85夜 安達太良登山 その壱


安達太良のお写真を次の夜に、と言いながら、すぐに次の夜にはならず、
ずっと遅い次の夜になってしまってごめん。

今年も紅葉の十月半ばに安達太良に登った。
数日前に母と滝に沿って遊歩道を歩いて足慣らしをしておいたので、
始めから終わりまで変わらぬリズムで登れた。

天気は昨年のほうが良く、ときどき山には霞か靄(もや)か、白いものが風に流れる。
緑の松にナナカマドの赤が映え、そして白。
昨年はからりと晴れて風がなく、白は遠くの下界から立ち昇る煙だった。
稲刈りを終えた後、田んぼで藁を焼いている幾筋もの白。

昨年と同じく、もうすこしで頂上というところで、
体力が十分にあるうちに引き返した。
安達太良の頂上はごろごろとした岩場で、それはすぐ目の前だったから、
母は頂上に向かって手を合わせた。
どの山も、頂上には鳥居に神が祀(まつ)ってあるのだろうか。
来年もまた登れるかどうかは来年の神様に聞いてみないとわからない。
だから来年の約束はしなかった。



□昨年の安達太良
c0002408_3315319.jpg
頂上近くより下界を見る。


c0002408_332455.jpg
下界では田んぼから幾筋も白い煙が。


ところで昨年の安達太良登山、34夜はもうない。
その頃に載せたおはなしはずいぶん虫食いにして、なくしてしまったが、
「赤と白」という文章は捨てられず手元に残っていたので再掲する。




--------------------------------------------------------------------
34夜 赤と白   (再掲)  

赤は山から下(お)りてきて
白は天から降ってくる。

十月の初めから、半ばの十五日までが安達太良の赤の季節だ。
いつも書いているがなお書こう。
裏磐梯はカラマツの金、安達太良は緑に映える赤の山だ。

紅葉(こうよう)もぎりぎりに、今年も安達太良へ行った。
数え切れないほど母が父と登った山に、登らせてやりたかった。
頂上を目指さず、行けるところまで行ってみようと歩いたら、
頂上まであとちょっとというところまで登れた。
体力はまだあったが足場が悪いのでやめた。

これからの季節、赤から白へ、そして緑になるのは野菜。
山は緑から赤へ、そして雪の白になる。

---------------------------------------------------------------------


さて、

□今年の安達太良

■ゴンドラより
c0002408_324241.jpg
ゴンドラから見える景色。


c0002408_326162.jpg
ゴンドラから見える緑と黄。


c0002408_3264989.jpg
ゴンドラから見える緑、黄、橙(だいだい)、赤。



■地面
c0002408_3284595.jpg


c0002408_3285848.jpg


c0002408_3291244.jpg
懸命に歩くと、地面に這えているものに励まされるのに、名前がさっぱりわからない、しくしく。


安達太良のお写真、つづきはまたあした。
[PR]
by noone-sei | 2010-11-21 03:40 | Comments(5)
Commented by しょーじ at 2010-11-24 13:55 x
色鮮やかな景色ですねー。
登山は帰りの体力も考えなきゃならないのが難しいところでしょうか。
(私は里山ばかりなので、いつも何も考えずに登ってますが)

ところで、実は私もとうとうデジカメを購入したのです!
(一眼レフではなく、リコーのコンデジなのですが…)
紅葉の季節なので、早速、週末に奈良の方へ撮影&ハイキングに行ってきました~
セイさんにお見せできないのが残念!
Commented by noone-sei at 2010-11-25 01:11
しょーじさん、
おぉ、天体望遠鏡のリコー、ですかっ。
ペンタックスもマニアックと言われますが、リコーもそうでしょう?
すげーーー。

奈良の山はこちらとは全然ちがうと聞いています。
深さがちがうのだとか。
でも、どうしてしょーじさんのお写真見られないんだ!(怒)
Commented by ひす at 2010-11-26 14:48 x
昔は、どの山にも神様がいて、ちゃんと祭られていたんですよね。
だからこそ、ありがたく山の恵みを頂戴して暮らしていた。
今は、何かあると思えば文字通り根こそぎ。
いやそれ以上、山を崩して持ち帰る。
削られた断面を見ると、山の黒土のその余りの薄差に驚かされます。
踏みしめている時はどこまでも深く放縦な黒い土に思えるのに。
あれを見ると、山も森も無限に生み出してくれるもんじゃないとわかりそうなもんなのにね。

最近各地の山がパワースポットとしてもてはやされてますが、
ああいうのはどうも好きじゃなない。
本当にその場所を大切に思っているのか?
そう問いただしたくなる。
ああいうのは、自分たちに都合のいい「たかり」にしか見えない。

あ~、久しぶりに山で眠りたい!

余力のあるうちに引き返すあたりが大人です!
かっこいい!
私は絶対真似できない!
渋すぎます!
Commented by ひす at 2010-11-26 14:49 x
>深く放縦な黒い土→深く豊潤な黒い土
(=^^=)ゞ
Commented by noone-sei at 2010-11-27 00:54
ひすさん、
わたしは磐梯朝日国立公園の入り口に住んでいるようなもので、
山ではあちこちに「採取禁止」の立て札が見られます。
でも、登山道じゃないところでの山菜採りは目に余るものも
なかにはありますね~。
余談ですけど、動物に注意の立て札や道路標識もいっぱいあるよ~。

>パワースポット
え~?山というか、滝とか森林のことですか?
巷では、もてはやされているの?
なんかパワースポットという言葉から連想するのは、
霊的な力を欲する、というイメージですね。
滝も森林も山も、清浄な場所だからそういうカタカナは
似つかわしくないような気がするなぁ。

ひすさん、キャンプに行きたいのですって?
ひとりでお泊りするの?夜は怖いよー。
うちの庭だって、夜空には星がありすぎて夜のテントにひとりは怖いもん。

>余力
頂上までねー、あと600メートルだったの。すぐそこだったよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 86夜 安達太良登山 その弐 84夜 のぼりくだり >>