59夜 綺麗な絵本の書庫まつり 

 ・あらすじが最後まで書いてあるので、購入予定の人は読まないほうがいい


「鼻のこびと」

むかしむかし、ドイツのちいさな町に靴屋の夫婦がいて、
可愛い子どものヤーコブは母が野菜を売る手伝いをしていた。
いじわるなばあさんの客がやってきて、野菜をさわり文句を言うので口答えをしてしまう。
その家までヤーコブはいやいやながらも野菜を運び、スープをごちそうになった。
すると眠ってしまい、薬草の香りで目覚めたら鼻の長いこびとの姿に変わっており、
驚いたことに月日は七年も過ぎていた。
わかってもらいたくて両親に会いに行ったけれど、
むかし子どもがさらわれた不幸を逆なでするとはと、
革の束で叩かれ、不条理なことに、ぼろ犬のように追い払われてしまう。
それでも自分の力で生きていかなくちゃならない。
夢の中で七年間、ヤーコブはばあさんの元でリスになって料理の修業をしていたので、
お城の料理人に志願し、ついに国中でいちばんの料理長になった。
ある日、市場でガチョウを仕入れたら、なんとヤーコブのように魔法をかけられた娘だった。
そのころお城に大切な客人があり、毎日ちがう献立でたいそう喜ばれたのだが、
これほどの料理人がなぜ「パイの女王」を出さないかと問われる。
ヤーコブはそれを知らなかったので娘が味の秘訣を教えてくれ窮地を逃れた。
秘訣は薬草であり、ヤーコブはやがて、元に戻れる薬草も探し出す。
元どおりの体になって、両親に会いに行ったら喜んで迎えられましたとさ。

・・清楚な絵でありながら、やりきれなさの残るこわいこわいお話。
でも、料理の場面には躍動感があり、お話にでてくる味見の金のスプーンで、
わたしもひとくち喉に入れて目を閉じてみたいと思う。


c0002408_3129100.jpg
c0002408_3121954.jpg
c0002408_3124025.jpg
c0002408_313053.jpg
c0002408_3131894.jpg
c0002408_3132684.jpg




リスベート・ツヴェルガー絵
ヴィルヘルム・ハウフ作/池内 紀訳
太平社 刊



今夜のお写真は、ちょと時季はずれになってしまったのだけれど、春の野菜を。
もっと、撮っておいた美味しい野菜のお写真が待っている。
次の夜にも、おっかけおっかけ載せていかなくては。

c0002408_324535.jpg
行者にんにくとくきたち菜。


c0002408_325258.jpg
庭にこんなふうに生えている。


c0002408_3251175.jpg
三つ葉とルッコラはサラダにして生で。


c0002408_3252198.jpg
大きなザルに入れた野カンゾウは茹でて酢味噌で。クレソンは生で。
名がわからない菜はオリーブオイルとにんにくと鷹の爪でさっと炒め、岩塩で。
[PR]
by NOONE-sei | 2010-05-26 03:14 | 書庫まつり(12)


<< 60夜 くちづたえの書庫まつり 58夜 青い書庫まつり >>