63夜 うろんな書庫まつり 弐

Book! Book! Sendai 2010レポート その2


 ・今夜のおはなしは長いから時間のあるときにどうぞ


・・つづきはまたあした、が、とうに明けてしまった今夜。

ラテン語で ex libris (エクス・リブリス)という言葉があって、書票という意味。
小さいとき、古い本の表紙の裏に小さな紙片が貼ってあるのを見て、
なんだか素敵、と、ときめいた記憶がある。
その小さいものの名が蔵書票とか書票とか、ましてエクス・リブリスなんていう言葉だったなんて
小さいときには知らなかったけれども、ずっと大きくなってから、
収集されていたりまとまった本になっていることを知ったときには、
あの小さいものがえらく気になったことに合点がいった。
意匠を凝らした図案だったもの。

古本屋の本には、裏見返しの上部に本屋の屋号や所番地が印刷された小さな紙片が貼られている。
なんてことない紙が、ちょこっと糊づけされているんだが、これも気になる。
印刷のインクが、たいてい落ちつきのある渋みがかった色だからだ。
大きな催し物会場などで手に入れた本のうしろに、
たとえば日本海に面した県の思いがけない所番地などを見つけると、
行ってもいないのに旅して本を手にしたような気分になる。
本で旅するなんてちょと不思議。

もうひとつ気になったものといえば、本屋で本を手に取ると挿(はさ)んであるスリップ。
買う前は付いているのに、買うとなくなってしまう不思議な栞(しおり)。
ちょこんと頭を出しているから栞だとばかり思っていたら、
書店が売り上げを把握するための短冊だった。
今では書店からでなくインターネットで本を取り寄せるとスリップが付いているから
めずらしい感じがしないかもしれないが、
たとえば古本屋で昔の書物で初版本でスリップが付いている本がもしあったら、
たいそうめずらしいのではないかしら。

値付けしたスリップは付箋で二枚貼った。
一枚はうろん書店用、もう一枚は一言書評(というかpop)と値段。
一枚は剥がして、もう一枚は本に貼ったまま持ち帰ってもらった。


□開店
c0002408_167351.jpg
商店街の、駅に近いいちばん端っこが今回のわたしのブースなので、地味目。


c0002408_16304391.jpg
駅からいちばん遠い端っこが本部・物品・飲食・遠方から参加の古書店ブースなので、華やか。
縁日とか、ひしめき合う商店街の片隅で店を出すのとは少しちがっていて、
街そのものや人並みやプロジェクトの持つ鷹揚な雰囲気が感じられる。

・・ところで、なにかをやるときには、陰と陽というか、かすかなうしろめたさというか、
わずかな不健全さを内包していることを感じて気持ちが落ち着くことってないか?
商店街から入る、戦後の名残りの横丁が実はとても気になった。
それがなければ、メインストリートは明るくてお洒落ですこしくすぐったかったかもしれない。



c0002408_1661545.jpg
うろん書店
当初ブースの割り当ては縦一畳くらいの面積で、箱のまま置いて
覗き込んでもらうものとばかり思っていたら、悠々といただいたので、
ゴザの敷物を横に敷き、本をいくつか並べることができた。


c0002408_1662664.jpg
隣り合って仲良く吉田屋遠古洞さん
敷物は競馬新聞がたいへんよく似合った。でもビニールシートを買うより値が張るのだとか。


c0002408_1664340.jpg
立ち止まり本を手に取る様子



あえてひと箱という「一箱古本市」とはいい名だと思う。
運べる大きさだからとか、小さな区画で並べるからだとか、そういった理由からだけでなく、
出店者の意図を汲み取ったり本を選んだりするのに、
自分がお客の側になった時にひと目で見てとれる量とは、そう多くない。
「Sendai Book Market」会場のアーケードを自分もお客になって楽しく歩いてみて、
段ボール箱ひとつ分というのはちょうどいい本の量と密度だった。
ただひとつの本と出会うということはもとより稀有なことなんだが、
もし本のほうが贈り物のように飛び込んでくるなら、あんまり並んでいると拡散してしまう。
そうではなく、人のほうが本を選ぶ愉しみならば、たくさんあれば豊かな気持ちで選べるだろう。

出店する側としては、初めはお客にどう対応するかとてもむずかしかった。
初めて出会う人の懐に入ってしまうんじゃないかというような、戸惑いがあった。
結局それは杞憂で、本が呼び寄せその本に似合う人がそれを買い、
その本にまつわる話や今考えていることなどなどを語っていってくれた。
こんなに短い時間に相手のことを理解しようと懸命になる、
こんなに深く結びついていいのかしらと思うくらいに。

あの本を買った人はいまごろ読んでいるかしら、と思いがめぐる。
あるおじさんは、ポケットからあるだけの小銭を出し、この版画雑誌が欲しいと言ったっけ。
ある男性は、自分が仙台市内で通う絵画教室の楽しさを語っていったっけ。
きのこが好きな若いお母さんは、絵本の挿絵の特集をめくりながら、
赤ちゃんの名前が「きの」だと教えてくれたっけ。
ある女性は、お母上が英語教師だったからこの英語の絵本が懐かしいと言っていたっけ。
売値が法外になるので古本市には結局一冊しか出さなくて、なんだか申し訳なかった。
会津木綿のワンピースを着た人は、目立たぬよう隅に並べた「老人をかく」を手に取り、
自分の絵画教室の話をしてくれ、ほかにも目立たぬものを探して、
地味で飾り気のない技法書だからいいと言っていたっけ。
そしてスリップに書き込んだ小さなpopも探しては愉しんで読んでいたっけ。
ちょと照れくさかったけど、ちょとうれしかった。

準備したうち約半分の本が人の手に渡り、わたしは小一万の売り上げを得たわけだけれども、
自分の本が行った先を今も思うなんていうことがあるとは想像もつかなかった。


つづきはまたあした。
会場の様子はこちら 
[PR]
by noone-sei | 2010-06-26 15:58 | 書庫まつり(12)


<< エキサイトからのお知らせ 62夜 うろんな書庫まつり 壱 >>