77夜 「血は立ったまま眠っている」


 ・「十三人の刺客」を観る予定のひとは読まないほうがいい



              一本の樹の中にも流れている血がある
              そこでは血は立ったまま眠っている        ---寺山修司
c0002408_2223675.jpg



77夜は語呂がいいので趣味の話を。

この地の町で、あちこちのライヴハウスでさまざまな歌や演奏がある音楽の祭の晩に、
遠藤ミチロウを聴いた。
スターリンというバンドもよく知らなかったし、彼の歌を聴くのは初めてだった。
今は伝説のパンクロッカーと言われるらしいんだが、聴いたらわたしにはたいそう懐かしく、
歌詞というにはむしろ詩だと思われる言葉のひとつひとつは、地下演劇そのものだった。
つまりは生と死を歌い続けているんだと思う。

寺山修司の戯曲を蜷川幸雄が演出した舞台があって、それが「血は立ったまま眠っている」。
遠藤ミチロウは公衆便所の便器に座り、猫を捨てにくるばか者の頭をぱっかんと叩く役だったとか。
そして「血は立ったまま眠っている」を歌う。
ライヴではそのあと下水道の歌を歌い、「ああ 中央線よ 空を飛んであの娘の胸に つきさされ」と
友部正人の歌でアンコールに応えた。

ところでその舞台で娼婦を演じた女優が、映画「十三人の刺客」で四肢欠損の娘を演じている。
崇り(たたり)って恐ろしい言葉だろう?天願というのもそら恐ろしい。
天願成就という言葉は聞いたこともないが、仏教用語にありそうでこわい。
「心願成就」は個人の願い、一切衆生に対して向けられたのが「本願成就」、
それだけでも風呂敷は大きいのに、その上をゆくような天願は想像もつかない。
「十三人の刺客」は、そんな恐ろしい名を持つ監督(三池崇史)と脚本家(天願大介)が、
時代を間違えて生まれ空しい帝王学に生を実感できない歪んだ藩主を藩士たちが、
世のため下々(しもじも)の人のために殺(あや)めるという物語、それを映画にしたものだ。

工藤栄一が監督した前作は文字通り世のため人のためという大義名分をかざしていたのだけれど、
今作は、非道な行ないをいくつかエピソードにして観せるんだが、
切腹の肉を斬る音、矢が刺さる音、藩主になぶられる女たちの鼻水やよだれや血の涙、
そして四肢欠損にされた一揆の首謀者の娘を見た藩士の生理的にタガが外れた怒りを
つまりは最後の暗殺までの原動力としたところが三池崇史の趣味の世界なんだろう。
それらまきちらしたグロテスクなものたちは、三池の悪ふざけとしてしか回収されていない。

過剰に神経を逆撫でするような事象に対して真実を見るという型の人間っているだろう?
むしろ、そうした刺激にしか真実を見出せない狭いところに入り込む型というか。
たいそう疑り深いがゆえに、陰または影に実感を得、陽または日に鈍いというか。
三池のそうした面を映画という大掛かりな手法で見せられたようで気が重い。

映画を観たあと、ふいに「新必殺仕置人」の最終話を思い出した。
昔の記憶なのでほんとうは違うかもしれないのだが、
廃人になった鋳掛屋の巳代松に、いつも使用していた竹筒鉄砲を持たせて大八車に乗せ、
仲間のおていと正八がこれで命が尽きることを覚悟の上で押してゆくラストシーンだったような。
三池の映画にこの切なさはない。本当は描きたくてたまらないように感じられるのに、
なにがそんなに怖いのだか、悪ふざけで隠してしまう。
そうそう、調べたら「新必殺仕置人」は監督が工藤栄一だった。



今夜のお写真は秋の草花を。
c0002408_405161.jpg
彼岸花の群生地。


c0002408_4191.jpg
リンドウ。山のリンドウは九月でおしまい、観賞用は色もさまざま。
バンコランで夕暮れにお写真を撮るのはたいそうむずかしい。焦点を合わせられない。


c0002408_411958.jpg
田んぼの畦道のツユクサ。田んぼは稲刈りで忙しい。


「血は立ったまま眠っている」
[PR]
by noone-sei | 2010-10-07 04:12 | 趣味の書庫話(→タグへ) | Comments(17)
Commented by rakachibe at 2010-10-07 05:51
そうなのよ!やっぱりそうなんだ。
いやね、三池監督の作品は
「あ、もう少しで好きになれるかもしれないのに」
ってところでいつも終わっているのです。
グロもバイオレンスも芸術の域まで昇華されずに終わっている感が強いのだ。

