82夜 ときおりの休息 参  自然の作法


ゆうべの寒さで、吾妻山に初冠雪があった。
今朝の山はふしぎな景色で、山の頂(いただき)とその嶺(みね)には白い雪、
中腹は赤黄緑の美しい紅葉、下界はまだ緑。

今日はストーブを買いに行き、木小屋からは各部屋分の数だけストーブを出して石油を入れ、
いつでも点けられる準備、すっかり冬支度だ。
もうとうにこたつは出ており、朝夕はときどきエアコンを点けて暖をとっていたけれど、
本格的な寒さに東北はエアコンでは間に合わない。

身支度も薄手のセーターから少し厚手のセーターへ。
でもまだウールのコートには早くて、つるりとした手触りのジャケットを羽織るので丁度。
食卓にはおでんが似合うようになる。
真っ白な高原大根はもう出回っていて、紫色の小さな大根は酢大根にすると紅色。
服装はカラフルでなくなるのに、自然のものは色味が増える不思議。
そうそう、牛すじのおでんには、セロリを大きく切って一緒に煮ると旨い。
セロリは夏から秋、もう節(旬)のものではないけれど。

畑にはたまねぎの苗を五十本ほど植えなくちゃならない。
冬を越させなければ春の芽が出ない、不思議な野菜。
今から植えて収穫は六月、長い長い時を畑で過ごす本当に不思議な野菜。
たまねぎは、丸のまま包丁を下までは入れずに四つ割りにし、
皿に入れて電子レンジにかけ、酢醤油をかけて食すると柔らかな甘みが旨い。
複雑な調理にも堪える野菜だけれども、こんな単純な主役にしてやると素朴な良さがある。

今年の夏はいつまでも暑くて、白菜の種の蒔き時(まきどき)に困ったのはうちだけではなくて、
いつもは上手に野菜を作る山あいの温泉町の本家でも、
発芽したら涼しいところに移してやったものの生育が悪く、
そのまま畑に放っておいたもののほうが成績がよかったのだとか。
うちでは種がうまく発芽せずに、仕方がないので苗を買って植えた。
近隣では三度も種を蒔いて、三度目の正直でやっと綺麗に発芽したという。

大根はまだ白い首を土から持ち上げない。葉は天に広がっているけれども、土の下はまだちびだ。
寒さが来ると土の下で急に育つと本家から教わった。
うちの畑にはホウレンソウやシュンギクが若い緑、これも雪をかぶるとうまみが増すのだそうだ。
そして本当に青い葉物が甘みとうまみを備えるのは、正月が明けて本格的な雪の後。

かぼちゃはとうに収穫が済んでいるけれど、保存が効くので冬至に食されることが多い。
かぼちゃと粒あんを一緒に煮たものをこの地では食するのだが、
わたしはもともと粒あんを好まず、このようないとこ煮はちょと苦手だ。
路地かぼちゃは場所取りの野菜なのでうちでは作らないが、
本家は戦後の食糧難を思い出しては毎年作る。
米がなくて、何割にも水増しして野菜を煮た食事、
ことにかぼちゃを煮たものが続くと、顔まで黄色になるという。
温泉町には当時「錦」の文字がつく旅館があって、そこは十一人家族、
十一人の顔が皆が皆、錦じゃないが黄色かったと本家と母が昔語り、
・・ほんとうなのかしらん。




今夜で「ときおりの休息 参」はおしまい。
ゆるゆると長くつづくとはじまりに書いたとおり、
七月の旅はやっぱり夏を越し、秋を越し、山の初雪になってしまった。
よくおつきあいくださいました。


今夜のお写真は、最後に、食の旅を。
□京都の昼食 夏の編
c0002408_1192828.jpg
略式の会席。折敷(おしき)が用意されている。箸には祇園の「まとの」。


c0002408_2505543.jpg
先付。


c0002408_1223796.jpg
吸い椀。


c0002408_1231740.jpg
向付。お造り。


c0002408_2512368.jpg
炊き合わせ。


c0002408_2514841.jpg
焼き物、揚げ物、酢の物等々の八寸盛り。
小さな紙は幣束(へいそく)を模(かたど)っているんだろうか。
ちょうど祇園祭の宵々山だったので「蘇民将来子孫也」と書かれている。


c0002408_126436.jpg
c0002408_1295585.jpg
ご飯と留め椀と香の物。やっぱり京都ってじゃこ山椒なのね。


c0002408_254545.jpg
水物。
チープな旅の中で唯一の贅沢、京料理。旅の前から、京都は喫茶店と建築と和食と決めていた。
寺めぐりは眼中になかった。




□大阪のおやつ
c0002408_1472246.jpg
王将という店は大阪のあちこちにあるけれど、こちらでは近くにはない。仙台に支店があって、いつも行列だ。
餃子をつまみに昼から飲む。

c0002408_1551812.jpg
もちろんおやつの王様串かつ。もちろん飲む。

c0002408_1561192.jpg
どて焼き。白味噌なのかなぁ。

c0002408_1565712.jpg
どて焼きはこんなふうにして温めている。


c0002408_1574012.jpg
三時のおやつ、たこ焼き。飲んでません。


c0002408_1582557.jpg
帰りの梅田駅で立ち食いうどん。これから夜行のバスに乗る。飲みませんでした。
[PR]
by noone-sei | 2010-10-28 01:12 | ときおりの休息 参(12)


<< 83夜 知の愉しみ 81夜 秋の味  >>