2夜 桃雪の節句


今日は桃の節句。

春の桃とは名ばかり、朝から雪が吹き降りて、外のバケツには氷が張った。
公共の水道ではそうはいかないんだが、わが家は地下水なので、
寒い間は一日中、外にある水道の水を細く出しておく。
昔は台所や洗面所の水も、夜はそうしていた。
うっかり栓をきゅっと締めて寝てしまうと、夜に水道管の水が凍ってしまって、
朝には水が出なくなり、昼には解けて激しい勢いで噴出するということがあった。
水道管が破裂することもあるので、寒い夜には水との相談が要った。
古い家では、今でもそうしているのじゃないかな。

畑にいたずら心で植えた蕗が、フキノトウになってたくさん芽を出した。
フキとフキノトウは同じ根のものなのだと、一年を通して見るとやっと分かる。
花のない時期。そう思っていたら、福寿草が咲き始め、
日当たりのいい畦道(あぜみち)には、小さく青い花がびっしりと咲いていた。
やっぱりもう春なのかしら。

今年はついぞ雛飾りを出さずにしまった。
そのかわり、甘酒を飲んで和菓子を食べ、母と茶飲みをした。
週末には、田舎に住むわたしが言うのもなんなんだが、
すばらしく田舎の町の雛祭り、つるし雛を見せに連れて行く。
運転がたいそう不安なんだと女ともだちに言ったら、予行演習をしよう、と、
山坂越えて車を走らせ連れて行ってくれた。
今度は自分で運転してゆけるだろうか。やっぱりたいそう不安だ。

わが家のお雛様は、おでかけはわたしといつも一緒。
こんなふうに濃密に過ごす日々が来ようとは思ってもみなかった。
わたしは母のお内裏様か、父の代わりか。
わたしを言葉で傷つけてきた母を 密かに西太后と呼んでいたけれど、
ちかごろ、ありがとうが言えるようになった母をお雛様と呼ぶ日が来ようとは、
やっぱり思ってもみなかった。


今夜のお写真は、その田舎町で見ためずらかな物たち。


□春のめでたさ
c0002408_1581013.jpg
サンシュユという花。春一番に咲く花なのだって?


c0002408_159523.jpg
「すあま」だろうか。桃の節句にちなんだ餅菓子。


c0002408_213736.jpg
つるし雛。稚児の形だろうか。


c0002408_223297.jpg
まつぼっくりに丹念に布を挟み込む。


c0002408_28088.jpg
こういう手仕事は、材料で違いが出る。
小さなものでも木綿と絹では光沢が違うので見るとわかる。


c0002408_254781.jpg
おめでたいから、真っ赤な海老。あんまり写実的なので、思わず漢字で「海老」と書いてしまった。


□めずらかな物
この町では、商店街のおかみさん達が一年かけてつるし雛を作り、
それを節句の時期に店に飾って、商品とともに自由に入って観てもらう。
肉屋、電器屋、スーパーマーケット、皆、店内に飾りがたくさん吊ってある。
ここは荒物屋で、昔のアルミ弁当箱や見たこともないような金物が並んでいた。
c0002408_2125212.jpg
五徳もめずらしいと思うけれども、書いてある文字が読めない。
セリだか市場だかで業者が使う専門用語なのだとか。


c0002408_2184464.jpg
モグラ捕り。うちでは以前に居たコリー犬、クロ コ がモグラを捕まえてくれたっけ。


c0002408_21853100.jpg
イタチ捕り。農家にしてみれば、イタチやハクビシンは害獣だったんだなぁ。
[PR]
by noone-sei | 2011-03-04 00:10 | Comments(11)
Commented by k_hikarino at 2011-03-05 09:21
つるし雛・・・!? そんな風習があるんですねぇ。初めて知りました。
やはり女性にとって雛祭りは特別なものなんでしょうか。
妹がいるので子供の頃、雛人形だけは飾られていたのを覚えてます。
ただ、自家中毒に苦しむ私と違って、妹はすこぶる健康でしたが・・・。
一昨日、昨日と雪がちらちら舞いましたが、春が待ち遠しいです。
Commented by noone-sei at 2011-03-07 01:56
しょーじさん、(いつもどおりにお呼びしたく思います♪)
静岡県伊豆市が発祥なんだとか。
わたしの身近では、こういうの、見ませんでした。
http://sagemon.net/sandai/
↑ だから調べちゃいましたよー。

