88夜 白いろいろ


今日、この地には初雪が降った。
ほんの短い時間だったけれども。

毎年そうしているように、スキンを暖かな色に変える。


さて本日の雪にちなんで白いもの。
白身の魚。刺身ならスズキやヒラメ。
もうひとつ白いもの。
ワサビ醤油で食する鰻(ウナギ)の白焼き。
これは比べて言えば蒲焼のほうが好ましい。

淡白ではないのに白いもの。
これからもっと寒くなると東北では鮭とともに鱈(タラ)が食される。
死ぬ前に食べたいものをひとつと言われたらなんだ?
わたしは鱈の白子だ。
生でも天ぷらでもいいから食わせてくれ。
・・夏も近づくならぬ、雪も近づく88夜のおはなし。





今夜のお写真は猪苗代などで見た秋の図鑑を。
□動物の食痕
c0002408_214376.jpg
エビフライがいっぱい。・・嘘。リスがまつぼっくりなどをカリコリとかじった痕。


c0002408_2153314.jpg
野ウサギの食痕。枝の先がぱっきりと切れている。




□動物の巣穴と足跡
c0002408_2174770.jpg
ヤマネの住居。


c0002408_2183421.jpg
カモシカの足跡。


c0002408_2191513.jpg
テンの足跡。




□実のあれこれ
c0002408_2201747.jpg
シロモジの実。


c0002408_2205321.jpg
ピーナッツの香りの実、香りに気をとられて名を忘れてしまった・・。


c0002408_2221748.jpg
蕎麦の実。この地では蕎麦屋は新そば、いい香り。白くて細い蕎麦は上品なお味。


c0002408_224898.jpg
味噌を載せて焼き、香りを移すホウバの葉、しかしその実は大きすぎてまるで異形のようだ。


c0002408_2255253.jpg
ムカゴ。地下のヤマイモの子どもは表で実が生るのか?




■おまけ
c0002408_2342250.jpg
十月、ぶどうの収穫祭に行ったときのこと。山形にあるワイナリーではその日、気前よくワインを振舞う。


c0002408_237716.jpg
右:山形いも煮、左:牛すじ煮込み。こんなものを食べて、、、


c0002408_2382888.jpg
好きなだけ試飲する。
[PR]
by noone-sei | 2010-12-10 02:27 | 秋の図鑑(6) | Comments(6)
Commented by しょーじ at 2010-12-10 16:28 x
言われてみると、確かにエビフライに見えますね(笑)

ところで、私は鱈の白子、日曜に食べましたよ~。
近所においしい天ぷら屋がございましてね。
付け合わせはカニの身をのせたホタテと、ウニをのせた豆腐。
お造りを始め、ワカサギやキスの天ぷら、タチウオの塩焼き、
豚の角煮(京風)など、お酒と共に美味しくいただいて参りました~。
(しかし食いしん坊なので、写真を撮る前に食べ終わっているのでした…トホホ)
Commented by noone-sei at 2010-12-10 16:49
しょーじさん、
わ~、ちょうどPCを開いたところでしたよ。

>鱈の白子
>付け合わせはカニの身をのせたホタテと、ウニをのせた豆腐。
>お造りを始め、ワカサギやキスの天ぷら、タチウオの塩焼き、
>豚の角煮(京風)など

きぃぃーっ。
くやしすぎるので、みっちりと ↑コピペしましたよ。
その体のいったいどこにそんなに美味しいものが入ったのだー!?
じゅる・・・
Commented by ひす at 2010-12-10 17:29 x
こんにちは。
今回も山の空気がぷんぷん漂っておりますね。
で、こういう風に生き物の生活の痕跡があちこちに見えると、
さらに山の空気が色濃く濃密に!
そうそう!
遠くからその姿をめでるのもいいけれど、
中に入って、そこに住む動植物に触れてこその山なんだ!
(・∀・)ノ のほほ~♪

食痕、うんちは、「おおっ!」とときめくし、
なんといっても、足跡は一番心が躍る!

あ…

足跡といえば…
ワイナリーの帰り道、たくさんの千鳥の足跡があったのではないですか?
ついでなら、ぶどう踏みのお手伝いして、
ぶどう色の足跡になれば、カラフルで楽しかったでしょうね!

>むかご
今年は家の近所では不作でした。
水が足らなかったのかなぁ~?

ヤマイモの子供も親もがんばれ!(・∀・)
Commented by mica at 2010-12-10 18:07 x
「ピーナッツの香り」の実は、『クサギ』です。
なかなかに、独特の香りの樹でありますが、
この樹をホストにする蛾も居ます。

実はピーナッツの香り?
嗅いだことなかったですw
Commented by noone-sei at 2010-12-11 00:35
ひすさん、
初雪が降り、吾妻山も富士山のちいさいのみたいにくっきり綺麗です。
今頃10月だの11月だののお写真を載せているけど、
楽しんで一緒に森を歩く気分を味わってくれたなら嬉しいです♪
この図鑑は、自然観察員のかたに連れて歩いてもらったのでできました。
この森はツタとかツルとかをちゃんと払って管理していたので、
ただの野生化させた雑な森じゃないです。
教わらなければ動植物の生息の痕跡は見つけられないで
ただの散策になってしまう~。観察するということは、深いね~。

千鳥の足跡はいーっぱいですけど、それぜんぶわたしの足跡ですから(笑)へべへべでした♪

ムカゴ、、、10月の終わりが旬?来年は畑で作るかも!

うん、言われて気がつきました。
なにげなく書いたんですけど、ヤマイモの親子は、わたしのことだったよ。
Commented by noone-sei at 2010-12-11 00:59
micaさん、
うわーん、教えてくれてありがとうです♪
名前を知るって、落ち着かなさがすとんと落ちることですね。
この日はクスサンのアミアミの殻というの?繭というの?
それをいくつか見ました。うれしくなりましたよ。
それから、アブラチャンという樹の匂いも嗅ぎましたよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 89夜 花束を買って 87夜 安達太良登山 その参  >>