通だったのか?って。
おじさんの立腹のほうが気になって、「どうしようどうしよう、
怒っちゃだめだよ、おじさん。鎮まって~」という気持ちでした。
予想できる受け取り拒否は気をつけなくちゃいけないのに、
摩擦を増やしちゃいけないのに、、、、って。
おじさんは、立腹してたけど強い言葉で、なんか会話を楽しんでました。
わたしにはその強さも不思議に思えました。
悲しいよりも怒りが先にあるって、よくわかりませんでした。

ちょっと、自分の気持ちがアヤシイなぁ、って思いました。
311後の心理状態はまともでないと自覚があるって23夜に書いたんですが、
自覚もアヤシイかも、、、って思ったら、
コメントにお返事できなくなっちゃったんです。
そしたら百ケ日連打も止まっちゃって。

気分を少し変えてみますね~
それにしてもこんな亀レス、ひすさんは読んでくれるでしょうか~
Commented by ひす at 2011-07-27 13:57 x
>こんな亀レス、ひすさんは…
読んでますよ~!ヽ(^∀^)ノ

311後の心理というよりは、もともとの性格的なもんではないでしょうか?
いつだったか、そちらの気風が、
「まず文句を言わずに、自分側に原因を見出そうとして、まず耐えること。」
そういったお話をしていた気がします。
だから、今回の件でも、「怒り」より先に「悲しみ」が来たのではないですか?
私やツレさんは反対に、まず相手に対して「怒り」が先に出るほうなんで、
その差だけの話であって、あやしいとか、おかしいとか、どうとかいう話ではないですよ。

この辺の感じ方、受け止め方は人それぞれで違って当たり前なので、
どちらが正しいとかはないはずで、ただ、相手の感情の動きを見て、
「なるほど、そういう感じ方もあるのか・・」と理解しようとできればいいんじゃないでしょうか?
でないと、自分の考え方を修正しようとする心の反対の動きは、
自分以外の考えをまるっきり否定しちゃうことになりかねないような気が…
だから、つまり、セイさんはそれでええんですよ。
私やツレさんがセイさんになれないのと同じで、
セイさんも他の誰でもなく、セイさんなんだから。

Commented by noone-sei at 2011-07-30 02:12
ひすさん、
えへへ~

何度も読み返したです♪

つい先日、聴講生仲間と暑気払いをしまして、
昨年暮れ以来の顔合わせで、飲み始めて二時間も経ってから
ぽつぽつとみんな、重たさや憤りやイライラを語り始めたです。
そしてこの県の文化や風土や歴史のことなどに話が発展してゆきました。
いろんな振り返りがあり、みんな、気を使っていたんだなぁ、
とも感じました。
理性を保とうとしているんだなぁ、ということもわかりました。
わたしには「王様の千と線」での交流があり、
こうして気づかせてもらえることを思いました。
・・ひすさん、何日もかけてやっとお返事できたよ!たはは
名前
URL
削除用パスワード


<< 27夜 去年のいまごろ 25夜 くしゃみ >>