4夜 島のくらし


浮き足が止まらない。
赤ちゃんの水にお母さんたちが泣いている。

停電や節電に我慢している小さな子のお母さんが、
被災地を思い、ご亭主の疲れを癒す晩酌に「これって贅沢なのかも・・」と、
ちらりと罪悪感を感じる。

それはわたしも同じ。
「たまの贅沢は、素敵でしょ。」と言って友人にドリップで入れたコーヒーを勧める。
そしてちらりと罪悪感を感じる。

今日、王様が三時間並んで三千円分のガソリンを給油できた。
地震後、初めて大きなスーパーに連れて行ってもらったら、
チーズや牛乳はなかったけれども、生鮮食品が並んでおり、
買い物客は大勢いたが、買いだめする様子もなく、
普段どおりに買い物をしていたので、たいそう安心した。
まだ収まらない原発に、重い気分を持ちながら、
それでもできるだけいつもどおりへと、皆の暮らしが始まっている。
そして、やっぱりわたしはちらりと罪悪感を感じる。

九州で暮らす、昔世話になったお姉さまから電話をもらった。
「水がなくなっちゃったの。みんな関東の知人友人親戚の赤ちゃんに水を送ってるのよ。」
とてもとても罪悪感を感じる。

この地に住んでいるというだけで感じる罪悪感。
死ななかったというだけで感じる罪悪感。
被災地は辛かろうと思うだけで感じる罪悪感。
日本中が小さな罪悪感でひしゃげ始めているんだろうか。
この、共鳴音を 耳を塞いで打ち消すには皆が傷ついている。
震災直後の体力と気力が底をついてきた。
本や音楽や映画やスポーツ、日々の晩酌、そうしたものに罪悪感を感じちゃいけない。

九州のお姉さまは、東京電力と国に怒っているでしょう?とわたしに訊ねた。
もう原発がなくなればいいと思ったでしょう?とも。
答えられなかった。それはとてもむずかしいんだ。
罪悪感の出処と、それを並列に並べて迂闊に話すことはできないな、と思った。

電話の本題は、わが家に移住を勧めるものだった。
「考えてみて」と言われたのはある大きな島。
とても具体的だったけれど、それはとてもむずかしいんだ。
日々の重苦しさの出処と、それを並列には考えられないかな、と思った。

・・「島のくらし」?わたし、海では浮き足立って泳げないからやっぱり無理だと思う。




□島というと
c0002408_2475650.jpg
昨秋に撮った宮城県の景勝地、松島。松島の牡蠣養殖は、養殖棚が流されてしまったが、
この点在する島々が緩衝材になって津波の勢いをやわらげた。
今日のスーパーに、牡蠣はひとつもなく、広島からも入荷しないという。
そうなると牡蠣が食べたくて、惣菜で売っていた牡蠣フライを買った。
・・ちらりとある罪悪感、食い意地には勝てない。
[PR]
by noone-sei | 2011-03-28 00:10 | Comments(10)
Commented by しょーじ at 2011-03-28 18:26 x
松島の写真、きれいですねー。
一日も早く、また、こんな美景が見られるようになってほしいです。

ところで、やはり、食い意地には勝てるものはないですよ(笑)
牡蠣は私も大好きですが、もう季節的に終わりですね。
他にセイさんの食い意地を刺激するモノは何ですか~?
Commented by noone-sei at 2011-03-28 21:48
しょーじさん、
そうそう、美景と牡蠣小屋の復活を是非と思っています。
行かなくちゃと思っているうちに、牡蠣小屋、流されちゃったのです~(泣)
食い意地大王ですのでね~。無いとなれば食いたい。
>他にセイさんの食い意地を刺激するモノは何ですか~?
そりゃ、もちろん、この日、一個もなかったチーズでありまする!
Commented by オア at 2011-03-28 22:08 x
罪悪感と言い切れるほど当事者の内省ができてないこともありますが
自分もこの取り巻く不健全さの一部であるという気持ちが澱のように溜まり続けてるのがけっこう辛いですね
Commented by noone-sei at 2011-03-28 22:37
オアさん、
はい、辛いですね。
なんでしょう、この重苦しさ。罪悪感と名づけましたけど、
生殺し感にじつは近い感じでどろんとグロテスクな感覚。