遠藤ミチロウも三上寛も詩人ですね。
大好きです。
Commented by bbking1031 at 2010-10-07 08:00
彼岸花ですね!
こっちはもうお終い。
リンドウもなつかしいなあ。
Commented by noone-sei at 2010-10-07 08:31
ツレさん、
夜のおともだちのツレさん(大笑)おはよー♪

うん。わたしは三池監督には品性が足りないと思いました。
描ききる勇気や覚悟も足りないと思います。
撮る力はあるのにもったいないことです。
弱腰が見え隠れして残念です。・・・いじょ、三池ファンに怒られそうだ。
これねぇ、三日もうなされるような映画だったから
わたし怒りながら77夜を書いたのよ。

遠藤ミチロウ、小柄で華奢なひとでした。
まもなく60歳(!)とはとても思えませんでした。
久しぶりに身を入れて歌詞を聴いたよ~
Commented by noone-sei at 2010-10-07 08:36
osaさん、
はい、バンコランで彼岸花、撮ってみました。
いつも新しいカメラを手にすると滑り出しが遅いんですが、
近頃はもっぱらパタリロでなくバンコランで撮るようになりました。
お日様の時はカメラまかせなんですけど、室内や夕暮れはむずかしい!
リンドウね!あの湿原をしっかり胸に刻んでいますよ。
Commented by athletebunnyj at 2010-10-07 10:41
私もあの映画を見たらしばらくうなされるだろうなあ。
見ようかどうしようかと思いつつどうも腰が重いのは
以前見た「スキヤキウェスタンジャンゴ」を思い出してしまうから。
やっぱり見ないんだろうなあと思います。
Commented by ひす at 2010-10-07 13:32 x
こんにちは!
この映画、丁度こないだ娘と見に行きました。
芸術云々は置いといて、いかにも海外向けによくできた時代劇だなと感じましたよ。
(柳生一族の陰謀を見たときも同じように感じました。)
確かに途中の描写は、ぞわっと毛が逆立つ不快感がありましたが、
それも結構快感でしたね。(=^^=)ゞ
(個人的には蛭の場面で声を上げて飛び上がってしまいました。)

あの四肢欠損の女優さん。
あれは夢に出ますね。
また、女優さんが皆、眉無し(既婚はお歯黒)なのでいっそう不気味で夢に出そう…
時代考証を真面目にしたのか、それともそういう効果を狙ったのか…
途中何度も突っ込みながら見てましたが、
おおむね二人の間では「面白かったね~。」と好評でした。
ここいらは見る側の気質かなぁ?

>三日もうなされるような映画だったから
あははは!
娘が見終わった後、
「これ、子供の時に見たらしばらくトラウマになるわ。」
って言ってましたよ。

Commented by ひす at 2010-10-07 13:32 x
今年は遅かったけれど、今頃になってやっとあちこちで彼岸花の声を聞きますね。
この赤はきれいでとても不気味。
彼岸花とはよく名づけたものですね。
でも「リコリス」と呼ぶと、急に能天気な花にも見えてくる♪
Commented by noone-sei at 2010-10-07 19:39
ハニバニさん、
映画は映画館で観たいので、なんとかやりくりして観てはいるのですが、
もう一年以上、観た映画のことは書いていなかったのね。
でも、これは書きたくなったです。
グロいからというより、(そういう映画なら他にだってある)
監督の「オレは本性を視られるのがイヤなんだもーん、
でも面白そうなニュアンスだけばらまいてみるぅ?」みたいなものに
付き合わされて腹立たしかったので。
「十三人の刺客」はいい映画だと思うのでオリジナルを観てみるですよ。
Commented by noone-sei at 2010-10-07 20:10
ひすさん、
そーなんですってね、そちらを拝読いたしましたよ。
派手で、外国での受けはいいかもですね。
派手ばかりでなく、様式美や奥行きや陰影などよくできているなぁとも思いました。
観客の想像力に任せるような終わり方もありだと思いました。
キャシャーンの青年が山の民で登場で可笑しかったし。
でもね~・・・。う~ん、、、よし書いちゃおう。
主君を手にかけるための動機付けというか原動力が浅いのね~。
残虐なエピソードシーンでしか描けなかったかしらね~。
戦闘につぐ戦闘は、裏返せば「戦いは空しい」と言いたそうでもあるし、、、。
大儀名文を述べるじゃないですか、でも結局は胸から娘の書いた紙を出して
掲げちゃう、結局それかーと、それでがっくりきてしまいました。
しかも書道家が書いたような字でしたねー。
いじょ、また三池ファンから叱られそうだ。

今年はデジイチなので、彼岸花をアップで撮れました。
塊で見ると不思議な赤の一群で、あんなのは他にありませんね。
リコリス~、そういう洋名だったですか、リスが木の実をかじってるみたいだ(笑)
Commented by かよ at 2010-10-08 14:33 x
セイさん こんにちは。
映画の感想を娘とひすから聞いて、観に行かなくて良かった。と思っていました。
セイさんの文章を読んで確信。
ぜったいに、どよよ~んってなる。
生々しい表現が必要な時もあるのかもしれないけど…。

