12夜 花の名


c0002408_311132.jpg

可憐な花だろう?

311から二ヶ月が過ぎた。
月日が流れるのはたいそう大切なことで、
とらえきれぬほどの大きな現実を 一旦、自分の胸に取り込んで咀嚼する時間をくれる。
月日を数えるのはもっと大切なことで、
亡くなったひとや死んでゆく動物や、失くしたものやこれから失くなるものを 
ずっと、思い続けるよすがとなる。
このウェブログはおはなしの手触りを綴っているのに、現(うつつ)の傷がひょいひょいと顔を出す。
震災の傷痕や近くのひとや遠くのひとのことを思わない日はない。

いつか春が来るからがんばれと言われ続けてその春はもう行ってしまった。
言われなくとも十分がんばっているからもう言わないで、三月はそうテレビの映像に答えたかった。
けれど、四月は忘れられていくような気がして、この地で狂ったように咲き続ける花にすがった。
そして五月、畑では実の生る桃の花は終わり、林檎の白い花が咲き始めた。
わたしの「忘れないで」という声を掬(すく)って祈り寄り添い、
「あなたを忘れないよ」と落ち着かせる友だちの声が胸まで届くようになった。

もうじきさくらんぼの季節、夏には桃、秋には林檎。
収穫しても他県の人々の口に入るかどうかは生ってみないとわからない。
米も野菜も果物も、それでも農家は作り続ける。
そしてこの地の人々はいつもどおりの日々を暮らそうとしている。

天皇ご夫妻が、うちのすぐ近くに避難している人たちを見舞ってくれた。
静かに思い続けるこの祈りの前で、貴賎の別なくわたしたちは等しく民の子らだと改めて思う。


                            *

今週から大学が始まった。
昨年の夏、大学は、誇り高いかの地、飯舘村の村長を外部講師として招いた。
福祉学部の学生たちに、村が実践してきた数々の理想的な事業の根幹を成す理念、
血の通った村営福祉施設、質の高い農業と酪農への取り組み、コミュニティの捉え方と展望、
村営書店や「あなたにつなぐ飯館絵本リレー事業」という絵本図書館、等々の講演をしてもらった。
その飯館村の計画避難が明日から始まる。
公務員宿舎や旅館に六千五百人もの村人が散らばることになった。
どこにあっても、このコミュニティの誇りが傷つくことのないよう、心から祈っている。
祈り続けている。 ・・花の名は「忘れな草」。


□までい産品
c0002408_3224449.jpg
トミちゃんが作った料理のたれと菓子。


c0002408_3231352.jpg
この地で一番のランチを少し弁当に詰めて持ち帰った。



□花
c0002408_324561.jpg
四月の末の果樹畑。桃の花が満開。遠くの鉄塔は東北電力の変電所。



c0002408_344839.jpg
鑑賞用の花桃には負けるが、それでもこんなに桃の色が紅(べに)のようだ。



c0002408_364860.jpg
菜の花。土壌の改良にいいと聞いた。
東京電力原発避難区域の一時帰宅に、菜の花の種を蒔くんだと持っていった人がいるという。
なんともせつないはなし。



次の夜から数夜、花や野菜のお写真を連続で載せようと思っている。
もう、ツバメを見かけたので夏の気配なんだが、五月初旬の春は、
やっぱり載せておかないと。








テン コ が750グラムになった。この色の猫を茶トラというのだって?
明るくて人懐こくてすこしおばかなんだと聞いた。
猫って、色で性格判断をするのか? ・・そういうのって心理学的にはちょとあやしい。

c0002408_3295478.jpg
04.27 シワ コ の尻毛にくるまって。


c0002408_3314071.jpg
シワ コ の腹にて。


c0002408_3323470.jpg
ペロ コ の腹にて。
ペロ コ の乳はテン コ に吸われて内出血した。さすがに不憫だったペロ コ 。


c0002408_3333926.jpg
互いが互いのおもちゃ。


c0002408_334569.jpg
じっとしていない。


c0002408_3355223.jpg
05.12 夜の獣たちは、ただ寝ている。
[PR]
by noone-sei | 2011-05-14 00:10


<< 13夜 夏の前 11夜 山あいの風情 >>