17夜 くちべにの花


こんな小さい町にも花屋はあって、
それが幾件もあると不思議な感じがする。
人に花を贈る機会はそうはないと思うのに、切花が揃えてあるのはなぜだろうと、
店先の彩りを見るたびに、いつも思っていた。

父が亡くなってほんの数ヵ月後に本家の伯父が亡くなった。
伯父の葬儀には、棺に畑の春の和花がたくさん供えられて印象的だった。
本家を訪ねると仏壇にはいつも育てた花があるのに感心する。
花への思いって、特別なもの?

五月に贅沢な花見を山あいの畑でさせてもらったときに、
こころから礼を述べたら伯母が言った。
「一生懸命に丹精した花だからナイ、観に来てもらって嬉しかったヨ。
んだけども、一番喜んでいるのは、観てもらった花だヨ。」
花が喜んでいる。そんな気持ちでわたしは花を育てたことがない。

月命日にはいつも花を持って父の墓に行く。
安達太良山も吾妻山も見えるいい所に墓があるので、行くとせいせいする。
本家に倣って近頃は庭の花を持ってゆくんだが、背の高い花がなかなかない。
本家の畑には背の高い花がたくさんあったとようやっと気づいた。
墓や仏壇に供えられるよう、本家ではもともと心がけて背の高い花を育てていた。
仏さまが居るようになって初めて、わたしもそうしたことに気づいた。

もう十年も行っていないが、
昔、絵を習っていた恩師の墓参は、寺の近くを通りかかったときに寄っていた。
急に行くものだから近くに花屋もない。
もちろん線香もないから、わたしはいつも、煙草を一本かばんから取り出して、
口紅をつけて線香の代わりに置いた。
・・煙草は線香、では、口紅は花?


                         *


今夜のお写真は、庭の花々を。

c0002408_3121923.jpg
すずらん


c0002408_3123059.jpg
みやこわすれ


c0002408_3124015.jpg
オダマキ


c0002408_3124955.jpg
これもオダマキ。織物の道具に似ているので糸繰草(いとくりそう)と言うそうな。


c0002408_3125987.jpg
ワカラン。名はなんという?


c0002408_3131127.jpg
これもワカラン。


c0002408_3132812.jpg
シラン。ワカランじゃなくて、これはほんとうにシランという名。


c0002408_3133924.jpg
父も庭の花を喜ぶだろう。


c0002408_3135739.jpg
田植えを終えた田んぼ。今はこれよりもっと青々している。


c0002408_314635.jpg
近所の友人の庭からまっすぐに見える安達太良山。ぽちっとした部分が山頂。
[PR]
by noone-sei | 2011-06-14 00:10 | Comments(14)
Commented by しょーじ at 2011-06-14 12:52 x
一瞬、「ワカラン」という花の名かと思いましたよっ。。。
上のワカランは、「ユキノシタ」でしょう。
下のワカランは……わかりません(苦笑)。
花びらの形に特徴があるので、ご存じの方はすぐわかりそうですね。
Commented by しょーじ at 2011-06-14 13:21 x
わかりました~。「エビネ(海老根)」と言うそうです。
らん科エビネ属の多年草で、学名「Calanthe discolor」。
あー、すっきり!(笑)
Commented by mica at 2011-06-14 15:20 x
あ。
もう、しょーじさんから回答がありましたね♪
うちの庭のエビネは、四半世紀以上モノでして、
その昔、旅行先の宿の御主人にもらったものです。
エビネは愛好家が多く(野生蘭は、皆そうかな)
その御主人も、日本各地をエビネを求めて
歩いていたようです。

わたしも、母の墓参には、買って行く他に
その時庭に咲いていた花を、1本でも持って行きます。
先日の父の火葬の際も、黄水仙を数本持参しました。

店先に並ぶ仏花は、花持ちのよい菊とか
通年あるものだから。
庭の花は故人に「ほら、もうこれが咲いてるよ」
という報告だったりします。
Commented by ブッピー at 2011-06-15 00:34 x
セイさんちには庭にエビネがあるんですね~
エビネって鉢植えで大事にというイメージがあったんですが
スゴイ。

ところで、昨夜は大変びっくらさせました(笑)
いつか、西郷村でアウトドアご一緒して下さい♪
夜7:00には東京入りしたようで
あまりにも開かない踏み切りに遭遇し、ココには
住めない~~と言っておりました。
Commented by noone-sei at 2011-06-15 01:58
しょーじさん、
ワカランとシランで駄洒落になりましたが、
ワカランとなると調べようもわからなくて。
ふたつともお調べいただきまして、ふかぶか~、ぺこり。

