84夜 のぼりくだり


次の夜に秋の安達太良山を載せよう。
今夜は登山の前に、母を連れて足慣らしをした安達太良遊歩道のお写真を。

わたしには人に自慢したい場所があって、この遊歩道もそのひとつだ。
自慢したい場所って、ある?
ひそかに隠し持っている場所はあっても、いざ自慢したいとなると、
あれこれ考えてしまわないか?
陽気に自慢、ひそかに自慢、おずおずと自慢、どんな自慢で自慢しようか。
思いが上滑りになりそうで、すこし複雑な気持ちになるのではないかな。

遊歩道とはいうけれど、なかなか上り下り(のぼりくだり)は変化があって、
渓流沿いに歩くこの道は滝の中を歩む気分になる。
山ならば道が突然開けた時の開放感ったら格別だけれど、
ここには静謐はあっても陽気な開放感はない。
けれど不思議なことにまた繰り返し行きたくなるんだ。
・・水とは、癖になる場所?



■滝、滝、滝
c0002408_161889.jpg
みちしるべ


c0002408_165526.jpg


c0002408_17726.jpg


c0002408_171964.jpg


c0002408_173149.jpg


c0002408_174385.jpg


c0002408_175471.jpg
こんなふうに、滝に沿って木道を歩く。


■秋らしいもの、いろいろ
c0002408_1114768.jpg


c0002408_112551.jpg


c0002408_1121786.jpg


c0002408_1122974.jpg


c0002408_1124076.jpg
どれもこれも足元には美味そうなきのこが。食べちゃいけません。
山に住む人々は、塩で強く漬けて一年ほど寝かせてから茹でると、毒気は抜けるんだと言うが、
それはこわくて真似できない。


c0002408_116711.jpg
これはどんぐり、きのこじゃありません。


c0002408_1174637.jpg
十月十日くらいの足元の秋。


c0002408_1192183.jpg
父と母はふたりでこの注意書きに気をつけながら縦走したけれど、
母とわたしは登れるところまででゆとりを残して下りてくる。
この足慣らしをして、次の夜は登山のお写真を。




・案じてくださる方々へ
鰐号は連絡がつかないままサナギになってしまいました
おそらく頭の中まで真っ白なサナギなんだと、認めることに努めているところです
モチベーションを失った人間は停止してしまうものなのですね

[PR]
by noone-sei | 2010-11-11 01:32 | Comments(8)
Commented by ひす at 2010-11-11 16:03 x
水辺。
いいですね~。
私は水辺が大好きで、山歩きでも尾根伝いの絶景よりも、
こういう沢沿いの道を、水面を見て音を聞きながら歩くのが一番好きです。
とくに水辺の湿気が好きで、においや音・色がはっきりわかるような気がしてきて、
今自分が居るその場所を、いっそう強く実感できるのです。
それと、冷たいのに不思議と冷たくかんじない感覚も楽しい。
(あの終わりのない流れの音も、頭の中で気持ちよい♪)

また、芝生や草花よりも、苔やキノコが好きな変な子だったので、
そういう事もあって今回のお写真は最高!
久々に山に入った気がしました。(*^人^*)

さなぎはとまっているように見えて、
休むことなく先に向かって動きつづけています。
さなぎ君がそのさなぎであることを。

Commented by noone-sei at 2010-11-11 18:10
ひすさん、
いいですよね~、水のあるところは落ち着きます。
ひすさんのコメントを読んで、尾根伝いとか沢沿いとか、
山に行くおひとの選ぶ言葉だなぁと感じました。
そして内容もリアリティにあふれている、水気もあふれてる(笑)
そうそう、音。これも外せない要因でしたね。
今回は水とキノコが主役のお写真たち。
食べられるキノコの見分け方を小さい時に学んでおくんだったよ・・・

さなぎ君。鰐がそのさなぎ君であるように。
わたしも心から願っておりまする。
Commented by bbking1031 at 2010-11-12 08:17
そうそうここへいきたかったんです。
いつかきっといきます。
Commented by noone-sei at 2010-11-13 00:09
osaさん、
そうそう、ここを歩いていただきたかったんです。
初夏もいいし、真夏もいいし、十月の秋もいい、
つまり~、いつ行っても、いい所です、ぜひぜひ♪
Commented by ハクママ at 2010-11-13 20:31 x
こんな散歩道に連れて行ったら、
ハクとゾーイはきっと有頂天で水に飛び込むことでしょう。
きゃつらはかつて「御清水の森」の神聖な水にも飛び込み、
ウチの車のバックウインドウに罰が当たりました。
シワコちゃんたちは「水」に狂喜しない?

Commented by bbking1031 at 2010-11-13 23:44
思うに奥入瀬渓谷の100倍は面白い。
水量と勢いと水の色。


クマさんいませんか?
Commented by noone-sei at 2010-11-14 01:28
わーいハクママ、
あの飛び込み事件とガラス割れ事件ですね?!
なつかしいなぁぁぁ、血気盛んなやつらのやることったら!
あれからずいぶん?いくぶん?たぶん?(笑)落ち着いたのではないですか?
シワ コ は若いときにここを歩きました。
リードを持つ手が緊張しました。
ペロ コ は~ とても連れてゆく気にはなれない!あはは
Commented by noone-sei at 2010-11-14 01:32
osaさん、
奥入瀬渓谷って行ったことがないのですが、
自信を持っておすすめしちゃいます。
あの秘密の庭を気に入られたosaさんですから、きっとここも
喜んでいただけると思います。
体と相談しながらゆっくり歩くといいです。

熊は、いま騒がれていますけど、安達太良は常に人がいるので
出没のニュースは聞かないですね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 85夜 安達太良登山 その壱 83夜 知の愉しみ >>