閑話休題 ふたたび


この地には足の神様がいて、二月十日には山道を登って参拝する。
昼間に大きなワラジを男衆が担いで町を練り歩き、山の神社にそれを奉納した後、
夜になってから皆が山に参る。
「暁まいり」という参拝は縁結びでもあり、一年で一番寒いこの時期の山道は
雪が積もっては日中に表面が融け、夜にふたたび凍るのでつるりんつるりんと登れない。
だから男女は手を取り合って登ることになる。
三年続けて登ったら結ばれるという言い習わしがあるというわけ。

今年は積もるほどの雪がなくてつまらない。
雪道を下りながら眺める市街の灯りはえもいわれぬ美しさなのに。
わたしはこの地に人を招くとしたら、四月の末の、花が狂ったように一斉に咲く数日間と、
二月十日の暁まいり、この二度の機会だと思っている。
けれどもいままで、うまくぴたりと招くことができたのは数えるほど、
暁まいりに連れていってやれた客人はまだいない。
だれか遊びに来ないものか。


                 *  *


ふたたびの閑話休題です。
ちかごろのことを書き綴ってみることにします。



巷で風邪が流行っているせいか、それとも父の命日に気を張ったか、
それとも新しいひととの出会いがあったからか、知恵熱を出して寝込みました。
酒が飲めなくて悲しいし、布団に寝ているとこの世のすべてから置いていかれたようで悲しくて、
休養はかえって気が塞いで悲しかった数日でした。


父の命日は、丸三年経ってようやく法事のない日になりました。
本家から女の人たちが、重箱を持って訪問してくれ、墓参ののち昼食会をしました。
重箱にはきのこごはんと、白菜漬け、酢大根、カブをヨツヅミという実で赤く染めた漬物が。
かしこまった仏事ではないので、白い野菜が多くて色がさみしいこの時期、
秋に採っておいた赤い実で白い野菜には色をつけて漬物にし、
塩で保存しておいたきのこをごはんに炊き込んで食べます。
わたしは根菜の煮物を用意して迎えました。
なんということもない、昔から食べているようなごはんを持ち寄り、
昔から、こんなふうにして女の人たちは法事がなくとも忘れず故人を偲ぶのです。


新しいひととの出会いは、わざわざ場を作ってくれた労がありました。
わたしには時々立ち寄ってお茶を飲む店があって、そこで客は皆思い思いに過ごすのですが、
店主とわたしは年が近いせいもあってすこしだけ話すこともありました。
店主はひとりの女性をわたしに紹介するために早仕舞いしてごはんの夕べを催してくれ、
ご自分も含め同じ年頃の女性三人でおしゃべりする機会を設けてくれました。

その店はいつも丁寧なごはんを心がけているカフェで、
その晩は、塩コンブとサツマ芋の炊き込みごはん、ホウレン草のゴマ和え、
たっぷりの野菜と蓮根団子と春雨のスープ、自家製卵豆腐、国産レモンのケーキ。
お店なのに、思いもよらずご馳走になってしまいました。

白熱灯の照明で心地よく、三人は「ちいさなひとつ」をそれぞれ持ち寄り話しました。
店主は高村智恵子の切り絵の図録を 紹介された女性は小さな内裏雛を
わたしは今年の年賀状の原版を。
なんということない雑談もわるくないけれども、なにかについて話すというのは大切なことで、
ひととひとの関わりにそうした縛りはいい方向に働きます。
大人になってから初めて友人になるということはたいそう難しいことで、
こんな知恵がほどのよさを保つ秘訣ではないかと思います。
そして敬語も、ね。

次回もちいさな夕べを約束していて、次は「遺言状を書こう」というお題。
ちょっと驚くかもしれないけれども、三人とも大切なことだと思っていたとわかりました。
このあたりがわたしと関わってくれる女性たちらしいでしょう?
店主に、お店の採算とはちがうところで夕べを開いてくれた、その理由を聴きました。
「楽しいことを愉しもうというところ、なにか悲しいと思うところ、
その波長が近い人たちなのではないかな、と思えたからです。」という答えでした。
どうぞゆるゆるとこのおつきあいが続きますように。



□マーマレードのケーキ

ケーキはほとんど焼いたことがありません。
ちいさな夕べへの手土産に意を決してオーブンを使いました。
c0002408_315417.jpg
卵の白身を泡立てて。これを角が立つくらい、というの?


c0002408_32336.jpg
アーモンドプードルというのはフランス語?
マーマレードとアーモンドのパウダーと小麦粉とベーキングパウダーと砂糖と卵の黄身。


c0002408_321235.jpg
白身をさっくりと混ぜて。さっくりというのはこのくらい?


c0002408_322239.jpg
型に流し入れて表面をならして。


c0002408_323286.jpg
180℃のオーブンで約三十分焼く。なんかちょっと表面が焦げたかも、、。


c0002408_32415.jpg
しっとりしているケーキです。もともとの夏みかんという素材がいいので、とてもいいお味。
腕前はともあれ、何度も作ってみたくなる魅力あるケーキ。魅惑のケーキと名づけよう。








ちかごろの犬たちは
c0002408_313744.jpg
庭の雪山で遊ぶシワペロ。


c0002408_3131857.jpg
雪遊びで機嫌がいいシワペロ。


c0002408_3133216.jpg
・・・・これはなんでしょう?


c0002408_313478.jpg
こいつが破壊して一部飲みました、ひぃー。
ペロ コ :
ちゃんとあとで出たからっ。


c0002408_3135899.jpg
シワ コ :
ふんっ。まったく油断も隙もない若造です。
セイ:
あらら、ほんとはシワ コ のほうがペロ コ よりたいへんだったよ・・・

シワ コ の飲む気満々事件
[PR]
by noone-sei | 2011-02-14 00:10 | 閑話休題(22)


<< 1夜 弁当今様  閑話休題 >>