59夜 綺麗な絵本の書庫まつり 

 ・あらすじが最後まで書いてあるので、購入予定の人は読まないほうがいい


「鼻のこびと」

むかしむかし、ドイツのちいさな町に靴屋の夫婦がいて、
可愛い子どものヤーコブは母が野菜を売る手伝いをしていた。
いじわるなばあさんの客がやってきて、野菜をさわり文句を言うので口答えをしてしまう。
その家までヤーコブはいやいやながらも野菜を運び、スープをごちそうになった。
すると眠ってしまい、薬草の香りで目覚めたら鼻の長いこびとの姿に変わっており、
驚いたことに月日は七年も過ぎていた。
わかってもらいたくて両親に会いに行ったけれど、
むかし子どもがさらわれた不幸を逆なでするとはと、
革の束で叩かれ、不条理なことに、ぼろ犬のように追い払われてしまう。
それでも自分の力で生きていかなくちゃならない。
夢の中で七年間、ヤーコブはばあさんの元でリスになって料理の修業をしていたので、
お城の料理人に志願し、ついに国中でいちばんの料理長になった。
ある日、市場でガチョウを仕入れたら、なんとヤーコブのように魔法をかけられた娘だった。
そのころお城に大切な客人があり、毎日ちがう献立でたいそう喜ばれたのだが、
これほどの料理人がなぜ「パイの女王」を出さないかと問われる。
ヤーコブはそれを知らなかったので娘が味の秘訣を教えてくれ窮地を逃れた。
秘訣は薬草であり、ヤーコブはやがて、元に戻れる薬草も探し出す。
元どおりの体になって、両親に会いに行ったら喜んで迎えられましたとさ。

・・清楚な絵でありながら、やりきれなさの残るこわいこわいお話。
でも、料理の場面には躍動感があり、お話にでてくる味見の金のスプーンで、
わたしもひとくち喉に入れて目を閉じてみたいと思う。


c0002408_3129100.jpg
c0002408_3121954.jpg
c0002408_3124025.jpg
c0002408_313053.jpg
c0002408_3131894.jpg
c0002408_3132684.jpg




リスベート・ツヴェルガー絵
ヴィルヘルム・ハウフ作/池内 紀訳
太平社 刊



今夜のお写真は、ちょと時季はずれになってしまったのだけれど、春の野菜を。
もっと、撮っておいた美味しい野菜のお写真が待っている。
次の夜にも、おっかけおっかけ載せていかなくては。

c0002408_324535.jpg
行者にんにくとくきたち菜。


c0002408_325258.jpg
庭にこんなふうに生えている。


c0002408_3251175.jpg
三つ葉とルッコラはサラダにして生で。


c0002408_3252198.jpg
大きなザルに入れた野カンゾウは茹でて酢味噌で。クレソンは生で。
名がわからない菜はオリーブオイルとにんにくと鷹の爪でさっと炒め、岩塩で。
[PR]
by NOONE-sei | 2010-05-26 03:14 | 書庫まつり(12) | Comments(12)
Commented by しょーじ at 2010-05-26 12:37 x
最近(?)の絵本はずいぶんセンスの良い絵柄なんですね~。
私が子供のころは、こんな洒落た絵本はなかったです(笑)
ちなみに、いま手元に残ってる絵本はケストナーだけなのでした。
Commented by NOONE-sei at 2010-05-27 01:13
しょーじさん、
ほんと、綺麗な絵本がいっぱいありますよねー。
鰐号が小さい頃にはすでに今みたいに綺麗な絵本がありましたよ。
なかったのはわたしの子どものころです。
あったら、家から出ないで読みふける子どもになってしまったかも。
ケストナー、岩波文庫だけかと思ったら、絵本もあったのですね。
小説家だと思っていたので絵本の存在にびっくりでした。
今のおすすめは、酒井駒子の絵の絵本ですよ♪
Commented by ハクママ at 2010-05-27 14:14 x
ほんとに素敵な絵!うっとりです。
絵だけの絵本『アンジュール〜ある犬の物語』もいいですよ。
デッザン画だけで、捨てられた犬の一日を描いたもの。
不覚にも、涙が出ました。
ガブリエル・バンサンの作品です。

酒井駒子の絵もいいですね、私も大好き。
『ビロードのうさぎ』、家にもあります。
子どもはいないのに、結構、絵本あります。
絵本って空想の世界に連れて行ってくれるから好きです。
Commented by ひす at 2010-05-27 14:28 x
あ~、私も鼻の小人にされる口だな♪
というか、多分ガーガーうるさいアヒルにされちゃうだろうな~♪
その時は救い出してくださいね。

食べれる草が植えてあるお庭がうらやましい!


