76夜 ときおりの休息 参  はじめの吐息 


家にお邪魔してお茶をいただきながら話していると、
妙齢のお姉さまは「もう歳だから」と、奇妙なことを言う。
わたしにはそれがほんとうに奇妙に聞こえるので、感じたとおりに言ってみる。
普通は謙遜なのでしょうが、わたしには母がいるので「普通」がなんなのかわかりません、と。
お姉さまをわたしは敬愛しているが、
「もう歳だから」という言葉は、会話の潤滑剤にするにはほんとうに奇妙だ。

そのお姉さまよりもわたしの母はずっと年上で、近頃初めて天ぷらをひとりで揚げた。
母の茶の間にはカトリーヌ・ドヌーヴの映画「シェルブールの雨傘」のフライヤーが貼ってあり、
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」も、観たいと言ったので連れて行った。
ときどき茶の間からそのCDが聴こえる。
母は観劇の会に入っているんだが、先日は代わりにわたしが行った。
新派の芝居は花柳界だの旦那というパトロンだの身請けだのと、百年も古くて退屈だからと。
達者な芝居に、わたしは十分愉しかったのだけれど。

母が人にものを頼むときに言う言葉は変わっている。
「~してもいいよ」と許可形で言う。許可形なんていう言葉はわたしの造語なんだが。
「~してもいいよ」、それは鰐号も同じで、これはなんだろうと考えてみる。
よほど意地っ張りなのか、ものを頼む言いようを知らないのか、普通はどうなんだろう。
そんなふたりが身近にいるわたしには、お姉さまの慎みがたいそう珍しいものに感じられる。

昨日はゴンチチのコンサートだった。
「ノルウェーの森」「ひまわり」「スカボロ・フェア」など母が知っている曲も演奏してくれたし、
ストリングス・カルテットも共演したので気持ちよかった。
「放課後の音楽室」はアンコール、最後は「Birth of Sigh 」、
ためいきのはじまり?生まれたてのためいき?ためいきの誕生?Birth of Sigh の訳はなんだろう。
わたしには曲名の紹介が「First of Sigh」と聞こえていて、
・・ああ、はじめの吐息なのね、、などと思いながら眠ってしまった。

普通、眠っちゃいけないんじゃないかと隣を見たら、母は気持ちよく眠っており、
周囲を見渡したらわたしたちだけじゃない、皆眠っている。
普通ってなに?ゴンチチは普通眠っていいんだって、後になって知った。



                        * *



今夜のお写真も洋館を。
□京都 寺町界隈
c0002408_2452160.jpg
銀行かな。


c0002408_24618100.jpg
中京郵便局。ここから母に葉書を出した。
頼むと、観光地などの郵便局では風景印といって図柄の入った消印を押してくれる。
鳶色(赤茶色)のインクで押した大きな丸い消印は記念印ともいう。
切手の収集家は使わずに保存するのではなくて、葉書や封筒に貼り記念印を押してもらう。
いつどこでそれがどういう道順を辿って手元に来たか、それを表わしてこその切手なのだとか。


c0002408_2562537.jpg
郵便局の入り口。


c0002408_257282.jpg
保険会社。



□祇園
c0002408_2573694.jpg
八坂神社の後方、この洋館は別荘?



□河原町いろいろ
c0002408_30293.jpg



c0002408_303975.jpg



c0002408_305067.jpg



c0002408_305932.jpg




□大阪 松竹座
c0002408_385211.jpg



c0002408_39340.jpg



c0002408_391393.jpg



c0002408_392292.jpg
ためいきとも吐息ともつかぬ、えもいわれぬ無意識の息、なんて美しい建物だろう。
[PR]
by noone-sei | 2010-09-26 03:15 | ときおりの休息 参(12) | Comments(6)
Commented by ひす at 2010-09-26 17:27 x
こんにちは。
拝読していて、「なるほどなぁ~。」

なんとなく今までセイさんに感じていた不思議な感じ、
それの大元の端っこらへん(どんなだ!)を見た感じまします。
上手くはいえないけれど、
「なるほどなぁ~。」
でありました。(=^^=)ゞ

>許可形のおねがい
へ~。
これは初めて!
いったいいつから?
もしかしてお母さんのお母さんも??
きになるな~。
ぜひ追跡調査お願いします。
Commented by noone-sei at 2010-09-27 00:31
ひすさん、
おぉ、なるほどなぁ~ でしたかー。
日本女性のつつましやかさに触れると、母とはあまりにかけ離れているので
とても奇妙な感じがするんですよ。
そして、自分の常識に自信が持てないまま大きくなったので、
こうして大人になって、「セイさん落ち着いてるね」とか
「大人だね」とか他所様に言われると、
剥き身(むきみ)の自分が皮一枚被っている気分にもなり、
矛盾するようですけど母を反面教師にして自分が老成しているような
嫌な気分にもなり。

>いったいいつから? 
祖母は昔ながらのおばあちゃんでしたね~
何事によらず先んじて母の思い通りになるよう計らう父でしたので、
人にものを頼まないでもやってこれちゃったのが母です。
先んじて、というのは脈々とわたしにも受け継がれ、
母の介助(介護するほどは弱っていないから)のポイントはそれですね~
Commented by しょーじ at 2010-09-27 17:16 x
いちばん上の写真は「みずほ銀行 京都中央支店」ですー。
辰野・葛西建築事務所の設計で明治39年に施工。
ただし、建物は1999年に取り壊され、2003年に鉄筋コンクリートで復元されたのでした。。。
Commented by noone-sei at 2010-09-27 19:07
しょーじさん、
教えてくれてありがとうです♪
で、調べました調べました。
ここまで外観を復元したのはえらいんだけど、当時のレンガとかは
使ってないようですね。
堅固な建物なのになぜ壊したんだろう。これは
調べた範囲ではわかりませんでした。
壊すことなかったのになぁぁぁ・・・
Commented by rakachibe at 2010-10-05 23:39
いいなぁ。ゴンチチ。
ゴンチチで寝るのは正解です。
だって、ゆらゆらと水の中を漂うクラゲを観ながら心地よい音楽が流れて来たら寝るでしょ?
ゴンチチはそーゆー音楽です。
同じギターデュオでもDEPAPEPEなんかだと、まったく違ってくる。
あー。若いって素晴らしいなぁ。
こんなに気持ちをストレートに音楽に乗せる事が出来るんだ!
あー恥ずかしいけど、清々しい!
絶対にゴンチチにはない音w
けど、決して眠れる音楽ではないのだ。
ゴンチチは大人なのだ。
Commented by noone-sei at 2010-10-07 04:30
ツレさん、
やっぱりそうなのね?ぐぅぅ~ すぴ~
クラゲ、そうそうクラゲのなんとかいう曲もありました!
いいホールだったのよー、気持ちよく音が響いて。
音がいいので、海外からそのホールでレコーディングをしに来る
演奏家もいるらしいです。クラシックですけどね。
DEPAPEPE、せわしなくて眠れないよ~(笑)
生で聴いたらノリはきっと縦だろう。
うん、ゴンチチのゴンさんは、引退したらうどんやさんを
やりたいんだそうです。
大人ねぇ~、老後の話をしておったよ、あはは
名前
URL
削除用パスワード


<< 77夜 「血は立ったまま眠っている」 75夜 ときおりの休息 参  ... >>