しかしですね、しょーじさんが花の名をねぇぇぇ・・・
しょーじさんが、ですよ?
しつこいですけど(笑)、そのことにびっくり!ですっ。
Commented by noone-sei at 2011-06-15 02:29
micaさん、
いつもはワカランときのmicaさんだのみ(笑)お世話になってます。
エビネって人気あるんですか。ほぉぉ。
うちの庭は山野草が多くて、名前ワカランのがいっぱいあるです。
ちかごろは、薔薇もいいけど和花もいいなぁと思います。
花があるんだかないんだかワカランような草もなかなか可愛い♪
またお写真を載せたら教えてくだされ~

>庭の花は故人に「ほら、もうこれが咲いてるよ」という報告だったりします。
あぁ、いい言葉だなぁ。
「花が喜んでいる」と同じく、わたしには気がつかなかった言葉です。
micaさんのご両親もうちの父も、四季の報告をされて、
墓であくびをしているヒマがないね(笑)
Commented by noone-sei at 2011-06-15 02:33
ブッピーさん、
エビネはそちらにもあるですか!
庭のエビネ、ひとつひとつは地味~な草という感じ。
ブッピーさんは和種もわかるのですね~、えらい~。

はい、たいへんびっくらいたしました。
王様が、前から知っていたら、夜、襲ったと言っておりました。
いつかいつか、遊びましょうね~。で、外ごはん、お願いします(笑)
踏み切りということは、車で移動だったのですか?
飛行機とレンタカーかなぁと王様と話しておったです。
(311以降王様ととても仲良しです。いや以前から仲いいですけど、あはは)
東京ですかー、鰐号が今住んでますけど急に東京弁になっちまったです。
Commented by くるり at 2011-06-15 09:24 x
ワカランは若返りの花で、中々咲かないんですよ。

…「はなかっぱ」(教育テレビで放送してる子供向け番組)の話ですけど(^_^;)
Commented by noone-sei at 2011-06-15 10:06
くるりちゃん、
あはははは。はなかっぱ!!
調べちゃいましたよー。頭に花が咲いているー。
「わか蘭」ですね?おぉ。
がりぞーの声は山口勝平、コナンの工藤新一とワンピースのウソップの声の人だっ。
調べていたら次々とワカランことがわかって、嬉しかったよ~~(笑)
Commented by noone-sei at 2011-06-15 11:02
くるりちゃん、追伸です。
今日はショウちゃんお誕生日ね♪

    ・*━+━*━+━*━+━*━+━*・
      お・め・で・た・う~~ 
    ・━+━*━+━*━+━*━+━*━・
Commented by ひす at 2011-06-15 14:48 x
こんにちは。
へ~、そちらには花屋さんがたくさんあるのですね。
きっと、住んでおられる人々の生活に、普通にさりげなく花が入り込んでいて、
それが当たり前の暮らしなんでしょうね。
(素晴らしいですね。)

で今回もそうですが、花屋さんに限らず、
セイさんのまわりには、いつも花が溢れていますね。
でも、花が咲いていても気にも留めない人もいる中で、
セイさんはすごく小さな花でも見つけて楽しんではる。
(大阪でもピンクの野草を見つけて喜んで張りましたもん。)
また、そういうのに目が行くから、
花に囲まれた生活に、こちらからは映るんだろうな。

お墓参り。
私はいつも缶コーヒー。
で、叔母もいつも缶コーヒーなんで、入れ替えで持って帰って私が飲んでます。
(=^^=)ゞ

>ワカラン
和歌蘭とは風流な名前ですね~♪
フフフ・・
( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
Commented by ハクママ at 2011-06-16 19:06 x
口紅のついた煙草。
なんて粋な線香だろう。
お墓のなかで恩師もどきどきするんじゃないだろうか。
Commented by noone-sei at 2011-06-20 01:16
ひすさん、
遅くなってごめんなさい~、ゆるされて。

花はですね、
近所の友人が「今盛りだから観に来て!」と電話をくれるくらい、
見せ合いますよ~。
ところがわたしはアヤメもショウブもカキツバタも区別がつきません。
きれいきれい~と喜んで、お茶によばれて喜ぶという具合で・・
うちの庭は季節になれば咲くし、母が手入れしてるし、
わたしはほとんど見るだけ~、わるいよね~、ふふ
でも、見るのは大好きです♪
大阪散歩を憶えていてくれてありがとうです。
あのときわたしの花も見ましたよね、木瓜(笑)

↓ 気合いを入れて調べましたからぜひ読んで♪
もしすでに知っていたらゆるされて♪
http://allabout.co.jp/gm/gc/72839/2/

ワカランもわかるとたのしいねっ。
Commented by noone-sei at 2011-06-20 01:22
ハクママ、
うふふ。
絵と結婚しちゃったみたいに、生涯独身を通してしまった恩師で、
おじいちゃんなのに青年のようなところがありましたよ。
女性で煙草を吸うというのがたいそう珍しく思ったらしく、
いつも楽しそうにわたしを見ていました。
どきどきしたんだか笑っているんだか、ね♪
わたしは笑っているんじゃないかと勝手に思っておるですよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 18夜 いつともなしに 16夜 鳥のことば  >>