83夜 知の愉しみ


とても根源的なことを言うのだけれども、「本」ってなんだ?
紙?活字?手書きの印刷物?絵?写真? ・・では内容はどうだ?

自分にとっての「本」の定義って、考えたことがなかった。
本との初めの出会いは物語で、その後、小説や評論を読むようになっても、
ひとりの時間をくれるものという意味では漫画も価値が等しい。
映画を観ることももしかしたら価値は等しい。
音楽は背景音なのですこしちがう。

本をほとんど読まない、と時々書いてきたが、
活字であれ手書きであれ、紙に印刷してあるものには引っ張られる。
しかし定義を考えてみたら、まったく引っ張られないものがあった。
心理面やビジネス面を強化するための印刷物。
「強い自分の作り方」とか「自分に負けない方法」とか「美しく生きるために」とか
「夢はかなう」とか「夢はかなえる」とか「やる気への戦略」とか・・
適当に題名を付けてみたら無数にありそうだ。

覇気を得ることをはっきりと目的にして何かを読むということがない。
結果的に覇気を得たとしても、初めから装置として「本」が存在したことがない。
美しくてどこかすこし甘やかで、それでいてきりりとしたところがあって、
装丁や意匠が知への小さな入り口になっていて、手に取ったときに既にある昂揚感。
読み終えて起こる思いがけない情動が、本がもたらす愉しみ。
あらためて考えてみると、まったく引っ張られない印刷物はわたしの「本」の範疇になかった。
それらは服を着たまま風呂に入るような感じに似ている。




□本博
c0002408_35345.jpg
先月末に、ここを会場にして本のイベントがあった。ここはわたしが通う聴講生二年目の大学。



■催しのうちのひとつ トークライブ 
c0002408_37716.jpg
c0002408_371831.jpg
授業や講義は受けるが、人の講演は人生訓が入り退屈なのでほとんど聴かない。けれどもこの講演はたいそう面白かった。
上:ブックカフェ。棚に袋に閉じてある本が並んでいる。
下:カフェ。ケーキセットと同じようにメニューに文庫本のセットがある。

内沼晋太郎



■催しのうちのひとつ 一箱古本市
c0002408_3133863.jpg
一箱古本市に出店。ぜんぜん振るわなかったので、編み物をしながらのんびり店番。この本はイギリスで書かれた絵本。誰かが面白がってくれると思ったのだけれど。


c0002408_316617.jpg
めずらしいことに王様が初出店。
踊りや舞台の本、岡本綺堂、四谷シモン、中井英夫などなど。そのほか、わたしは本を読まないのでよく知らない本。
こちらもぜんぜん振るわなかった。誰かにとってはきらきらした本でも必要としない誰かにとっては視界に入らないということがある。「百人にひとりがいるのかな、と思って一箱古本市に出てみたんだけど、ぼくのセレクトは百人にひとりもいなかったんだねぇ」と王様は自分の趣味を客観的に分析、くすくす。



■ごほうび
c0002408_3311247.jpg
c0002408_3312677.jpg
弁当への取り組みが紹介された本にちなみ、実際に弁当のおかずが披露された。弁当は親が子に伝える文化だと思っていたら、子どもが自分で弁当を作れるように教育していくのだって。それって、親に期待できなくなっても、子が自力で文化を継承できるということ?

むずかしいことはわからないけれども、披露ののちに余ったおかずを戴いたので嬉しい。弁当作りのチャンピオンが作った美味しいおかず、いろいろ。二日間の参加をねぎらってもらったような気がする。
[PR]
by noone-sei | 2010-11-02 02:35 | 趣味の書庫話(→タグへ)


<< 84夜 のぼりくだり 82夜 ときおりの休息 参  ... >>