76夜 ときおりの休息 参  はじめの吐息 


家にお邪魔してお茶をいただきながら話していると、
妙齢のお姉さまは「もう歳だから」と、奇妙なことを言う。
わたしにはそれがほんとうに奇妙に聞こえるので、感じたとおりに言ってみる。
普通は謙遜なのでしょうが、わたしには母がいるので「普通」がなんなのかわかりません、と。
お姉さまをわたしは敬愛しているが、
「もう歳だから」という言葉は、会話の潤滑剤にするにはほんとうに奇妙だ。

そのお姉さまよりもわたしの母はずっと年上で、近頃初めて天ぷらをひとりで揚げた。
母の茶の間にはカトリーヌ・ドヌーヴの映画「シェルブールの雨傘」のフライヤーが貼ってあり、
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」も、観たいと言ったので連れて行った。
ときどき茶の間からそのCDが聴こえる。
母は観劇の会に入っているんだが、先日は代わりにわたしが行った。
新派の芝居は花柳界だの旦那というパトロンだの身請けだのと、百年も古くて退屈だからと。
達者な芝居に、わたしは十分愉しかったのだけれど。

母が人にものを頼むときに言う言葉は変わっている。
「~してもいいよ」と許可形で言う。許可形なんていう言葉はわたしの造語なんだが。
「~してもいいよ」、それは鰐号も同じで、これはなんだろうと考えてみる。
よほど意地っ張りなのか、ものを頼む言いようを知らないのか、普通はどうなんだろう。
そんなふたりが身近にいるわたしには、お姉さまの慎みがたいそう珍しいものに感じられる。

昨日はゴンチチのコンサートだった。
「ノルウェーの森」「ひまわり」「スカボロ・フェア」など母が知っている曲も演奏してくれたし、
ストリングス・カルテットも共演したので気持ちよかった。
「放課後の音楽室」はアンコール、最後は「Birth of Sigh 」、
ためいきのはじまり?生まれたてのためいき?ためいきの誕生?Birth of Sigh の訳はなんだろう。
わたしには曲名の紹介が「First of Sigh」と聞こえていて、
・・ああ、はじめの吐息なのね、、などと思いながら眠ってしまった。

普通、眠っちゃいけないんじゃないかと隣を見たら、母は気持ちよく眠っており、
周囲を見渡したらわたしたちだけじゃない、皆眠っている。
普通ってなに?ゴンチチは普通眠っていいんだって、後になって知った。



                        * *



今夜のお写真も洋館を。
□京都 寺町界隈
c0002408_2452160.jpg
銀行かな。


c0002408_24618100.jpg
中京郵便局。ここから母に葉書を出した。
頼むと、観光地などの郵便局では風景印といって図柄の入った消印を押してくれる。
鳶色(赤茶色)のインクで押した大きな丸い消印は記念印ともいう。
切手の収集家は使わずに保存するのではなくて、葉書や封筒に貼り記念印を押してもらう。
いつどこでそれがどういう道順を辿って手元に来たか、それを表わしてこその切手なのだとか。


c0002408_2562537.jpg
郵便局の入り口。


c0002408_257282.jpg
保険会社。



□祇園
c0002408_2573694.jpg
八坂神社の後方、この洋館は別荘?



□河原町いろいろ
c0002408_30293.jpg



c0002408_303975.jpg



c0002408_305067.jpg



c0002408_305932.jpg




□大阪 松竹座
c0002408_385211.jpg



c0002408_39340.jpg



c0002408_391393.jpg



c0002408_392292.jpg
ためいきとも吐息ともつかぬ、えもいわれぬ無意識の息、なんて美しい建物だろう。
[PR]
by noone-sei | 2010-09-26 03:15 | ときおりの休息 参(12)


<< 77夜 「血は立ったまま眠っている」 75夜 ときおりの休息 参  ... >>