Commented by athletebunnyj at 2010-05-27 20:03
ルッコラを植えていらっしゃるのですか!!
私大好きなんですよ。
だから、先日タネを蒔きました。
まだ芽がでてきませんが。

水に浸した枝豆の種(つまり大豆ですが)が膨らんで、もうすぐ発芽します。
でもこれは難しいと思うんだけどなあ。私のテリトリーじゃないからいいけど。
Commented by NOONE-sei at 2010-05-29 22:11
ハクママ、コメントありがとうです♪
『アンジュール〜ある犬の物語』は20年以上前に
親戚の子がお絵かきで賞をもらったご褒美にプレゼントしたことがあります。
言葉なくても十分に伝わる絵本でしたねーー。
でも内容が悲しすぎて手元には置けません、、、、(ありゃりゃ)

酒井駒子の『ビロードのうさぎ』は、ハクママに教わったんでしたよね。
そのほかどの絵本もいい絵ですよねー。
黒地に描かれたものの雰囲気のあることあること!
あ、絵本も、子どもの好むものは残酷だったり奇妙だったりアブナイよ。
やつら、行間が読めないから極端。大人とちがって。
大人であるハクママライブラリーは素敵本があるのだろうなぁ。
Commented by NOONE-sei at 2010-05-29 22:16
ひすさん、
いじわる魔女のばあさんにアヒルにされるの!?
そういえばひすさんのひそかなあだ名をつい思い出し、、、ぷぷ

庭は無駄に広いからね、今年もいろいろ植えてみましたよ。
コリアンダーが収穫できたら差し上げましょ。
好き嫌いのある草ですけど、ひす家はお好きなようなので♪
Commented by NOONE-sei at 2010-05-29 22:26
athletebunnyj さん、
ルッコラはどんどん育って立派な株になったので、
去年根っこごと引き抜いたはずが何株か残り、なんと冬越えしました。
最近まで普通の菜っ葉みたいに炒めたり茹でたりしてましたよ。
でもやっぱりベビーリーフが美味しいですよね~。
でで、新たに種を蒔いたところ。この寒さや雨です、うまく生育するかしらん。

大豆は豆もやし栽培なの?いいねいいね~。
さっと茹でて、塩・大豆油またはごま油・豆板醤・白ゴマで簡単ナムルだっ。
がんばるようお伝えください、ってだれに?ぷぷ
Commented by athletebunnyj at 2010-05-29 22:54
>大豆は豆もやし栽培なの?

いいえ、枝豆用の種です。
ちゃんと食べられるぐらいに収穫できるんでしょうか。
私のテリトリーじゃないけど。(笑)
そういえば、「リスのえさ」と書いてあるひまわりを発芽させてましたよ、かの人。
Commented by NOONE-sei at 2010-05-30 11:41
athletebunnyjさん、
調べましたよ!枝豆は大豆の青春時代(笑)なんですってね!
こちらでは小豆や枝豆の地植えを見ます。
収穫時期は今でこそ夏ですけど、昔は9月ごろだったそうです。
だから、豆名月(9月の十三夜)には、今でも枯れた枝豆の枝ごと
お月見にお供えするんだと知りました。
あれ、不思議だったの、秋の収穫祭になぜ枯れた枝豆?って。
詳しくはこちら↓ おもしろいね~
http://www.agri.pref.hokkaido.jp/nouseibu/soma/index/edamame.htm
というわけで「かの人」に、がんばるようにお伝えください。
リスのえさまで発芽させるパワーをお持ちだから。ぎゃははは
Commented by ハクママ at 2010-06-01 06:43 x
>大人であるハクママライブラリーは素敵本があるのだろうなぁ。

わ、わ、わ、そんなに買いかぶらないでください。
穴があったらもぐりこんでいます。
実はね、我が家はトイレが絵本のライブラリー(笑)
それもたった数冊くらい。
普通の本もたくさんはないです。

本も絵本もね、同じのばっかり読んでいるの。
昔はいろいろ読んだけど、頑固になってきたのかなあ。
好きな文体とかリズムが決まってきて、それに合わないと、
どうもきしんじゃってね、ストーリーが楽しめないの。

好きな作家は、すでにこの世にいない人で、
新しい作品が出ないので、私の読書生活は発展してません。

何人か挑戦してみたんですが、
ストーリーテラーはいても、その人に代わる人はいなくて
一度読んだら終わりになってしまう。
「一度読んだら終わり」の本は家に置かないので、
本の収納に困るという心配はないけれど(笑)。

Commented by NOONE-sei at 2010-06-02 02:28
ハクママ、
うんにゃ。数じゃなくって、やっぱりハクママのライブラリーは
素敵だったとコメント読んで思いました。
対する視線が、かな。

きしむ、、、という感覚、いいねいいね。
同じ本を繰り返し読めるのはうらやましい。
わたしは数えるほどしかそういうものを持っていないかも。
もう読まないし読む人が家にはきっといない、と思った本を
ずいぶん手放しました。
吟味した古本屋さんに引き取ってもらったの。
そしたらね、ちかじか仙台で本のおまつりがあって、
そこに出店することになったんです。
古本屋さんごっこみたいに、屋号まであるんですよ~。
東京で発祥したという「一箱古本市」です。不忍池だったかな~
名前
URL
削除用パスワード


<< 60夜 くちづたえの書庫まつり 58夜 青い書庫まつり >>