男の子の端午の節句、女の子の桃の節句、ともに特別なんじゃないでしょうか。
妹さんの無病息災はなによりなにより(笑)
しょーじさんの幼少時は一病息災、長寿の秘訣ということでどうでしょ?
それにしても寒い!うちから見える吾妻小富士は真っ白です。
桜の時期に観光道路を開通させるために除雪作業が進んでいるそうですよ。
Commented by ひす at 2011-03-09 17:23 x
こんにちは。
ゆっくりした春の足取りも、セイさんの語り口調だと、
「ま、のんびりでええわいな…♪」とそう思えます。
そちらほどではないに白、こちらも先日来寒さが戻り、
朝犬だらけの布団から出るのがつらいです。
でも、もう梅も咲いてるし、ジンチョウゲも香ってるし…
もうそこまで春が来てますね。
嬉しいけど少しさみしい。
なんか、いつでも季節の変わり目にはそう感じるんですよ。(=^^=)ゞ

お雛さま素晴らしいですね。
商店街のそういう取り組みはすごく素晴らしい!
お雛様のお二人様もニコニコですね。

>餅菓子
これすごく食べたい!
特に、とってつけたようなこの色が最高!
すごく食べたい!食べたい!食べたい!

>金物屋
こういうお店って時間が止まってるんじゃないかと思うような商品がたまにありますね。
数年前少し離れた場所で、昔お便所にあったて洗い機。
水を入れたバケツの下にシャワーみたいなのがついてるやつ。
あれがあったんです。
実は、それ以来あれの正式名称がずっと気になってるんですよ。
Commented by ひす at 2011-03-12 00:22 x
ご無事ですか?
落ち着いたらば連絡ください。
Commented by くるり at 2011-03-12 00:56 x
こちらもいまだに地震が続いてます。
関東がこれならそちらはどれほどかと心配です。
Commented by akasatana-xyz at 2011-03-12 13:27
ごぶさたです。
そちらは大丈夫ですか?
ご無事を祈ってます。
Commented by noone-sei at 2011-03-13 02:46
ひすさん、
「数のない夜」をupしました。
余震がほんとうに気持ち悪いです。
御心配ありがとうございます。

>餅菓子
>これすごく食べたい!
>特に、とってつけたようなこの色が最高!
笑わせていただきましたよ。食べさせてあげたいんだけどお雛祭り終わっちゃったよ・・。
すあま?鶴の子?想像通りのお味でしたよん。

お返事しようと、調べておいたんでした。吊り手水↓
http://dazaifu.mma.co.jp/fureai/sisidayori/no163.html
Commented by noone-sei at 2011-03-13 02:50
くるりちゃん、
御心配ありがとうございます。
うちは内陸で、しかも山と町の中間のため、奇跡的にちゃんと生活できています。
食糧や石油やガソリンが買えないので、外出せず、家にあるものを食べてます。
ニュースで大惨事の拡大を見るにつけ、不安がつのります・・・
Commented by noone-sei at 2011-03-13 03:10
あかさたなさん、
よく忘れず来てくださいましたね・・。とても嬉しいです。
子どもちゃんたちは不安がっていませんか?
ニュースで、津波が来るところで誰かが「子どもを抱きしめて!」
と言ったのがとても大事なことだと思いました。
こんな災害の場合、強烈すぎて傷が残ることもあり得ますから。

こちらはなんとか二日目を過ごしましたよ。うわ、今また強い余震です、、、。
Commented by 銀座の美容院 at 2011-03-20 11:32 x
ブログを見るのを楽しみにしています。これからもがんばってくださいね!P(^o^)
Commented by noone-sei at 2011-03-22 19:53
Euphoria銀座店さん、
ユーフォリアとは幸福感、至福感という意味なんですね。
なんてよいことばなんでしょう。
名前
URL
削除用パスワード


<< 数のない夜 夢 1夜 弁当今様  >>