18夜 いつともなしに


十八日が311からちょうど百ケ日(ひゃっかにち)。
本日は百十日。
言ってしまおう、
・・あー、なんだかつかれたなぁ。

わたしはメモ魔で、閃(ひらめ)いたらひと言ふた言書き留めておく。
そんな書片がたくさん貯まってしまった。
お写真もウェブログにすぐに載せられるよう、縮小し色加工し準備はとうにできている。
でもおはなしが書けないのだから、話にならない。
・・えー、駄洒落る元気はちょとあるのだな?

この地には「いつともなしに」といううまい言い回しがあって、
いつということもなく、という意味で使う。
ほんとうはリアルタイムでおはなしを綴りたいけれども、
季節感に追われるばかりで、緻密に纏(まと)め切る気力が伴わず、
気持ちのほうはさっぱり落ち着かない。
だから、いつともなしに脈絡なく、貯まるばかりでのしかかられたメモを
砂山を崩すように書いていくことにする。百ケ日連打をしよう、そうしよう。

百ケ日連打って、わたしの造語。
飽きるまでいつともなしに書いてみるよ、というくらいの意味ね。
おはなしになるかならないかは、、、
・・んー、ならないかも。


◆本日の百ケ日連打
「フクシマって言うな」
この地には福の島っていう名前があるんだから。


c0002408_0251818.jpg
美味しいものをいただいた。
チーズにメープルシロップをかけると素敵な気分。
[PR]
by noone-sei | 2011-06-28 23:55 | 百ケ日連打(9)


<< 19夜 なくしたもの 17夜 くちべにの花 >>