20夜 復興の街


311以来、初めて高速道路に乗った。そして初めて県外に出た。わたしは浦島亀子か。

今年も一箱古本市に参加、Book! Book! Sendai! の実行委員は
「いつもの日常がどんなに大切なものかを考えよう」と、中止にしないで開催を決めた。
準備中の期間はおそらくまだ震災の傷痕が生々しくて、街中が意気消沈していて、
開催への意欲を鼓舞するのには力が要ったことだろう。
しかし昨年同様、六月の仙台は本の月と定めてそのひとつ一箱古本市の参加者を募った。
参加者は約四十組。

坊さんと王様と三人でおもいおもいに一箱分の店を出し、
おもいおもいに商店街の通りを歩いて足を止めるお客と接した。
仙台は東北の復興のさきがけとなる大切な都市だ。
お洒落してデパートの買い物袋を提げている人々を見ると、
震災の傷はまだ各地で渦巻いているけれども、この街は歩き始めたのだということが感じられる。

翻(ひるがえ)って福の島の重たさはどうだ。
山ひとつむこうでも避難が始まった。
浦島亀子のわたしは、明るさを取り戻しつつある仙台ですこしだけ立ち尽くし、
ほんのすこしうらやましさを感じ、そして仙台は仙台なりに血だらけで歩き始めたことも知った。
福の島は復興にはほど遠く、今日と明日のことはわかっても、あさってのことがわからない。
希望を持とうにも持つ端から取り上げられているような日々だ。
あさっての見えかくれする街やなにもかも失くしてもあさってだけはある、そういう所には
前を向いて歩いてくれと願ってやまない。

帰りの高速道路のパーキングエリアで、初めてボランティア・バスを見た。
いつもは自衛隊の、行方不明者捜索と原発立ち入り禁止区域の警備に向かう災害派遣車、
そして避難しているコミュニティの子どもたちがいくつかにばらけて通うスクールバスを見ている。
放射能で手をつけられない瓦礫にはまだボランティアに入れない所が多くあるので、
体を張って働きに行く彼らを生で見たことがなかった。
・・バスが光って見えた。夕方だったからなのだと知ってはいるけれど。




□うろん書店
c0002408_338443.jpg

それにしてもわれながらいい名前の屋号だなぁ。名付け親に謝謝。
準備した本は舞台、美術、文学などなど。王様は久世光彦や国枝史郎などなど。


c0002408_3382466.jpg
c0002408_3385555.jpg
アーケードの商店街、いい夫婦。


c0002408_3407100.jpg
c0002408_3401970.jpg
文化横丁、いい親子といいふたりづれ。


c0002408_3463744.jpg
文化横丁のうしろ。

今年も、昼には去年の旨い寿司屋がちゃんと店を続けていた。
親方親子が看板のこの店、じいちゃん親方は震災以来店に出れていないそうで残念だったが、
そのかわり孫が修行に入っていてうれしかった。だからというわけじゃないが、昼から銚子を一本。
ちょうど蔵元が地酒を納めに来て、親方は客たちに宮城の美味い地酒を振舞ってくれた。
ごちそうさま。

     
[PR]
by noone-sei | 2011-06-30 00:33 | 書庫まつり(12)


<< 21夜 なかなおり 19夜 なくしたもの >>