それにしても、花々のなんと美しいこと。
パタリロ大活躍ですね♪
「そのまま」でも美しい花達。
りんどうもお花屋さんで見るよりもきれいに見えるのはなぜだろう。
もしかしたら花は傍にいる人の心を敏感に感じ取るのかもしれない。
りんどうの後ろのねこじゃらしみたいなのも可愛らしいですね。

Commented by noone-sei at 2010-10-09 03:08
かよちゃん、
うん、うん、真面目に観たらきっとどよよ~んってなる。
わたしなぞ、腹立たしくさえなっちゃった。
文章まで書いて、映画にはちゃんと乗せられたんでございます。
いや、評判は上々の映画なんですよ。
でもこの監督が・・(まだ言う)
なんか、コメントにはげまされた気がするです、ありがとうです。

77夜で活躍したのはバンコランでございます。
関西旅行はパタリロでございます。
あはは、わたしはカメラ大尽ぢゃ~

歯医者さんのおばあちゃんがいつも綺麗な花を生けていてくれてね、
いつも感謝してるんです。この時は
お月見にリンドウとススキとワレモコウを生けてくれて、
わたしがお写真を撮るのを待っていてくれたのでした~
えへへ、エピソードを披露させてくれてありがと♪
Commented by ろここ at 2010-10-09 13:18 x
こんにちは。
私多分観れません。。。
ゾンビとかスプラッタとか恐い映画全然平気なんだけど
こういうのは恐くて観れません。

ところで、セイちゃん
>04:12  に起きてて
>08:31  とか
>19:39  とか
>03:08  に起きてるって
いったいいつ寝てるんですか?
Commented by noone-sei at 2010-10-09 16:38
ろここちゃん、
こんな気味悪いお話の77夜にコメントをありがとうですっ。
しかもわたしってば怒ってたし。
ろここちゃんは観れなくてもろこおさんが観るってことはアリか?

はいはい。
ひとりの時間が必要な夜に起きています。
基本、日中はなにかと忙しいんですが、
夜中まで起きてたときは、寝れるようなら午前中にすこし寝ます。
あ~、美容にわるいわ~
Commented by 及原ムメイ at 2010-10-09 19:43 x
私も上のろここさんと同じく、ホラーもスプラッタも平気だけど
こういう残虐性のテイストは苦手。
ショッキング=迫力じゃないのよ、なんてことも思います。
三池作品でもゼブラーマンなんかは良いな(笑)
Commented by at 2010-10-10 12:55 x
工藤監督のほうはすごく大好きで
今でも時々見ます。
片岡千恵蔵と西村晃が格好いいです。
思うに、工藤監督は役者=人間を中心に
ドラマを描きたかったんじゃないかと。

三池監督は様々なウワサを聞くに、
「シーン」を描きたいんではないかと。
見た事ないからわかんないけど(w)
見たい気はするんだけど、
映画館まで足を運ぶほどじゃない。。。。

ちなみに、ジャンゴで
鳥居に死体を吊るしているシーンを見て
神主のO君は激怒していました。
信仰に対する配慮のかけらもない。
文化に対する侮辱である。。。と。
そういう、なんかわからないけど
悪意にも似た表面的な挑発にしか見えないの。
Commented by noone-sei at 2010-10-17 01:35
ムメイさん、
うぇぇ~ん、一週間もブログを放り出していました、ごめんなさい!
コメント、たいそう嬉しいです。

ムメイさんの感覚は正しいと思います。(って、えらそうだ・・)
というか、ムメイさんの柔軟さが伝わってくるから
いい感じがするのかな。
価値基準を 外じゃなく内側に持っているおひとだからかな。
気づかせてもらうこと、いっぱいあるんです、じつは。てへへ
Commented by noone-sei at 2010-10-17 01:50
坊さん、
神主O君!おぉぉ、お懐かしい。

坊さんはオリジナルを観ていたのね?
えらいえらい~
工藤監督はわたしも好きだった。
美しさのその奥になにかがあるように感じられて。

三池監督はね~
なにか恐がっているのよね~
それが雑音というかうざったいというか。
そんなに逃げなくてもいいのに、と思うですよ。
次の映画、忍たまはいいかもねー
だって、子役って、ちゃんとコンタクトを取って撮らないといけないから。
普段は、大人の俳優とできるだけ関係を作らないそうですよ。
それ、なんか象徴的でそ?
名前
URL
削除用パスワード


<< 78夜 ときおりの休息 参  ... 76夜 ときおりの休息 参  ... >>