68夜 ときおりの休息 参  夏の誕生日


七月に生まれたひとが周りには結構いて、
おめでとうを言う機会が今月は多かった。目出鯛。
猫の仔は、夏仔は弱いとか聞くが、人は、夏生まれは育てやすいと聞く。

鰐号も誕生日に憧れの甲子園で阪神×巨人の対戦を観たくて、
それで切符を取ってしまってから未知の関西に連れて行けとわたしを担ぎ出した。
甲子園でというのは亡くなった父の夢でもあったわけだが、
日頃の行ないに疑問符のつく鰐号の憧れが、そう簡単に実現するわけもない。

それでも試合の中止はぎりぎりまで決定されなかったので、
アルプス席に座ることができただけでも上等、
翌日の切符はなかったがやっぱり甲子園に行き、
雷の中で試合中止のアナウンスを聞き、
集った観客達と一体になってがっかりすることができ、
憧れを次回に繋ぐことができたんだから十分だったろう。

帰ってくると現実は待ち構えていて、
予定通り、王様は鰐号が開けた穴を塞ぎに大学に行き、
ついでに、予想通り卒業単位の不足を知らされ、
親への呼び出しはこれを最後にさせるべく鰐号にはきつく対処するという、
楽しいことの後には後始末があった。
誕生日の後も楽しく暮らしているのはペロ コ ばかりである。
・・二歳になっちゃって、おまえはだいじょうぶか、ペロ コ 。



□あしあと
c0002408_158967.jpg
朝、雨の京都駅に夜行バス到着。
ガメラが映画の中で壊した京都駅はここなの?


c0002408_20460.jpg
京都駅の地下鉄。


c0002408_204979.jpg
地下鉄ホームの足もと。


c0002408_212481.jpg
河原町から大阪梅田へ。


c0002408_22246.jpg
大阪環状線。梅田駅にはたくさんいろんな線の駅がありすぎる。広すぎる。
でも不思議と人とぶつからないので、なんとか歩ける。


c0002408_24147.jpg
地下鉄にっぽんばし。


c0002408_251525.jpg
なんば駅と梅田駅。
もう、自分がなにに乗っているのか、このころになるとさっぱりわからなくなっている。
駅員さんに何度訊ねただろう。


□おまけ
c0002408_2725100.jpg
観戦するはずだった甲子園球場。
鰐号とは球場で待ち合わせのはずだったので、結局わたしは行っていない。
     




二歳になりました。
この幼さで二歳と言っていいんでしょうか。
撮影は、はじめてのバンコランにて。
c0002408_235059.jpg


c0002408_2362767.jpg


c0002408_2353511.jpg
ペロ コ の鼻

c0002408_236544.jpg
ほんとの花
[PR]
by noone-sei | 2010-07-27 00:59 | ときおりの休息 参(12)


<< 69夜 残暑見舞い 67夜 ときおりの休息 参  ... >>