15夜 青の野菜


春は緑。なのにどうして青のイメージがある?
青春というけれど、ほんとうは緑の春だろう?
そんな投げかけから始まった、青年心理の授業。
今年は大学で認知心理学を一年間、青年心理を前期の半年間聴講する。

青から始まり赤(朱)と白と黒。これは春から始まり夏秋冬の色。
この四つの色は方角も表わしていて、日が昇る東はやっぱり青。
漢の時代、「青竜」「白虎」「朱雀」「玄武」の四神が天の東西南北を示す。

青年心理では、生まれてから死を迎えるまでのうち、青年期と呼ばれる期間について、
発達段階や青年期以降の変化という全体の推移も含めて注目してゆく。
ところで心理学に思春期という言葉は出てこない。じつはこれは医学で使う言葉。
医学で言う「思春期」を心理学では「青年期前期」と呼ぶ。
着目点は、医学は生理的な変化、心理学は心理的な変化。聞いてみればあたりまえな感じ。
人になりかけの春の頃、いろいろなことを思い「人」というものに近づく、
そんなイメージの思春期という言葉はどこか文学的だ。
なのにそれは理系の医学で使われる言葉だというのが奇妙な感じがする。

心理学が文系か理系かというおはなしはまたいつかのおはなしにするとして。
もひとつところで人間の進化はちょっと他の動物とちがう。
昔も今も誕生の時の大きさは平均で3000グラム前後、
なのに現代の人間の成人身長の平均はまだ伸びている。
キリンの首が昔に比べて長くなったなんて話は聞いたことがない。
人間以外の動物の、種としての大きさはだいたい決まっているのになぜ人間だけが
伸び続けているんだろう。不思議でもあり、ちょっと気持ち悪くもある。
そして身体的な変化が早く前のめりに訪れ心が追いつかなくなってもきている。
これを発達の加速化現象という。あ、気持ち悪いというのはわたしだけが思っていること。

蛇足なおはなし。
講義はビルの五階や六階で行なわれる。
エレベーターは震度3で止まる設定になっている。
五月二十日は、授業の前に余震時の避難方法についての説明があった。
ちょうどその真っ最中に強くて長い余震があって、ぐらりぐらりと揺れた。
・・一応、ドアだけ開けておきますかね、、、。そう指示を受けて、
誰も席を立つ者もなく、静かに授業が始まった。
そこに集っていたのは大学生だから、青年期も、もう後期の者たち。
激情のような揺れに劇的な変化を遂げる青年期前期を「第二の誕生」というんだが、
すっかり、生まれてからもう一度生まれなおして久しい者たち。



今夜のお写真は、青い春の野菜を。



c0002408_2405533.jpg
14夜の本家の畑の行者ニンニク。


c0002408_242124.jpg
こちらが普通のニンニク。


c0002408_2424297.jpg
ルッコラの花。今はロケットと言うの?


c0002408_2434159.jpg
野アサ。アサツキのこと。


c0002408_2515770.jpg
c0002408_252989.jpg
コゴミの炒め物。本家のある山あいは驚くほど線量が低いから山菜を口にできる。



c0002408_2522055.jpg
c0002408_2442337.jpg
サラダの素。


c0002408_245591.jpg
五月初めの春サラダ。
野菜には、セリ科、キク科、アブラナ科などなどがあるのだという。
アブラナ科のものは放射性物質を吸い上げるので口に入れることははばかられる。
トマトやキュウリはだいじょうぶなのだとか。
よく調べて食生活を送らなくちゃいけなくて、今年は周囲の畑に菜の花が多くて、
それは収穫されなかった葉物がたくさんあったということで、すこし悲しくなる。
[PR]
by noone-sei | 2011-05-30 00:10


<< 16夜 鳥のことば  14夜 花鎮めの儀  >>