オアさん、ありがとうです。
わたし、そういう生々しい感覚を言葉にしないで書いてましたけど
そういうこと、ほんとは言わせて欲しかったのかもしれない。
Commented at 2011-03-29 00:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by noone-sei at 2011-03-29 02:56
鍵コメントさん、
自分でも自分にびっくりしています。
気づくのが遅い。(鈍いのか?)
さっさとこれからの復興に前だけを向きたいのに、
毎日の余震が収まるのを待ち、原発が収まるのを待ち、、、
ずっと待っているうちに、
負がひょいと顔を覗かせてしまったかも。
ちいさな毎日を繰り返す強さが欲しいです。
共振しないでひとを思うしなやかさが欲しいです。
エールをありがとうです♪ こころより

あ、コイツ、また負だ!と思ったらまたエールお願いします(笑)
Commented at 2011-03-30 07:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ひす at 2011-03-30 17:58 x
こんにちは。
なるほどなるほど…
実は先ほど、いつもの面々で、
来月桜を見にツーリングにいこうかと話が出ましたところ、
「都知事が花見自粛要請を言ってるよ。」
との声が上がりました。
ま、これも一種の罪悪感からでしょうね。
でも、自粛続きで、青森などの観光地は大打撃!
新幹線開通を見越して設備投資しただけに、まさに死活問題だとか…
いつもどおり、普段どおり、そうできる人間は、
勤めてそうするのもひとつの責任なんでしょうね。
悲しんで、自粛していて、それで復興の手助けになるなら、喜んで自粛しますが、
そんなことはないから、今日も勤めていつもどおり。
そう思って、罪悪感を押し込めております。

でも、連日の「春のかきまつり」だけは、罪悪感感じました。
(*^人^*) 「ごめんなさいね!」

Commented by noone-sei at 2011-03-31 01:16
鍵コメントさん、
わたしの「普通の生活」が、少なくとも一人の心を救っている??
あぁ、そんなふうに読んでくれていたとは・・・
まったく知りませんでした。
すごいことだと思いますとも!

>「中の自分が外の自分に付いていけなかったりもします。」
これにはじんとなりました。
このひとことは、端的でそして重い。
今のわたしであり、あなたであり、きっとみんなであると思いました。
この当たり前の感情を受け入れていこう、そう思いました。
このタイミングにこの鍵コメント、、、あなたも辛かっただろうに。
Commented by noone-sei at 2011-03-31 01:50
ひすさん、
話がズレてたらごめんなさいね。
頭でわかっていることと、心情が遊離しちゃうことがあってね、
これも段階のひとつなのかな。
その次には冷静な判断と底上げがやってくる、、、、のかな。
実際、遠くの人から心配の連絡をいただくと、物はなんとかなりつつある、
でも心理的な圧迫は長く続いている、この矛盾を説明できないんです。
物理的人命的な被害がないというのは、わかりづらいらしい。
うちは近くに大きな自衛隊の基地があるんです。
毎日の余震と頭の上を飛ぶ飛行体とじゃんじゃん走る県外ナンバーの災害救援車、
その横でガソリンを入れるために車の行列に並んでいる、このおかしな感じ。
自覚的に「小さな毎日を繰り返す強さ」が欲しいです。

牡蠣!あはは、ゆるす~。
美味しいお好み焼き大会やら甘いのやらからいのやらで潤っておるので~。(えらそー)
名前
URL
削除用パスワード


<< 5夜 福の島のくらし 3夜 お茶の時間 >>